ZERO (B'zの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > ZERO (B'zの曲)
ZERO
B'zシングル
初出アルバム『RUN
B面 恋心(KOI-GOKORO)
リリース
規格
ジャンル
時間
レーベル
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 週間4位(オリコン・再発盤)[2]
  • 1992年10月度月間1位(オリコン)
  • 1992年11月度月間12位(オリコン)
  • 1992年度年間11位(オリコン)
  • 1993年度年間129位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • ZERO
    • (1992年)
    RUN 収録曲
    THE GAMBLER
    (1)
    ZERO
    (2)
    紅い陽炎
    (3)
    ミュージック・ビデオ(short ver.)
    「ZERO」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ZERO」(ゼロ)は、日本ロックユニットB'zの楽曲。1992年10月7日にBMGルームスより11作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    6thアルバム『RUN』からの先行シングル。

    B'zのシングルは4thシングル『BE THERE』以降2曲目を「2nd beat」と表記しているが、本作のジャケットには「COUPLING WITH : 恋心(KOI-GOKORO)」と表記されていた。ただし、CDレーベルには他のシングル同様「2nd beat」と表記されている[注釈 1]

    裏ジャケットでは薔薇と蝶をあしらったロゴが登場した。「B'z」部分は表ジャケットのロゴと共通である。このロゴは6thアルバム『RUN』の裏ジャケットの他、『B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"』及び、『B'z LIVE-GYM '93 "RUN"』のステージやメンバーの衣装にも使用された。

    発売当時はノンタイアップかつ先行シングルにも関わらず2週連続で1位を獲得し、131万枚のミリオンセラーとなった[3][4]。また、ノンタイアップで初動売上61.5万枚は当時の歴代1位であった(オリコン調べ)。

    2003年3月26日にリマスタリング、12cm化で再発売された。

    発売から約17年後の2009年2月25日には、表題曲の「ZERO」がキリンビールの発泡酒『麒麟 ZERO』のCMソングとして起用されたことが発表され、同年4月より放送がスタートした[5][3]

    収録曲[編集]

    1. ZERO (4:50)
      これまでのポップ路線から大きく異なるハードロックファンクを融合したヘヴィな楽曲[6]であり、松本も当時のインタビューで「これをシングルにするのは大きな博打」「結果が出てからすべて話す」と述べたほどだった。
      また、スタッフからは(曲がハードな為)タイアップを付けようと提案されていたが、松本が「勝負したい」というこだわりからシングル表題曲では「LADY-GO-ROUND」以来のノンタイアップとなり、本作が1位を獲得した際には、「今までで一番嬉しかった」と稲葉と共に述べている[7]
      間奏にはB'zでは珍しくラップが取り入れられている。
      『B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"』で未発表曲として先行演奏されており、PVも同ツアーの映像で稲葉の口の動きや松本の手の動きなどが曲と連動するように編集されている[8]
      B'zのライブの定番曲の一つであり、無観客配信ライブ「B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-」Day5内で行われた「B'z LIVE演奏回数ランキング」においては、2020年時点でB'zの楽曲中「ultra soul」に次いで演奏回数の多い楽曲として紹介されている[9][10]。2003年頃まではほぼ毎回演奏されていた。2015年に行われたツアー『B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-』では、2人の演奏によるスローなブルースアレンジが披露された。
    2. 恋心(KOI-GOKORO) (3:47)
      表題曲とは異なり非常にポップな曲。
      タイトル通り男性の恋心について歌われており、稲葉が当時パーソナリティーを務めたラジオ番組『B'z WAVE-GYM』の番組宛に送られてきた手紙のメッセージに刺激を受けて制作された。
      稲葉は歌詞について「松本さんのメロディーを聴いて“胸キュン”な感じがあったので、それを表現しようとした」と語っている[11]
      歌詞に「松本」が登場するが、これは稲葉が洋楽などでは頻繁に人物名が歌詞中に登場していて、そういうものを自分もやってみたかったからだという。
      ノンタイアップかつオリジナル・アルバム未収録であるが、ファンの人気が非常に高く、ベスト・アルバムB'z The Best "Treasure"』の収録曲を決めるファン投票1位、ベスト・アルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"』では2位にランクインし収録された。
      有線ランキングでは表題曲の「ZERO」よりも人気が高かったため、松本は「非常に残念な結果になってしまった」と稲葉と共に語っている。松本はこの曲について「『ZERO』を表題曲にできたことで、その対極という位置づけで作った曲」と述べている。
      B'zでは珍しく振り付けがある曲[注釈 2]で、一時期はライブでは演奏されていなかったが、ベスト・アルバムを機に再びライブで演奏される機会が多くなった。
      1995年に行われたツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"』では新たな振り付けが披露されたが、一度きりのお目見えでそれ以降は通常のものに戻っている。
      2020年に行われた無観客配信ライブ『B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』では、ファンクラブ会員から事前に募集した振り付け動画がスクリーンに映し出された[12][13][14]

