M album

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M album
KinKi Kidsスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
プロデュース KinKi Kids
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2014年12月度月間2位(オリコン)[1]
  • 2015年度年間27位(オリコン)[2]
ゴールドディスク
KinKi Kids 年表
L album
2013年
M album
(2014年)
N album
2016年
テンプレートを表示

M album』(エム・アルバム)は、KinKi Kidsの14作目のオリジナル・アルバム2014年12月10日発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

本作を引っさげたコンサートツアーについてはKinKi Kids#コンサート・イベントを参照。

解説[編集]

デビューアルバム『A album』以降、アルバムのタイトルにはアルファベットを冠しており、14作目となる本作は"M"にちなみ"Memories & Moments"をコンセプトとしている[3]。前作『L album』に続き2枚組仕様[4]。Disc1『Memories –記憶- 』は過去に発表された楽曲のセルフカバーであり[4]、オリジナルバージョンとは編曲、コーラスアレンジの担当者が異なる。Disc2『Moments –瞬間- 』は、「Glorious Days 〜ただ道を探してる」以外は新曲で構成されている[4]

このアルバムについて、KinKi Kidsの堂本剛は「“Moments”という枠に入った曲と向き合ったときに、いかにKinKi Kidsらしさを守りながら、そして最後はKinKi Kidsの音楽として形にできるのだろうか(中略)、いろんなことを考えるきっかけをくれたアルバムになった」と語った[5]

成績・評価[編集]

2014年12月22日付のオリコン週間ランキングで、初週13.4万枚を売り上げ初登場1位、2003年発売の『G album -24/7-』から10作連続・通算16作目の首位を記録した[6]

オリコンスタイルの永堀アツオによると、本作には「永遠の愛を誓う」曲が多く収録されているという[5]。リアルサウンドの佐藤結衣は、『Moment』の名の通り「『今』のKinKi Kidsだからこそ表現できる曲」、ファンへの「ラブソング」が収録されていると評した[3]

収録曲[編集]

CD[編集]

side Moments-DISC 1[編集]

  1. Be with me
    作詞・作曲・編曲:浅野尚志
  2. 我儘
    作詞:大竹創作 作曲・編曲:井上ヨシマサ コーラスアレンジ:Ko-saku
  3. たいむ・とらべ・らばーず
    作詞:市川喜康 作曲:市川喜康/ha-j 編曲:ha-j
  4. エゴイスティック・ロマンス
    作詞:前田たかひろ 作曲・編曲:原一博 コーラスアレンジ:Ko-saku
  5. SPEAK LOW
    作詞・作曲・編曲:堂島孝平
  6. Want You
    作詞:木村友威/和田昌哉 作曲・編曲:和田昌哉
  7. aeon
    作詞・作曲・編曲:田中直
    ※通常盤のみ
  8. 僕らの未来
    作詞・作曲・編曲:平田祥一郎
  9. Glorious Days 〜ただ道を探してる
    作詞:松井五郎 作曲・編曲:U-Key zone
  10. もう君だけは離さない
    作詞:Shusui 作曲:canna 編曲:丸山真由子 コーラスアレンジ:小田原友洋
    • この曲の作詞は、10thシングル「もう君以外愛せない」を作詞した周水が担当しており、同曲へのアンサーソングとなっている[5]。また「もう君以外愛せない」のセルフカバーバージョンが、「side Memories-DISC 2」に収録されている。
  11. Two of Us
    作詞・作曲・編曲:吉田建 ストリングスアレンジ:佐藤泰将
  12. Where is
    作詞・作曲:Kaioii 編曲:浅野尚志
    ※通常盤のみ
  13. EXIT
    作詞:藤原優樹 作曲:YOO 編曲:YOO/Tak Miyazawa
  14. Stay Together
    作詞:Komei Kobayashi 作曲:Dele Ladimeji/Chris Ballard 編曲:Chris Ballard
    ※通常盤のみ

side Memories-DISC 2[編集]

  1. Rocks
    作詞:相田毅 作曲:谷本新 編曲:CHOKKAKU コーラスアレンジ:竹内浩明
    • 1stアルバム『A album』より。
  2. せつない恋に気づいて
    作詞:MIZUE&HIDE 作曲:寺田一郎 編曲:吉田建 ストリングス&ブラスアレンジ:佐藤泰将
    • 1stアルバム『A album』より。オリジナルバージョンから、ストリングス&ブラスアレンジが追加されている。
  3. このまま手をつないで
    作詞:松本隆 作曲:馬飼野康二 編曲:十川ともじ
    • 2ndアルバム『B album』より。
  4. 雨のMelody
    作詞:康珍化 作曲:武藤敏史/坂井秀陽 編曲:ha-j コーラスアレンジ:岩田雅之
  5. もう君以外愛せない
    作詞・作曲:周水 (canna) 編曲:鷺巣詩郎
  6. 愛のかたまり
    作詞:堂本剛 作曲:堂本光一 編曲:武部聡志
    ※通常盤のみ
  7. HAKKA CANDY
    作詞:松本隆 英語詞:Komei Kobayashi 作曲:Fredrik Hult/Ola Larsson/Öystein Grindheim/Henning Hartung 編曲:石塚知生
    • 18thシングル「薄荷キャンディー」より。本作品は英語詞で歌唱されており、曲のタイトルも全てアルファベットの表記に変更されている。この楽曲に対して光一はコーラス部分にこだわりを見せ、歌自体を掛け合いに変更したという[5]
  8. Bonnie Butterfly
    作詞・作曲:井手コウジ 編曲:鈴木雅也 コーラスアレンジ:Ko-saku
  9. 恋涙
    作詞:堂本剛 作曲:堂本光一 編曲:亀田誠治 コーラスアレンジ:Ko-saku
    ※通常盤のみ
    • 8thアルバム『H album -H・A・N・D-』より。オリジナルバージョンから、コーラスアレンジが追加されている。

DVD[編集]

初回限定盤に付属。

  1. KinKi Kids 目で見る どんなもんヤ!〜M album 特別版〜
  2. M album TV CM All Type & Making


参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリコン2014年12月度月間ランキング”. 2015年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月5日閲覧。
  2. ^ 年間 CDアルバムランキング 2015年度 21〜30位” (2016年). 2017年9月29日閲覧。
  3. ^ a b c 佐藤結衣 (2014年12月21日). “KinKi Kids、新アルバムで表現したふたりの“今” 新曲とセルフカバーで充実の仕上がりに”. Real Sound. http://realsound.jp/2014/12/post-2068.html 2017年9月29日閲覧。 
  4. ^ a b c KinKi Kids ニューアルバム「M album」発売決定!. HMV公式サイトニュース(2014年)2017年9月29日閲覧。
  5. ^ a b c d 森朋之、永堀アツオ (2014年12月5日). “ニューアルバムで過去作品の大胆リアレンジも! 『薄荷キャンディー』は英語詞に!?”. オリコンスタイル. オリジナル2014年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141229110009/http://onlystar.oricon.co.jp/news/music/2750/ 2014年12月5日閲覧。 
  6. ^ 【オリコン】KinKi Kids、アルバム10作連続首位. オリコンスタイル音楽ニュース(2014年12月16日)2017年9月29日閲覧。
  7. ^ “KinKi Kids提供曲×本編映像! 『ラッシュ/プライドと友情』特別編集版上映”. マイナビニュース. (2014年1月23日). http://news.mynavi.jp/news/2014/01/23/253/ 2017年9月29日閲覧。 

外部リンク[編集]