泡のような愛だった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
泡のような愛だった
aikoスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース aiko
チャート最高順位
  • 週間1位[1]オリコン
  • 2014年5月度月間3位(オリコン)
  • 2014年度年間36位[2](オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会[3]
  • aiko アルバム 年表
    時のシルエット
    2012年
    泡のような
    愛だった

    (2014年)
    May Dream
    2016年
    『泡のような愛だった』収録のシングル
    1. 4月の雨
      リリース: 2013年4月17日(デジタル・ダウンロード
    2. Loveletter/4月の雨
      リリース: 2013年7月17日(CD
    3. 君の隣
      リリース: 2014年1月29日(CD)
    ミュージックビデオ
    明日の歌 (short version) - YouTube
    テンプレートを表示

    泡のような愛だった』(あわのようなあいだった)は、aikoのメジャー通算11枚目のオリジナル・アルバム2014年5月28日ポニーキャニオンから発売された[4]

    解説[編集]

    アルバム「時のシルエット」から約1年11ヶ月ぶりの新作。初回限定盤はカラートレイ仕様で、限定ブックレット&特典CD(aiko's Radio side A)が付属する。また、通常仕様盤にも数量限定で、特典CD付(aiko’s Radio side B)が付属する。そして、特典付通常仕様盤の店頭販売は発売日翌日の2014年5月29日以降[4]

    発売初日に約3.3万枚売り上げて、2014年5月27日付オリコンデイリーアルバムランキングで1位を獲得し[5]、発売初週に約8.2万枚売り上げて、2014年6月9日付オリコンウィークリーアルバムランキングで1位を獲得した[1]。また、2014年5月度オリコンマンスリーアルバムランキングでは3位を獲得した。

    収録曲[編集]

    ソース[6](曲名のみ)

    全曲、作詞/作曲:AIKO、編曲:島田昌典

    1. 明日の歌 [5:17][7]
      ミュージックビデオが制作されている。本作のPRとしてテレビ番組やCMでよく用いられた。
      本来は別の楽曲が1曲目に収録される予定であったが、この曲が完成した瞬間に「これは1曲目」と決定した[8]。言葉数が多く、ところどころで早口で歌唱しているのが特徴的である[9]
    2. 染まる夢 [3:59][7]
    3. Loveletter [4:46][7]
      30thシングル表題曲。
    4. あなたを連れて [4:21][7]
    5. 距離 [5:12][7]
      2014年の年明け直後に1度のみオンエアされた「NEW YEAR CM」で流された[9]
    6. サイダー [4:30][7]
    7. 4月の雨 [5:39][7]
      30thシングル表題曲。
    8. 遊園地 [4:41][7]
    9. 透明ドロップ [5:10][7]
    10. 君の隣 [4:49][7]
      31stシングル表題曲。
    11. 大切な人 [6:00][7]
    12. キスの息 [4:16][7]
    13. 卒業式 [5:08][7]
      デビュー以来初めて卒業式をテーマに制作したバラードである[10]

    出典[編集]

    外部リンク[編集]