だからその手を離して

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > だからその手を離して
だからその手を離して
B'zシングル
初出アルバム『B'z
B面 ハートも濡れるナンバー
〜stay tonight〜
リリース
規格 8cmシングル
録音 1988年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
時間
レーベル BMGビクター
作詞・作曲 稲葉浩志
松本孝弘
プロデュース 中島正雄
B'z シングル 年表
だからその手を離して
(1988年)
君の中で踊りたい
1989年
B'z 収録曲
だからその手を離して
(1)
Half Tone Lady
(2)
ミュージックビデオ
「だからその手を離して」 - YouTube
テンプレートを表示

だからその手を離して」(だからそのてをはなして)は、B'zのデビューシングル。1988年9月21日BMGビクターから発売された。

解説[編集]

デビューアルバム『B'z』と同時リリースされた。B'zのシングルでは唯一、アナログ盤レコード)も発売された。

当時、2曲目は「2nd beat」という言い方はされず、普通にカップリングと言った。2nd beatと言う呼称は4thシングル「BE THERE」から使われることになる。当時はほとんど無名だったこともあり、オリコン集計でもカウントされないほど売れなかった。

しかし、デビューシングルであるということもあり、B'zのメンバーは「自分たちが親だとするなら長男にあたる作品であり、一番愛情を注いだ曲」だとインタビュー等で語っている[要出典]

2人の英語クレジットは、3rdミニアルバム『MARS』まで松本が"TAKAHIRO MATSUMOTO ON GUITAR"、稲葉が"KOHSHI INABA ON VOCAL"だった。後に担当パート表記のみが小文字になるが、パート表記の頭文字は大文字である。

表ジャケットの上半分の写真は、デビューアルバム『B'z』からの流用である。裏ジャケットの写真はアルバムの裏ジャケットとは異なり、アルバムのジャケット裏(裏ジャケットということではない。ケースを開けないと見えない部分)の写真を流用したものである。

収録曲[編集]

  1. だからその手を離して [3:50]
    軽くダンサブルなデジタルビートが主体で、ギターボーカル以外がすべて打ち込みで出来上がっている。
    松本のギターはかなり奥の方で聞こえ、後の作品と比べかなりおとなしいミックスになっている。また、稲葉の声がかなり硬く軽い。後に「この声のままじゃ売れなかっただろう」といった趣旨のことを稲葉自身が語っている。
    この曲はアレンジャー明石昌夫の初めての編曲作品でもある。
    プロモーションビデオで2人の着ている服は同時発売の1stアルバム『B'z』のジャケットで着ている衣装である。PVのロケ地は茨城県・波崎海岸。撮影当日は台風接近の悪天候の中で撮影された。
  2. ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜 [4:38]
    1曲目同様、打ち込み主体の曲である。
    7thアルバム『The 7th Blues』に、この曲を英詞にしアレンジを加えた「SLAVE TO THE NIGHT」が収録されている。松本と稲葉の持つブルース色が随所ににじみ出ている作品である。

バージョン違い[編集]

  • DA・KA・RA・SO・NO・TE・O・HA・NA・SHI・TE -OFF THE LOCK STYLE-
    全英詞バージョン。デジタルダンスビート色がさらに強調され、演奏時間は7分を超える。ミニアルバム『BAD COMMUNICATION』と非公認アルバム『Flash Back-B'z Early Special Titles-』に収録。
  • だからその手を離して -Mixture Style-
    再録バージョンで、原曲とは異なりハードロック調となっている。27thシングル「今夜月の見える丘に」とマストアルバム『B'z The "Mixture"』に収録。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

だからその手を離して

ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜

  • B'z
  • The 7th Blues(全英詞バージョン(SLAVE TO THE NIGHT))
  • DEVIL(全英詞バージョン(SLAVE TO THE NIGHT))

ライブ映像作品[編集]

だからその手を離して

ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