IN THE LIFE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > IN THE LIFE
IN THE LIFE
B'zスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル BMGビクター
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位 (通算2週、オリコン)
  • 1992年度年間2位 (オリコン)
  • 1993年度年間77位 (オリコン)
ゴールドディスク
  • 2ミリオン (日本レコード協会)
  • B'z アルバム 年表
    MARS
    (1991年)
    IN THE LIFE
    (1991年)
    B'z TV Style SONGLESS VERSION
    (1992年)
    『IN THE LIFE』収録のシングル
    1. ALONE
      リリース: 1991年10月30日
    テンプレートを表示

    IN THE LIFE』(イン・ザ・ライフ)は、日本音楽ユニットB'z1991年11月27日BMGビクターからリリースした、5作目のオリジナル・アルバムである。このアルバムは、後にBMGルームス(現:VERMILLION RECORDS)の設立に伴い、発売権がBMGルームスに移行している。

    解説[編集]

    アルバムタイトルの「LIFE」は、「人生」ではなく「生活」を意味している[1]

    打ち込みは多用しているが生音と併用しており、前作『RISKY』までのダンス・ビート色はなく、現在の作風に通じるアナログ色が強い。松本孝弘は「『MARS』でハードなものが堪能できたので、その反動で日本で言うところのJ-POPみたいなものがやりたかった[2]」「最初からアルバムの構成・バランスも考えこんだ上で制作した」と語っている。

    先行シングル「ALONE」同様、ジャケットの「B'z」のロゴマークが新しい物になっている。このロゴはアルバムでは4thミニ・アルバム『FRIENDS』まで使用された。 オリジナル・アルバムでこのロゴが使用されたのは次作『RUN』まで。

    初回盤のみ48ページのブックレット(写真集)、ブックレットとCDケースを入れる紙製の箱が付属している[3]。ディスクを入れる部分にはB'zと刺繍された傷防止剤が入っている。ちなみにジャケットに写っている2人が着ている服はそれぞれの私服。また、B'zのオリジナル・アルバムとしては初めて裏ジャケットに「B'z」ロゴやアルバムロゴが表記されていない。

    歌詞カードには、パノラマ画像が載っている。

    前作『RISKY』以降に発売されたシングル「LADY NAVIGATION」は未収録となった。

    初動でミリオンを突破し、オリジナル・アルバムでは『LOOSE』に次いで2番目の売上を記録している他[4]、オリジナル・アルバムでは自己最高位の年間チャート2位にランクインした。

    2018年に結成30周年記念として『DINOSAUR』までのオリジナル・アルバムと共にアナログレコード化された[5]

    収録曲[編集]

