IN THE LIFE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > IN THE LIFE
IN THE LIFE
B'zスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル BMGビクター
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位(通算2週、オリコン
  • 1992年度年間2位(オリコン)
  • 1993年度年間77位(オリコン)
ゴールドディスク
B'z 年表
MARS
(1991年)
IN THE LIFE
(1991年)
B'z TV Style SONGLESS VERSION
1992年
『IN THE LIFE』収録のシングル
  1. ALONE
    リリース: 1991年10月30日
テンプレートを表示

IN THE LIFE』(イン・ザ・ライフ)は、日本音楽ユニットB'z1991年11月27日BMGビクターからリリースした、5作目のオリジナルアルバムである。このアルバムは、後にBMGルームス(現:VERMILLION RECORDS)の設立に伴い、発売権がBMGルームスに移行している。

解説[編集]

打ち込みは多用しているが生音と併用しており、前作『RISKY』までのダンス・ビート色はなく、現在の作風に通じるアナログ色が強い。松本孝弘は「『MARS』でハードなものが堪能できたので、その反動で日本で言うところのJ-POPみたいなものがやりたかった」「最初からアルバムの構成・バランスも考えこんだ上で制作した」と語っている。アルバムタイトルの「LIFE」は、「人生」ではなく「生活」を意味している。[要出典]前作『RISKY』以降に発売されたシングルで「LADY NAVIGATION」が未収録となった。

先行シングル「ALONE」同様、ジャケットの「B'z」のロゴマークが新しい物になっている。このロゴはアルバムでは4thミニアルバム『FRIENDS』まで使用された。 オリジナルアルバムでこのロゴが使用されたのは次作『RUN』まで。

初回盤のみブックレット(写真集)、ブックレットとCDケースを入れる紙製の箱が付属している。ディスクを入れる部分にはB'zと刺繍された傷防止剤が入っている。ちなみにジャケットに写っている2人が着ている服はそれぞれの私服。また、B'zのオリジナルアルバムとしては初めて裏ジャケットに「B'z」ロゴやアルバムロゴが表記されていない。

B'zのオリジナルアルバムでは『LOOSE』に次いで2番目の売上を記録している他、オリジナルアルバムでは自己最高位の年間チャート2位を記録した。

歌詞カードには、パノラマ画像が載っている。

収録曲[編集]

