今夜月の見える丘に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > B'zの作品 > 今夜月の見える丘に
今夜月の見える丘に
B'zシングル
初出アルバム『ELEVEN
(Alternative Guitar Solo ver.)』
B面 だからその手を離して
-Mixture style-
リリース
規格 マキシシングル
録音 1999年
ジャンル ハードロック
J-POP
時間
レーベル Rooms RECORDS
作詞・作曲 稲葉浩志(全作詞)
松本孝弘(全作曲)
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2000年2月度月間3位(オリコン)
  • 2000年3月度月間9位(オリコン)
  • 2000年度年間8位(オリコン)
B'z シングル 年表
ギリギリchop
1999年
今夜月の見える丘に
2000年
May
(2000年)
ELEVEN 収録曲

(13)
今夜月の見える丘に
(Alternative Guitar Solo ver.)
(14)
ミュージックビデオ
「今夜月の見える丘に」 - YouTube
テンプレートを表示

今夜月の見える丘に』(こんやつきのみえるおかに)は、日本音楽ユニットB'zの27作目のシングル

概要[編集]

B'z初の12cmCD(マキシシングル)でのリリース。ジャケット写真は東京三宿交差点付近にあるアンティークショップで撮影されたものである。尚、アングルは後述のタイアップ先のドラマの内容に合わせて「車椅子からの目線」となっている[1]。このシングルから「熱き鼓動の果て」まで専用のB'zロゴマークが使われた[2]

当初は1月26日発売予定でTVスポットも当初1月26日発売とテロップが制作され、実際に「COUNT DOWN TV」などで放送されていたが、収録曲が急遽変更されたため直前で2月9日に延期となりTVスポットも発売日だけが変更されたバージョンに差し替えられた(詳細は下記の楽曲誕生の経緯を参照)。発売が延期されたのはシングルでは「LOVE PHANTOM」以来となった。

表題曲「今夜月の見える丘に」は、TBS日曜劇場ビューティフルライフ』の主題歌。このドラマが驚異的な視聴率を誇ったこともあって1997年の「Calling」以来約3年ぶりにミリオンセラーを達成。累計売上は112.9万枚(オリコン調べ)。このシングルのミリオンセラーによりB'zのシングルミリオンセラー作品数が15作となった。この記録は、2013年に発売したAKB48のシングル「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」に抜かれるまでは、歴代1位だった。2017年現在、CDではB'z最後のミリオンセラーシングルである[3]

オリコン年間シングルランキングでは1995年発売の「LOVE PHANTOM」以来5年ぶりにTOP10入りを果たした。なお、サザンオールスターズの「TSUNAMI」のヒットと重なったために、2週連続1位獲得には、ならなかった。

参加ミュージシャン[編集]

収録曲[編集]

  1. 今夜月の見える丘に (4:13)
    ドラマ『ビューティフルライフ』に向けて、メンバーは台本を読みながらこの曲を書き下ろした。制作は、前年のライブツアー『B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"』中に行なわれ、11月半ば辺りにスタジオであっという間に出来たという。イントロやアウトロ等ではマンドリンが導入されている。タイトルは、稲葉曰く「タイトルは雰囲気。考えに考え抜いて決めたわけじゃない」。
    ミュージック・ビデオは、ロサンゼルスのパサディナの教会で行われた。当時はレコーディングの合間を割いて撮影したため、その後、稲葉は歌入れを行った。
    11thアルバム『ELEVEN』とバラード・ベスト・アルバム『The Ballads 〜Love & B'z〜』には、それぞれギターソロが異なっている。
    桜井和寿Mr.Children)が、『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』のカラオケ対決でこの曲を歌った。
  2. だからその手を離して-Mixture style- (4:08)
    デビュー・シングル曲のアレンジ版。
    原曲が打ち込み主体のダンスチューンだったのに対し、こちらはバンドサウンドによるハードロックナンバーとなり、サビに入る前のコーラスの歌詞も変更、アウトロもフェードアウトではなくイントロのギターフレーズで終わる形に変更されている。
    当時はまだ知名度も低く、シングルは全く売れなかったが、前年のBrotherhoodツアー・徳山市民会館での公演が偶然デビュー日(9月21日)と重なったため、アンコールで演奏したところ好評を得たため、レコーディングすることになった(ドキュメントDVDThe true meaning of "Brotherhood"?』参照)。

楽曲誕生の経緯[編集]

当初『ビューティフルライフ』の主題歌として作られたのは、後に30thシングルとして発表されることになる「RING」という曲であった。しかし、このドラマの脚本を担当した北川悦吏子がその曲を聴いたところ、「曲の雰囲気が暗く重すぎる」と感じたとのこと。そのため北川は「この作品には私とキャストとスタッフは命以外のものはすべて賭けている」「頂いた曲を聴いたが、どうしても自分としてはしっくりこない」という内容の手紙をB'z充てに書いた。それを受けたB'zが改めて曲を制作し提出したのが、「今夜月の見える丘に」である[4]

ちなみにリリース発表時には「RING」は今作の2nd beatに、更に3rd beat[5]に「だからその手を離して」を収録した3曲入りと告知されていたが(一部のCDショップでは「今夜月の見える丘に/RING」と両A面表示されたものも存在した)、メンバーがあまりに「RING」の完成度に満足したためかリリース直前になって2nd beatには「RING」は外され、最終的には「今夜月の見える丘に」と、後に発売されるマストアルバム『B'z The "Mixture"』にも収録されたデビュー曲「だからその手を離して」のリメイク版の2曲が収録された。その後「RING」は同年に行われた「B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"」で未発表曲として披露され、同年の10月4日にシングルとして発売された。

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

今夜月の見える丘に

だからその手を離して-Mixture style-

ライブ映像作品[編集]

今夜月の見える丘に

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ music freak magazine Vol.161より
  2. ^ B'z The "Mixture"』は「HOME」までのロゴを使用
  3. ^ ただし、2009年に発表された46th Single「イチブトゼンブ」が「着うた」及び「シングルトラック」でそれぞれミリオンとなっている。
  4. ^ ミュージックポートレイト 5月23日放送 北川悦吏子 × 斎藤工 第2夜NHK、2013年5月23日放送回。
  5. ^ マキシシングルとなったことから、当初は本作より収録予定だった。後に翌年のシングル「ultra soul」から収録された。

関連項目[編集]