Hey! みんな元気かい?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hey! みんな元気かい?
KinKi Kidsシングル
初出アルバム『F album
B面 愛のかたまり
見上げてごらん夜の星を(初回盤のみ)
リリース
規格 12cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
作詞・作曲 YO-KING
プロデュース KinKi Kids
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2001年11月度月間5位(オリコン)
  • 2002年度年間75位(オリコン)
KinKi Kids シングル 年表
情熱
(2001年)
Hey! みんな元気かい?
(2001年)
カナシミ ブルー
2002年
テンプレートを表示

Hey! みんな元気かい?」(ヘイ みんなげんきかい)は、KinKi Kidsの13枚目のシングル2001年11月14日発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

解説[編集]

初回盤には本作「Hey! みんな元気かい?」が主題歌にもなっている堂本剛主演ドラマ挿入歌「見上げてごらん夜の星を」が収録されているため、初回盤はこのボーナストラックを含め5曲と、過去最多の収録曲数になっている。

チャート成績[編集]

オリコン週間ランキングで、初週26.0万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。CD累計売上は41.8万枚(オリコン調べ)を記録した[1]

収録曲[編集]

初回盤[編集]

  1. Hey! みんな元気かい?
    (作詞・作曲:YO-KING / 編曲:F.L.P)
    堂本剛主演のTBS東芝日曜劇場ガッコの先生』主題歌。
    作詞・作曲に真心ブラザーズ倉持陽一 (YO-KING)を起用。YO-KINGは自身のアルバム『IT'S MY ROCK'N'ROLL』にてセルフカバーしている。
    PVはストーリー仕立てになっており、ストーリーに関係した効果音やセリフが含まれている。剛がヤクザ、光一は泥棒役を演じており、最後には剛と光一の演奏が終わりギターを持ったままの剛が同じくギターを持ったまま後ろを向いている光一を拳銃で撃つオチ、という従来のKinKi KidsのPVにはないストーリー性のあるものとなっている。
    出版:日音&ジャニーズ出版
  2. 愛のかたまり
    (作詞:堂本剛 / 作曲:堂本光一 / 編曲:吉田建
    森永製菓『ダース』CMソング
    2000年発売の「好きになってく 愛してく」以来の自作曲。この時と同様に、作詞を剛、作曲は光一が担当している。
    歌詞は、女性目線で書かれた男女の恋愛を歌うラブソングであり、無防備で不器用でピュアな信頼関係を描いている[2]
    2004年発売のベスト・アルバムKinKi Single Selection II』に唯一c/wから選曲されているほか、さらに3年後のベスト・アルバム『39』にはファン投票第1位楽曲として収録された。
    アルバム『F album』にはアコースティック・バージョンとして、『M album(通常盤)』には「Memories&Moments」というコンセプトのもと、リテイクされたものがそれぞれ収録されている。
    出版:ジャニーズ出版
  3. Hey! みんな元気かい? (Instrumental)
  4. 愛のかたまり (Instrumental)
  5. 見上げてごらん夜の星を (Bonus Track)
    (作詞:永六輔 / 作曲:いずみたく / 編曲:林部直樹
    先述の『ガッコの先生』挿入歌。
    剛のソロ曲。坂本九が発表し大ヒットした楽曲のカバー。現在でも数々のアーティストにカバーされている。アコースティック・ギターを主とした曲調になっている。
    なお、同時並行でドラマ挿入歌に使用されていた、同じく坂本九のカバー「ともだち」および「涙くんさよなら」の2曲はCD化にはいたらなかった。
    出版:オールスタッフ音楽出版社

通常盤[編集]

  1. Hey! みんな元気かい?
  2. 愛のかたまり
  3. Hey! みんな元気かい? (Instrumental)
  4. 愛のかたまり (Instrumental)

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]