B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”
B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”
B'zライブ・ビデオ
リリース
録音 2018年1月14日
ジャンル J-POP
ロック
ハードロック
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン・DVD音楽 / DVD総合)
  • 週間1位(オリコン・BD総合)
B'z 年表
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
2016年
B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”
(2018年)
-
テンプレートを表示
B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”
B'z の ツアー
場所 さいたまスーパーアリーナ
など全8か所
関連アルバム DINOSAUR
初日 2017年12月14日
最終日 2018年2月4日
公演数 全18公演
B'z ツアー 年表
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
2015年
B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”
2017年2018年
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
(2018年)

B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』(ビーズ・ライブジム・ツーサウザンドセブンティーン-ツーサウザンドエイティーン・ライブダイナソー)は、日本音楽ユニットB'zの映像作品。DVDBlu-ray Discで発売[1][2]

概要[編集]

2017年12月14日から2018年2月4日まで開催されたライブツアー『B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』より、さいたまスーパーアリーナ公演の模様を収録。初回出荷生産分には、「B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」オリジナル・ペットボトルカバーが封入されている。

B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-』同様、ツアー前にB'zのファンクラブ・B'z Partyの公式サイトで、「LIVE-GYMで聴きたいと思っている曲」というアンケートが実施され、セットリストの一部はそのアンケート結果が反映されている[3]

アルバム『DINOSAUR』からは「Queen Of The Night」のみ未演奏。また、日替わりで演奏された「Don't Leave Me」、札幌・福岡公演で演奏された「いつかのメリークリスマス」は本作には未収録。

オリコン映像ランキング(総合・2018年07月16日付)では、初動売り上げでDVDは34,646枚[4]、Blu-rayは55,379枚[5]を記録し、共に首位獲得を果たした。

演奏[編集]

メンバー[編集]

サポート・メンバー[編集]

収録映像曲[編集]

  1. 声明
    オープニングムービーの後に演奏されたオープニングナンバー。イントロのギターリフと同時にスクリーンに客席が映し出され、客席を背に十字架を背負った松本がイントロを演奏しながら床からせり出して登場する。2コーラス目のサビまでは、稲葉がスピーチマイクが置かれた演説台の前で演説をするように歌唱した。
  2. CHAMP
    前曲からブレイクなしで演奏している。
  3. 孤独のRunaway
    恒例のMC『B'zのLIVE-GYMにようこそ!』に引き続いて演奏。LIVE-GYMでは「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」以来、約9年ぶりの演奏となる[注 1]
  4. ハルカ
  5. ルーフトップ
  6. FIREBALL
    LIVE-GYMでは「B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"」以来、約15年ぶりの演奏[注 1]。アウトロで稲葉のロングシャウトがある。
  7. MOTEL
    LIVE-GYMでは「B'z LIVE-GYM 2012 -Into Free- EXTRA」以来、約5年ぶりの演奏[注 1]。本ツアーでは「Don't Leave Me」と日替わりで演奏された。
  8. 赤い河
    「B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"<Part2>」以来、約23年振りの演奏。映像化は本作が初。
  9. SKYROCKET
    演奏前に松本のギターと観客とのコールアンドレスポンスがあり、曲が始まるとステージの左右に足場が設置され、ステージの幅が広がった。間奏部分では稲葉と観客とのコールアンドレスポンスがある。
  10. それでもやっぱり
    増田のピアノソロに続く形で演奏。
  11. 愛しき幽霊
    稲葉が下手(客席から見て左側)のステージに、松本が上手(客席から見て右側)のステージに移動し、座って演奏。今回のライブツアーでは、稲葉の移動中の床に、ライブ会場それぞれのご当地の野球チームのグッズやご当地キャラクターのぬいぐるみが置かれ、稲葉が拾い上げて曲前にトークをするという演出があり、今回のさいたまスーパーアリーナ公演では同会場の公式キャラクター「たまーりん」の人形が置かれていた。
    演奏後、稲葉は舞台裏に引き上げ、バンドメンバーのジャムセッションが始まり、会場のスクリーンにはステージの舞台裏で撮影された幕間映像が映し出される。映像の最後には稲葉と松本の着ぐるみが登場する。
  12. 弱い男
    この曲に関するMCから演奏に入る。イントロ冒頭のフレーズが延長され、演奏に合わせて稲葉がポーズを取る。サビでは、会場の男性客がスクリーンにランダムで映し出される演出が行われた。原曲に存在した長尺のサックスのソロパートは、今回のライブでは大賀と増田のソロパート、およびサポートメンバー全員でのジャムセッションが挿入された。
  13. Purple Pink Orange
    DVDではこの曲でDisc1が終了。
  14. イチブトゼンブ
    演奏前にサポートメンバーの紹介が行われ、稲葉の「耳に馴染みのある曲を」というMCに続いて演奏。
  15. DIVE
    LIVE-GYMでは日替わりナンバーとして演奏された「B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」以来、約5年ぶりの演奏となった[注 1]
  16. Dinosaur
    ステージ上に巨大な恐竜のバボットが出現。
  17. King Of The Street
    タオルを振り回す映像がスクリーンに映し出され、稲葉も観客も一斉にタオルを振り回す。幕間の映像にも登場した稲葉と松本の着ぐるみもダンサーとして登場。
  18. フキアレナサイ
    巨大な送風機がステージ上に登場。楽曲の中盤では観客とのコールアンドレスポンスが行われた。楽曲の終盤で紙吹雪が送風機によって舞い上げられた。
  19. Still Alive
    本編ラストナンバー。稲葉によるアルバムタイトルについてのMCからの演奏。
  20. ultra soul
    ここからアンコール。札幌・福岡公演ではこの曲の前に「いつかのメリークリスマス」を演奏している。
    演奏中に稲葉がかぶっているキャップはデビュー30周年を記念したエキシビジョン『B'z 30th Year Exhibition "SCENES" 1988-2018』で販売されたNEW ERAとのコラボレーショングッズ「NEW ERA 9FIFTY "B'z MODEL"」である。
  21. BANZAI
    『B'z Special LIVE at EX THEATER ROPPONGI』以来、約4年振りの演奏。
    演奏後、恒例のMC「お疲れー!」の後に「ひとりじゃないから-Theme Of LIVE-GYM-」が流れ、エンドロールへとつながる。エンドロールではライブツアー各会場のドキュメント風映像が流れ、会場で流れていた客出し曲(未発表新曲)がフルバージョンで収録されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d ツアー前に行われた「-セブン-イレブンpresents- B'z PREMIUM LIVE」でも演奏している。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “B'z全国ツアー「LIVE DINOSAUR」たまアリ公演が映像化”. 音楽ナタリー. (2018年5月22日). https://natalie.mu/music/news/283178 2018年5月24日閲覧。 
  2. ^ “B’z、<LIVE DINOSAUR>完全収録ライブ映像作品を7月リリース”. BARKS. (2018年5月22日). https://www.barks.jp/news/?id=1000155341 2018年5月24日閲覧。 
  3. ^ 『be with!』第117巻、B'z Party2018年3月
  4. ^ 週間 DVDランキング 2018年07月16日付”. Oricon. 2018年7月14日閲覧。
  5. ^ 週間 Blu-rayランキング 2018年07月16日付”. Oricon. 2018年7月14日閲覧。


外部リンク[編集]