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    ZERO

    恋心(KOI-GOKORO)

    ライブ映像作品[編集]

    ZERO

    恋心(KOI-GOKORO)

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年に12cmシングル盤と再発売された際も同様の表記になっている。
    2. ^ 他に「Wonderful Opportunity」や「MVP」がある。
    3. ^ 実際にはクレジットの表記はない。

    出典[編集]

    1. ^ 日本レコード協会 ミリオン以上認定作品」『The Record』第443号、日本レコード協会、1996年10月1日、 4頁。
    2. ^ ■ オリコン ENTERTAINMENT SITE”. オリコン (2003年4月7日). 2003年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月28日閲覧。
    3. ^ a b “B'z、1992年の大ヒット・シングル“ZERO”が発泡酒〈麒麟ZERO〉CMソングに決定!”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2009年2月25日). https://tower.jp/article/news/2009/02/25/100017532 2020年3月11日閲覧。 
    4. ^ “B'z、歴代No.1アーティストまでの軌跡!”. ORICON NEWS (オリコン). (2006年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/22742/full/ 2020年9月2日閲覧。 
    5. ^ “B'zの名曲が『麒麟ZERO』CMソングに決定!”. ORICON NEWS (オリコン). (2009年2月25日). https://www.oricon.co.jp/news/63505/full/ 2018年11月10日閲覧。 
    6. ^ “B'z、平成の音楽シーン駆け抜け勢いそのまま令和へ 楽曲とパフォーマンスから牽引力の秘密を探る”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2019年5月2日). https://realsound.jp/2019/05/post-353580.html 2019年10月6日閲覧。 
    7. ^ 『be with!』第16巻、B'z Party、1992年12月。
    8. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1988-1998』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ(初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
    9. ^ 「B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5」ライブレポートが到着!”. 株式会社Zeppホールネットワーク (2020年12月9日). 2020年12月9日閲覧。
    10. ^ B'z無観客配信ライブ「B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5」レポート”. ローソンチケット. 株式会社ローソンエンタテインメント. 2020年12月9日閲覧。
    11. ^ 『Treasure : B'z Chronicle 1988〜1998 10th anniversary special issue』ROOMS RECORDS、1998年9月20日、60頁。
    12. ^ ファンクラブサイトにてB'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- 「恋心(KOI-GOKORO)」動画募集スタート”. B'z Official Website. VERMILLION RECORDS (2020年10月8日). 2020年11月1日閲覧。
    13. ^ “ヒット曲連発のB'z無観客ライブ「5 ERAS」開幕!ファンへの感謝と仲間との絆を伝える”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年11月2日). https://natalie.mu/music/news/403133 2020年11月3日閲覧。 
    14. ^ “【レポート】B'z、5週連続無観客配信ライブ<-5 ERAS 8820- Day1>に大いなる感動「みなさんの胸に届くように」”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2020年11月2日). https://www.barks.jp/news/?id=1000191657 2020年11月3日閲覧。 
    15. ^ 『Treasure : B'z Chronicle 1988〜1998 10th anniversary special issue』ROOMS RECORDS、1998年9月20日、26頁。

    外部リンク[編集]