島田昌典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島田昌典
生誕 (1961-11-03) 1961年11月3日(57歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
職業 音楽プロデューサー
編曲家
キーボーディスト
担当楽器 キーボード
ピアノ
ハモンドオルガン
メロトロン
活動期間 1984年 -
事務所 株式会社キューブ
公式サイト 島田昌典オフィシャルサイト

島田 昌典(しまだ まさのり、1961年11月3日 - )は、日本音楽プロデューサーアレンジャーキーボーディスト[1]。大阪生まれ。

人物[編集]

aikoYUKIいきものがかり秦基博など数多くのアーティストの楽曲のプロデュースやアレンジ等を手掛ける、現在のJ-POPシーンを代表するサウンド・プロデューサー[2]。なかでもボーカル入りのバンド・サウンドを得意とする[3]

根っからの音楽好きであり音楽職人。楽器の演奏家というだけではなく収集家でもあり、“新しい音”を求めて自身のプライベートスタジオ「GreatStudio」に鍵盤楽器をはじめギターベースなど数々のビンテージ楽器からアウトボード類、そして録音機材までこだわりの機材をそろえ、独特なサウンドを生み出している(特に復刻版メロトロンは島田サウンドには必須のアイテム)[1][4][5]。自身のルーツともいえるビートルズからのブリティッシュ・サウンド、サイケデリック・サウンド、バンド・サウンド、アメリカのルーツ・ミュージックストリングス・アレンジなど、幅広い音楽から受けた影響を自身のフィルターにかけて融合する「ひとひねりある」ポップサウンドは、アーティストからの厚い支持を得ている[1]

来歴[編集]

※オフィシャルサイトのプロフィール等を参照[1]

小学校入学後、5年間ピアノを習う。小学4年生の時、近所の中学生から聴かされたビートルズに衝撃を受ける。中学へ上がると共にピアノレッスンを止め、友人と始めたオープンリールカセットデッキによる多重録音に夢中になる。それから高校時代まで、洋楽フォークソングのカヴァー、オリジナル曲作り、さらにブラスバンドユーフォニウムを担当するなどの音楽生活を送る。そしてこの時期、レコーディングに興味を抱くようになる。大学では軽音楽部に入り、当時大ブームだったジャズフュージョンの洗礼を受ける。

その後、「NANIWA EXPRESS」の青柳誠にピアノを師事し、同じく「NANIWA EXPRESS」の清水興率いる「HUMAN SOUL」に参加する。関西をベースに、キーボーディストとして自身のバンドやセッションワーク、アーティストサポート等の仕事を始め、22歳の時にピアノトリオの演奏で初めてギャランティをもらう。

1990年、関西テレビのライブセッション番組「夢の乱入者」にレギュラー出演。ギタリスト渡辺香津美と出会い、「夢の乱入者」バンドを結成。メンバーは渡辺香津美(ギター)、清水興(ベース)、東原力哉ドラムス)、島田昌典(キーボード)の4人。1997年の番組終了まで、このバンドを通して数々のアーティストとのセッションを体験する。

1991年、自身のユニットでSonyMusic Auditionでグランプリを受賞。これを機に東京へ活動拠点を移し、様々なセッションに参加。アーティストのサポートを始める。

1993年、渡辺香津美バンド「Resonance Vox」に参加。メンバーは渡辺香津美(ギター)、東原力哉(ドラムス)、バカボン鈴木(ベース)、ヤヒロトモヒロパーカッション)。

1995年、ムーンライダーズのギタリスト白井良明のプロジェクト「Surf Trip」(白井良明(ギター)、スカパラホーンズ佐藤研二(ベース)、香取良彦(ヴィブラフォン)、ジミー橋爪(ドラムス))にキーボード奏者として参加。以後、白井の数々のスタジオワークにも参加するようになる。

この時期、演奏活動と平行してアレンジの面白さに目覚め、CMやアーティストの編曲を始める。

1997年、aikoのインディーズアルバム2枚のサウンドプロデュースを担当。メジャーデビュー後もサウンドプロデューサーとして多くの楽曲に関わる。

2001年、白井良明命名の自宅スタジオ「Great Studio」を立ち上げる[4]

2009年7月13日、音霊 OTODAMA SEA STUDIO (神奈川県/逗子海岸)にて、いきものがかりと秦基博が一夜限りのスペシャル・ライヴ「島田会」を開催。イベントのきっかけは、両アーティストが共に敬愛する島田を囲んでの食事会「島田会」での会話が盛り上がったことから[2]

2012年、オーガスタキャンプに参加。

主なプロデュース、アレンジアーティスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d アーティスト 島田昌典”. 株式会社キューブ オフィシャルサイト. 2017年11月12日閲覧。
  2. ^ a b BARKS (2009年7月14日). “いきものがかりと秦 基博が一夜限りの共演<島田会>開催”. BARKS. 2012年5月30日閲覧。
  3. ^ キーボード・マガジン編集部 (2010年5月18日). “【取材後記】浅倉大介、島田昌典、クリヤマコト”. リットーミュージック. 2012年5月30日閲覧。
  4. ^ a b 刈谷知仁 (2001年7月10日). “コニシス ユーザーレポート第1回 島田昌典氏”. コニシス研究所. 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月30日閲覧。
  5. ^ キーボード・マガジン編集部 (2011年3月3日). “【取材後記】島田昌典”. リットーミュージック. 2012年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]