シェーン・ガラース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェーン・ガラース
Shane Gaalaas
生誕 (1967-08-08) 1967年8月8日(50歳)
出身地 カナダの旗 カナダ アルバータ州
イニスフェイル
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
ロック
ポップ
職業 ドラマー
担当楽器 ドラム
パーカッション
ギター
ボーカル
活動期間 1987年 -
レーベル ZAIN RECORDS2003年 - )
事務所 ビーイング(日本国内)
共同作業者 コズモスクワッド
B'z
公式サイト Shane Gaalaas Japanese Web Site(日本語)

シェーン・ガラース(Shane Gaalaas、1967年8月8日 - )は、カナダアルバータ州イニスフェイル出身、アメリカロサンゼルス在住のドラマー。パワフル且つハイテクニカルなドラミングから、アメリカなどで著名なドラマーである。現在は、アメリカと日本の双方で活動中。

人物[編集]

1967年8月8日に、カナダアルバータ州イニスフェイルで生まれる。

マイク・ヴァーニーの仲介で知り合ったグレン・ヒューズジョー・リン・ターナービリー・シーンイングヴェイ・マルムスティーンマイケル・シェンカーヴィニー・ムーアウリ・ジョン・ロートなどの著名なミュージシャン達のバンドに、レコーディングコンサートツアーのサポート・ドラマーとして参加。また、彼自身のバンドのディーゼル・マシーンコズモスクワッドにも従事し、それらのバンドでコンスタントにアルバムリリースしている。ちなみに、ギターの弾き語りも行う。

日本では、B'zのサポート・ドラマーになり、日本における知名度を得た(詳しくは下記を参照)。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズチャド・スミスとは知り合いで、B'zのシングル「イチブトゼンブ/DIVE」のレコーディングの際、サポート・ドラマーにチャドを紹介したのもシェーンである。また、2人がスポンサー契約を結んでいる楽器メーカー「パール」のカタログの中には、仲睦まじいツーショットが載っている。

熊本城に1万円以上を寄付した「一口城主」の1人であり、天守内にはシェーンの名前が書かれた札がかけられている。

好きな映画は、「エクソシスト」「ウェディング・クラッシャーズ」。好きな日本食は、納豆

B'zとの関係[編集]

2002年以降、主に、B'zのサポートメンバーとして、ドラムパーカッション(2005年以降)など担当している。2007年以降では、「FRICTION」を皮切りに英語の歌詞制作に携わっている。

アルバム『Primer』では、B'zの「裸足の女神」の日本語カヴァーに挑戦している。その時のPVで、シェーンが使用しているギターは、B'z松本孝弘が長年愛用してきたギブソンのゴールドトップである。PV中では、ギター背面のコントロールカバーにフェラーリのステッカーが貼られているのを僅かながら確認できる。

また、現在のB'zのサポート・ベーシストバリー・スパークスとは、先述のマイケル・シェンカー・グループが発表した1996年のアルバム「Written in the Sand」でもリズム体としてセッションしていた。

2015年、6月13日から行われるB'zのスタジアムツアーに参加するため、5日に成田空港に降り立った際、テレビ東京のバラエティ番組『YOUは何しに日本へ?』の取材を受けた[1]。その時の模様は同年7月13日に放送された。

参加公演[編集]

参加年 参加公演
2002年 B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜"
2002年 B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"
2003年 B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"
2003年 B'z LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA"
2003年 B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
2005年 B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
2006年 B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
2007年 B'z SHOWCASE 2007 -19-
2007年 B'z SHOWCASE 2007 -B'z In Your Town-
2008年 B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"
2008年 B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
2009年 B'z SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-
2010年 B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic"
2010年 Koshi Inaba LIVE 2010 〜enII〜[2]
2011年 B'z LIVE-GYM 2011 -long time no see-
2011年 B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-
2012年 B'z LIVE-GYM 2012 -Into Free-
2012年 B'z LIVE-GYM 2012 -Into Free- EXTRA
2013年 B'z SHOWCASE 2013 -Pleasure75-
2013年 B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-
2015年 B'z SHOWCASE 2015 -下関有頂天NIGHT-
2015年 B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
2015年 B'z LIVE-GYM 2015 -epic night-
2015年 B'z LIVE-GYM 2015 -品川有頂天NIGHT-
2017年 B'z SHOWCASE 2017 -必殺日置人-
2017年 B'z SHOWCASE 2017 -B'z In Your Town-
2017年-2018年 B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”

ディスコグラフィー[編集]

ソロ作品[編集]

発売日 タイトル 品番 備考
1st 2003年6月25日 Primer ZACB-8003
2nd 2005年4月6日 HINGE ZACB-9003
ライヴ 2006年6月21日 Live In Osaka ZACB-9024 同年9月24日、大阪・hillsパン工場でのライヴの模様を収録したもの
3rd 2013年6月21日 Ascend ZACG-9001
4th 2015年4月1日 Bitter Suites from the Red Room ZACG-9003


参加作品[編集]

DVD・VHS[編集]

  • Live & Video Clips(2005年8月31日)
  • パーフェクト・ロック・ドラミング(2009年4月20日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Why did you come to Japan?”. シェーン・ガラースfacebook (2015年6月5日). 2015年7月15日閲覧。
  2. ^ B'zのボーカルである稲葉浩志のソロツアー。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
黒瀬蛙一
B'zLIVE-GYMドラマー
第5代
次代:
-