曲の解説やタイアップ等はB'zで解説しているため一部簡潔に解説する。

  1. Wonderful Opportunity (4:38)
    シャッフルビートの楽曲で、サビでは頻繁にを踏んでいる。コーラスには大黒摩季が参加している。ライブでは「恋心 (KOI-GOKORO)」のように振り付けを踊りながら歌われる。
    楽曲について松本は「曲ができて、稲葉の歌詞がついた時点でアルバムの1曲目にふさわしいと思った」と語り、稲葉は歌詞について「自分が辛いときに聴いたら明るくなれる曲を意識した」と語っている。[要出典]
    ベストアルバムB'z The Best "Treasure"』のファン投票では20位になり、その曲名を当てるクイズでこの曲を当てた人にはB'z人形がプレゼントされた。『B'z The Best "ULTRA Treasure"』ではファン投票4位にランクインされ収録された。
  2. TONIGHT (Is The Night) (4:52)
    ライブを重ねるにつれ、ギターをフィーチャーしたものから、アコースティックバージョンまでさまざまなアレンジが施された。ライブでは曲のアウトロで稲葉が曲の演奏に合わせて振り付けをする。稲葉によると「山下達郎さんを意識して歌った」とのこと。[要出典]
    歌詞について稲葉は「クリスマスをイメージして作詞した」「(楽曲作成当時)このような楽しいクリスマスを過ごせてなかったので、クリスマスへの憧れを託した」と語っている[要出典]。歌詞に、サラ・ヴォーンが出てくる。
  3. 『快楽の部屋』 (4:53)
    歌詞に出てくる通り「LIVE-GYM」のことを歌っており、『快楽の部屋』とはLIVE-GYMが行われる会場のことを指す。
    歌詞について稲葉は「過去のライブのパンフレットのインタビューでライブのことを『快楽の部屋』と表現したことがあり、その言葉をもとに作詞した」「LIVE-GYMの閉ざされた空間での僕の肉体的な絶頂感と、男女間の絶頂感を重ねて書いた」「ハワイのホテルのベランダで作詞したので、開放的な感じになっていると思う」と語っている。[要出典]
  4. 憂いのGYPSY (6:40)
    稲葉は「アメリカのロックバンドを意識した」と述べている[1]。実際、エアロスミスの楽曲「What It Takes」に酷似していると指摘されている[2][3][4]
    タイトルについて稲葉は「『心が移ろいやすく、自分に自信がない』『一つのものに対してがむしゃらに邁進していくことに憧れがある』ということのモチーフに『GYPSY』という言葉を使った」と語っている。[要出典]
  5. Crazy Rendezvous (4:25)
    車の排気音(当時の松本の愛車シボレー・コルベットのもの)で始まる。歌詞に「マーヴィン・ゲイ」「エアロ」など実在のミュージシャンの名前が使用されている。また、「エアロ」の箇所は稲葉がスティーブン・タイラーを意識したコーラス[要出典]を入れている。「B'z SHOWCASE 2009 "B'z In Your Town」で久々に演奏され、その際は2番の歌詞を「ちょっと落ち着いてきたね ○○(その町の名前)だよここは」と変更した。
    本アルバムの1曲目にレコーディングされたが、その後アレンジを変更して改めて録り直されている。歌詞について松本は「オチが面白い」と評し、稲葉は「詐欺みたいな曲」と語っている。[要出典]
  6. もう一度キスしたかった (4:38)
    ファンの間で非常に人気が高く、ベストアルバム『B'z The Best "Treasure"』、『The Ballads 〜Love & B'z〜』、『B'z The Best "ULTRA Treasure"』にも収録された。
  7. WILD LIFE(4:27)
    本アルバム制作過程の終盤に制作された曲。松本はこの曲について「稲葉の作詞が行き詰まり、声の調子も悪くなって、稲葉が一番苦労した曲」と語っている。レコーディングはライブメンバーによる一発録りとなっており、松本も稲葉もそれに手ごたえを感じたという(当時のB'zのレコーディングは打ち込みか、もしくは楽器それぞれでレコーディングすることがほとんどで、バンド構成での一発録りは初めてであった)。稲葉はそれに触発され作詞を行い、最終的に作詞作業は一日で仕上げたという。[要出典]
    歌詞のなかに「ブロンコ・ビリー」が出てくる。
    表題曲ではないが、アルバムタイトルはこの曲のサビ部分「IN THE WILD LIFE」と言う歌詞に由来する。[要出典]
  8. それでも君には戻れない (4:44)
    歌詞の内容は、仕事で忙しくて構ってあげられなかった彼女に突然ふられた、主人公の男の堕落した生活ぶりをドキュメント調に表現している。稲葉は「まずタイトルから思いつき、そこからインスピレーションを広げて作詞を行った」「『戻る』ことのほうが簡単だと思う。だから自分自身に言い聞かせる歌。こういう状況にいる(いた)人達に思い出に酔ってもらいたい」と語っている。[要出典]
    発売から約17年後に「B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"」ツアーで初演奏された。これにより、本作の収録曲は全て演奏された事になる。
  9. あいかわらずなボクら(1:44)
    アコースティックギタータンバリンヴォーカルのみで構成される曲で、演奏時間は1分41秒と本作の中では著しく短い。 
    松本やサポートメンバーの明石昌夫、田中一光、広本葉子の3人がコーラスとして参加している。最後のくしゃみや「いこうよ!いこうよ!」という声は松本のもの。
    しばらく演奏されてなかったが、「B'z SHOWCASE 2007 "19"」「B'z SHOWCASE 2007 "B'z In Your Town"」で約14年ぶりに演奏され、その後「B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」でも演奏された。
  10. ALONE (6:20)
    9thシングル。本作の先行シングル。表記されていないがアルバムバージョンであり、シングルバージョンとの違いは英語のコーラス(3番目のサビから流れるコーラスと同じもの)が1回イントロに追加されている。イントロ以外はシングルの音源と全く同じ。また、シングルの歌詞カードには記載されていなかったコーラスの歌詞が記載されている。
    ベストアルバムでは『B'z The Best "Pleasure"』と『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』にはシングルバージョンが、『The Ballads 〜Love & B'z〜』ではアルバムバージョンが収録されている。「LIVE-GYM '91〜'92 "IN THE LIFE"」では、このアルバムバージョンで演奏され、ラストのコーラス(原曲では2回)が3回に増えており、その後のツアーでもラストのコーラスが3回に増えている。
    「Crazy Rendezvous」に次いで2曲目に制作が開始されたが、制作には時間を費やしたとのこと。なお、収録順の仮決めの段階でラストナンバーになることが決まっていた。[要出典]
  11. もう一度キスしたかった (LIVE ver.)
    台湾盤、香港盤にのみ収録されているボーナストラック。音源は過去の映像作品のもの。
  12. ALONE (LIVE ver.)
    台湾盤、香港盤にのみ収録されているボーナストラック。音源は過去の映像作品のもの。

参加ミュージシャン[編集]

ライブ映像作品[編集]

シングル曲については各作品の項目を参照

Wonderful Opportunity

TONIGHT (Is The Night) 

『快楽の部屋』 

もう一度キスしたかった

あいかわらずなボクら

出典[編集]

  1. ^ バンドスコア『B'z IN THE LIFE』リットーミュージック 1992年
  2. ^ 築響一「サルマネクリエイター天国18回」 『マルコポーロ』1994年10月号 文藝春秋社
  3. ^ TAK・E.「元ネタ完全ガイド」 宝島編集部編『音楽誌が書かないJポップ批評14 「B'zの不思議」再考!』 宝島社 2001年
  4. ^ 夏至明「B'z」 宝島編集部編『「パクリ・盗作」スキャンダル読本』 宝島社 2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]