    曲の解説やタイアップ等はB'zで解説しているため一部簡潔に解説する。

    1. Wonderful Opportunity (4:38)
      シャッフルビートの楽曲で、サビでは頻繁にを踏んでいる。
      楽曲について松本は「詩がスゴイ面白いからね。助けられてる。あの詩によってオープニングかな?という感じもしたし」と語り、ディレクターは仮歌の時点からアルバムの1曲目と主張していた[6]
      稲葉は歌詞について、「辛いことがあった人が慰められるように意識して書いた」と語っている[6]
      コーラスには大黒摩季が参加している。
      ライブでは「恋心 (KOI-GOKORO)」のように振り付けを踊りながら歌われる。振付家は南流石
      ベスト・アルバムB'z The Best "Treasure"』のファン投票では20位になり、その曲名を当てるクイズでこの曲を当てた人にはB'z人形がプレゼントされた。『B'z The Best "ULTRA Treasure"』ではファン投票4位にランクインされ収録された[7]
    2. TONIGHT (Is The Night) (4:52)
      稲葉によると「この歌を歌ってる時、山下達郎さんになりたいなと思ってました」とのこと[8]
      歌詞について稲葉は「クリスマスをイメージして作詞した」「(楽曲作成当時)このような楽しいクリスマスを過ごせてなかったので、クリスマスへの憧れを託した」と語っている。
      歌詞に、サラ・ヴォーンが出てくる。
    3. 『快楽の部屋』  (4:53)
      歌詞について稲葉は「過去のライブのパンフレットのインタビューでライブのことを『快楽の部屋』と表現したことがあり、その言葉をもとに作詞した」「LIVE-GYMの閉ざされた空間での僕の肉体的な絶頂感と、男女間の絶頂感を重ねて書いた」「ハワイのホテルのベランダで作詞したので、開放的な感じになっていると思う」と語っている[1]
    4. 憂いのGYPSY (6:40)
      稲葉は「アメリカのロックバンドを意識した」と述べている[9]。実際、エアロスミスの楽曲「What It Takes」に酷似していると指摘されている[10][11][12]
    5. Crazy Rendezvous (4:25)
      本アルバムの1曲目にレコーディングされたが、その後アレンジを変更して改めて録り直されている。
      車の排気音(当時の松本の愛車シボレー・コルベットのもの)で始まる[1]
      歌詞に「マーヴィン・ゲイ」「エアロ」など実在のミュージシャンの名前が使用されている。
      歌詞について稲葉は、「女の子が聴いたら怒るかも。だって男が強引だし。」とコメントしている[1]
      B'z SHOWCASE 2009 "B'z In Your Town』で久し振りに演奏され、2番の歌詞を「ちょっと落ち着いてきたね ○○(その町の名前)だよここは」と変更した[注 1]
    6. もう一度キスしたかった (4:38)
      ファンの間で非常に人気が高く、ベスト・アルバム『B'z The Best "Treasure"』、『The Ballads 〜Love & B'z〜』、『B'z The Best "ULTRA Treasure"』にも収録された。
    7. WILD LIFE (4:27)
      本アルバム制作過程の終盤に制作された曲。
      松本はこの曲について「稲葉の作詞が行き詰まり、声の調子も悪くなって、稲葉が一番苦労した曲」と語っている。
      レコーディングはライブメンバーによる一発録りとなっており、松本も稲葉もそれに手ごたえを感じたという[注 2][13]。稲葉はそれに触発され作詞を行った。
      歌詞のなかに「ブロンコ・ビリー」が登場しており、「人生は一度しかない」というフレーズも同映画に登場するセリフ。
    8. それでも君には戻れない (4:44)
      歌詞の内容は、仕事で忙しくて構ってあげられなかった彼女に突然ふられた、主人公の男の堕落した生活ぶりをドキュメント調に表現している。稲葉は「まずタイトルから思いつき、そこからインスピレーションを広げて作詞を行った」「『戻る』ことのほうが簡単だと思う。だから自分自身に言い聞かせる歌。こういう状況にいる(いた)人達に思い出に酔ってもらいたい」と語っている[13]
      発売から約17年後に『B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"』で初演奏された。これにより、本作の収録曲は全て演奏された事になる。
    9. あいかわらずなボクら (1:44)
      アコースティック・ギタータンバリンボーカルのみで構成される曲で、演奏時間は1分41秒と本作の中では著しく短い。 
      松本やサポートメンバーの明石昌夫、田中一光、広本葉子の3人がコーラスとして参加している。最後のくしゃみや「いこうよ!いこうよ!」という声は松本のもの[13]
      1993年の『B'z LIVE-GYM '93 "RUN"』を最後に暫く演奏されてなかったが、2007年に行われたツアー『B'z SHOWCASE 2007 "19"』及び、『B'z SHOWCASE 2007 "B'z In Your Town"』で久し振りに演奏され、その後『B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-』でも演奏された。
    10. ALONE (6:20)
      9thシングル。本作の先行シングル。
      「Crazy Rendezvous」に次いで2曲目に制作が開始されたが、制作には時間を費やしたとのこと。
      表記されていないがアルバムバージョンであり、シングルバージョンとの違いは英語のコーラス[注 3]が1回イントロに追加されている。イントロ以外はシングルの音源と全く同じ。また、シングルの歌詞カードには記載されていなかったコーラスの歌詞が記載されている。
      ベスト・アルバムでは『B'z The Best "Pleasure"』と『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』にはシングルバージョンが、『The Ballads 〜Love & B'z〜』ではアルバムバージョンが収録されている。アルバムツアーでは、このアルバムバージョンで演奏され、ラストのコーラス(原曲では2回)が3回に増えており、その後のツアーでもラストのコーラスが3回に増えている。
      なお、収録順の仮決めの段階でラストナンバーになることが決まっていた[13]
    11. もう一度キスしたかった (LIVE ver.)
      台湾盤、香港盤にのみ収録されているボーナス・トラック。音源は過去の映像作品のもの。
    12. ALONE (LIVE ver.)
      台湾盤、香港盤にのみ収録されているボーナス・トラック。音源は過去の映像作品のもの。

    参加ミュージシャン[編集]

    ライブ映像作品[編集]

    シングル曲と「もう一度キスしたかった」については各作品の項目を参照

    Wonderful Opportunity

    TONIGHT (Is The Night) 

    『快楽の部屋』 

    あいかわらずなボクら

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ この時のライブ映像の一部が、17thアルバム『MAGIC』の初回限定盤DVDに収録されている。
    2. ^ 当時のB'zのレコーディングは打ち込みか、もしくは楽器それぞれでレコーディングすることがほとんどで、バンド構成での一発録りは初めてであった
    3. ^ 3番目のサビから流れるコーラスと同じもの

    出典[編集]

    1. ^ a b c d 『Treasure : B'z Chronicle 1988~1998 10th anniversary special issue』P24より
    2. ^ 『Treasure : B'z Chronicle 1988~1998 10th anniversary special issue』P26より
    3. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「限定」の項)”. エムアールエム. 2019年10月6日閲覧。
    4. ^ B'zのアルバム売上ランキング”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年12月11日閲覧。
    5. ^ “B'z、アルバム全20作品をアナログ化。大型エキシビションで販売”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2018年3月22日). https://rockinon.com/news/detail/174432 2018年11月10日閲覧。 
    6. ^ a b 『Treasure : B'z Chronicle 1988~1998 10th anniversary special issue』P22より
    7. ^ “B'z The Beat “ULTRA Treasure”リクエスト集計最終結果 TOP30”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年7月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000041791 2019年11月23日閲覧。 
    8. ^ 『Treasure : B'z Chronicle 1988~1998 10th anniversary special issue』P23より
    9. ^ バンドスコア『B'z IN THE LIFE』リットーミュージック 1992年
    10. ^ 築響一「サルマネクリエイター天国18回」 『マルコポーロ』1994年10月号 文藝春秋社
    11. ^ TAK・E.「元ネタ完全ガイド」 宝島編集部編『音楽誌が書かないJポップ批評14 「B'zの不思議」再考!』 宝島社 2001年
    12. ^ 夏至明「B'z」 宝島編集部編『「パクリ・盗作」スキャンダル読本』 宝島社 2006年
    13. ^ a b c d 『Treasure : B'z Chronicle 1988~1998 10th anniversary special issue』P25より

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]