愛のバクダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > 愛のバクダン
愛のバクダン
B'zシングル
初出アルバム『THE CIRCLE
B面 Fever
甘く優しい微熱
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ハードロック[1]
ロックンロール[2]
パワー・ポップ[3]
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲 稲葉浩志(作詞)
松本孝弘(作曲)
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2005年3月度月間3位(オリコン)
  • 2005年4月度月間17位(オリコン)
  • 2005年度年間27位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    ARIGATO
    2004年
    愛のバクダン
    (2005年)
    OCEAN
    (2005年)
    THE CIRCLE 収録曲
    パルス
    (3)
    愛のバクダン
    (4)
    Fly The Flag
    (5)
    Sanctuary
    (8)
    Fever
    (9)
    白い火花
    (10)
    ミュージックビデオ
    「愛のバクダン」 - YouTube
    テンプレートを表示

    愛のバクダン」(あいのバクダン)は、日本音楽ユニットB'zの38作目のシングル

    概要[編集]

    14thアルバム『THE CIRCLE』からの先行シングル。

    前年のソロ活動明けからの再始動第1弾となった作品。ジャケットは複数の幼稚園児たちによって描かれたもの。また、TVCMは2人がサングラスで無表情のままブランコに乗っている、というものだった。

    本楽曲を色々な人にコピーしてもらいたいということで、初回限定盤のみ「愛のバクダン (TV STYLE)」(カラオケ)、「愛のバクダン (GUITAR SOLO LESS)」の2トラックを追加収録しており、また、ギタータブ譜も付属されている。

    B'zのシングルで最も収録曲数が多い作品であり、5th beatが存在するのは、このシングルの初回盤のみである。初回盤・通常盤ともCDのジャケットは同じだが、ケースのメンバー2人の写真が異なる。

    オリコンシングルチャートで、34作連続での初登場首位を獲得し、自身が持つ初登場首位獲得記録を更新した[4]。さらに、この作品でオリコン首位獲得週数が51週となり、松田聖子の首位獲得週数(50週)を抜いて、ピンク・レディーの首位獲得週数(63週)に続いて単独2位となった。

    ミュージック・ビデオ[編集]

    本作のMVは3種類制作されており、MVが3種類制作されたのは「LOVE PHANTOM」以来2曲目。

    始めにブランコのシーンがサビで挿入されているものが制作された。これは沖縄石垣島竹富島で撮影されたもので、ソロ活動を経た2人が沖縄で出会い復活を告げるという内容だった。ブランコのシーンは元々計画にあったものではなく、たまたま通った小学校のブランコを見て急遽撮影されることが決まった。

    後に火薬が飛び交うスタジオで演奏しているものが撮影され、こちらが3種類のPVの中で唯一フルのバージョンである。映像の中にはベスト・アルバム『B'z The Best "Treasure"』のクイズの応募はがきで正解者10万人が貰えたB'z人形も登場している。なお、このMVでは、ドラマーとして山口昌人が出演しているほか、イントロのアコースティック・ギターの部分が映像に合わせてエレクトリック・ギターに差し替えられた音源が使われている[注釈 1]。また、映像内で稲葉が着用しているTシャツは、後に「B'z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK-」ツアーのグッズとして販売された[5]2013年に発売されたベスト・アルバム『B'z The Best XXV 1999-2012』の初回特典DVDには、このMVが収録されている。

    『THE CIRCLE』のプロモーション用でL.A.ver.も制作された。こちらにはドラマーとしてレコーディングにも参加しているシェーン・ガラースが出演している。

    参加ミュージシャン[編集]

    収録曲[編集]

    1. 愛のバクダン (4:24)
      元々は、14thアルバム『THE CIRCLE』からの先行シングルがなかなか決まらなかったため、一般のバンドでも簡単にコピーできる曲にしようと、レコーディングの終盤に制作された楽曲だった。松本によると、当初はオリエンタルなテイストを取り入れたアレンジだったが、シンプルにしたいという意向で、現在のアレンジに落ち着いたという。
      最初タイトルの「バクダン」は漢字表記だったが、物騒な雰囲気がするということで、カタカナ表記になった。
      ライブの定番曲の一つであり、演奏の際は2番の「君のvoice」の歌詞を、会場の地名(東京での公演の場合「東京のvoice」)に変えて歌っている。
      2007年にiTunes Storeで配信された『B'z』に、リミックスバージョンが収録されている。
      2012年7月リリースの配信限定アルバム『B'z』には、全英語詞で書き下ろされたリレコーディングバージョン「Love Bomb」が収録されている。
      テレビでの披露も非常に多く(B'zの楽曲では最多)、テレビ朝日系列ミュージックステーションでは「LOVE PHANTOM」、「今夜月の見える丘に」、「ultra soul」とならんで一番演奏された回数が多い楽曲になっている[注釈 2]
    2. Fever (3:22)
      松本曰く「初期のKISSをイメージした」とのこと。
      カップリング曲2nd beat)としては「LOVE & CHAIN」(『LADY-GO-ROUND』収録)以来15年ぶりにオリジナル・アルバムにも収録された。
      砂浜で二人がサビを演奏する映像で構成されたMVが存在する。
    3. 甘く優しい微熱 (4:41(初回盤)、4:37(通常盤))
      このシングルでは唯一のアルバム未収録曲、及びライブ未演奏曲である。
    4. 愛のバクダン (TV STYLE) (4:26)※初回限定盤のみ収録
      ボーカル音を排除した、伴奏のみの音源。
    5. 愛のバクダン (GUITAR SOLO LESS) (4:22)※初回限定盤のみ収録
      ギターソロを排除した音源。

    タイアップ[編集]

    収録アルバム[編集]

    愛のバクダン

    Fever

    ライブ映像作品[編集]

    愛のバクダン

    Fever

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ このアレンジは音源化されていない。また、テレビ番組での披露時もアコースティック・ギターは使用されていない。
    2. ^ テレビ朝日系列 - 『ミュージックステーション』(2005年3月11日、2005年4月1日)、『ミュージックステーションスーパーライブ2012』(2012年12月21日)
      フジテレビ系列 - 『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(2005年2月28日)、『僕らの音楽』(2005年3月26日)
      日本テレビ系列 - 『ミンナのテレビ』(2005年4月13日)、『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』(2005年3月4日)、『速報!歌の大辞テン』(2005年3月16日)
      TBS系列 - 『うたばん』(2005年3月17日)、『COUNT DOWN TV』(2005年3月12日)

    出典[編集]

    1. ^ B'z - 愛のバクダン (2005, CD)”. Discogs. Zink Media, Inc.. 2019年11月24日閲覧。
    2. ^ 竹内美保 (2013年). B'z『B'z The Best XXV 1999-2012』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. VERMILLION RECORDS.
    3. ^ “「我々とともに幸福と快楽の頂点に」B'zスタジアムツアー完遂”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年7月27日). https://natalie.mu/music/news/155205 2019年11月24日閲覧。 
    4. ^ “B'z、自己記録を更新!!”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2005年3月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000006243 2019年11月24日閲覧。 
    5. ^ 青木優 (2013年). B'z『B'z The Best XXV 1999-2012』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ]. VERMILLION RECORDS.

    関連項目[編集]