CODE-V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CODE-V
ジャンル ポップスK-POPバラード
活動期間 2010年 - 2018年
事務所 ドリーミュージック
公式サイト code-v.asia
メンバー サンウ
ナロ
ルイ
ソル
テフン
旧メンバー テミン
ジェウォン
ウシク

CODE-V(コードブイ)は、韓国出身の5人の男性からなるアイドルグループである[1]。日本のレコード会社兼芸能事務所ドリーミュージックに所属し、日本を中心に活動している。

概要[編集]

韓国では前身グループBlessとして2007年から活動していたが2009年活動を休止。2010年CODE-Vとして再デビューした。CODE-Vとして再デビュー後、リーダーであった“テミン”が脱退、新たに“ルイ”が加入する。2013年“ジェウォン”が脱退し4人体制になる。

2013年末からサンウ、ナロ、ルイの3名が入隊のため活動休止。それに先駆け2013年11月から新メンバーのオーディションを実施し、2014年1月“ウシク”(当時22歳)と“テフン”(当時16歳)が新たに加入することが発表された[2]。2014年からはソルと、新メンバーのウシク、テフンの3人で活動を続け、2014年末にソルが入隊のため活動休止後は、ウシクとテフンの2人で活動を続ける。2016年サンウ、ナロ、ルイの3名が相次いで復帰し5人体制に、2017年1月にはソルも復帰し6人体制になる。2017年4月ウシクが脱退[3]、5人体制になる。

2017年からはCODE-Vの活動と並行しながら、ナロがNASTY NARO名義で個人活動を開始。また、年長組のサンウ、ルイ、ソルはNiiisan's(ニーサンズ)という新しいバンド・ユニットを結成し作品をリリース。最年少テフンもソロデビューや舞台への出演など、メンバーそれぞれ幅広い活動を展開[4]

2018年12月23日のTOKYO DOME CITY HALLEの公演をもって解散。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

メンバー名 生年月日 出身 ポジション 備考
カタカナ ‬英語・ハングル
サンウ Sangwoo
남 상우
(1986-02-07) 1986年2月7日(34歳) 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市 リーダー
ルイ Rui
서 민호
(1986-07-07) 1986年7月7日(33歳) 大韓民国の旗 韓国釜山市 ボーカル
ナロ Na-law
김 선희
(1986-10-13) 1986年10月13日(33歳) 大韓民国の旗 韓国京畿道 ボーカル
ソル Sol
김 솔
(1987-05-29) 1987年5月29日(33歳) 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市 ボーカル
テフン taehoon
박태훈
(1997-11-23) 1997年11月23日(22歳) 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市 ボーカル

旧メンバー[編集]

テミン - 元リーダー

ジェウォン

ウシク(woosik)/김우식

  • 1991年6月24日生まれ、身長176cm、A型
  • 2014年、テフンと共に新メンバーとして加入
  • 2015年から2016年まではテフンと共に2人でCODE-Vの活動を支えた
  • 2017年4月脱退

略歴[編集]

2010年

  • 6月4日 - 「중독」で韓国デビュー
  • 8月21日 - テミン脱退
  • 9月1日 - 「화해하지 말아요」でドラマ「GIANT」OSTに参加
  • 9月8日 - 「지금 만나러 간다」でドラマ「製パン王キム・タック」OSTに参加する。

2011年

  • 3月25日 - 日本のマネージメント会社からのオファーに答え初来日。BS11「韓ラブ」公開収録にゲスト出演し、韓国と日本両国での活動を始める。
  • 5月23日 - CODE-V韓国での初のフルアルバム「Honestly」をリリースしタイトル曲「솔직히 말할게」で韓国カムバックを果たす。
  • 8月29日 - 「두근거려」で韓国活動。その後日本での事務所を移籍。
  • 12月7日 - 「Addiction 〜君なしには、生きられない」で日本プレデビューを果たし、活動拠点を日本に移しメンバー全員日本での共同生活をはじめる。

2012年

  • 5月30日 - 「君がくれたもの」で日本メジャー・デビュー
  • 10月10日 - 2ndシングル「世界中が敵になってもきっと君を守りぬくから」をリリース。この曲でオリコン シングル週間チャートで8位を獲得する。

2013年

  • 2月6日 - 3rd シングル 「何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?」をリリース オリコンシングル週間チャート6位デイリーチャート最高4位を獲得。
  • 3月6日 - 1st アルバム 「初心」をリリース このアルバムでもオリコンアルバム週間チャート10位を獲得。
  • 3月末 - ジェウォン脱退。
  • 8月7日 - 4thシングル「約束」リリース
  • 10月1日 - サンウ、ナロ、ルイの来年入隊を発表
  • 11月13日 - 5thシングル「今、伝えたいこと」リリース オリコンシングルウィークリーランキングで自己最高となる2.7万枚を売上げ、初登場5位(11/25付)を獲得
  • 12月6日 - 待望の日本武道館ワンマンライブ開催
  • 12月18日 - 2ndアルバム「代々木」リリース 発売初日のオリコンアルバムデイリーランキングで初登場3位を獲得(12/17付)、タワーレコード全店総合アルバムデイリーチャートでも1位を獲得(12/17付)
  • 12月末 - サンウ・ルイ・ナロが活動を休止し帰国

2014年

  • 1月 - オーディションによって選ばれた新メンバー、ウシク・テフンが正式加入
  • 2月17日- ナロ入隊
  • 2月24日 - サンウ入隊
  • 5月8日 - ルイ入隊
  • 7月16日 - ソル・ウシク・テフンでの初 CODE-Vとしての6thシングル「Never Say Never」リリース
  • 9月1日 - ソル、来年の入隊を発表
  • 11月5日 - 7thシングル「Never Ending Story」リリース
  • 12月末 - ソル活動を休止し帰国

2015年

  • 2月18日 - ウシク・テフンでの初 CODE-Vとしての8thシングル「Spring Love」リリース
  • 3月18日 - ウシク・テフンで初 CODE-Vとしての3rdアルバム「STARLIGHT」リリース
  • 4月16日 - ソル入隊
  • 7月22日 - 9thシングル「衝動」リリース
  • 11月16日 - ナロ除隊
  • 11月23日 - サンウ除隊
  • 11月25日 - ウシク・テフンでの最後 10thシングル「DANCIN' CIRCLE」リリース

2016年

  • 3月18日 - サンウ&ナロ復活ライブ「再会」開催
  • 5月7日 - ルイ除隊
  • 7月10日 - ルイ復活ライブ「CODE-V SUMMER LIVE 2016〜テンション高いっ!!ついに王子が帰ってきた!!」開催
  • 7月27日 - 11thシングル「君といた夏」リリース
  • 11月23日 - 12thシングル「Loving you , Love me」リリース

2017年

  • 1月15日 - ソル除隊
  • 3月18日 - ソル復活ライブ「CODE-V SPRING LIVE2017〜宇宙NO.1イケメンが帰ってきた!BEST SIX STARS〜」開催(大阪)
  • 3月20日 - ソル復活ライブ「CODE-V SPRING LIVE2017〜宇宙NO.1イケメンが帰ってきた!BEST SIX STARS〜」開催(東京)
  • 3月22日 - 初のベストアルバム「CODE-V BEST〜ROKUTOUSEI〜」リリース
  • 4月26日 - ナロがNASTYNARO(from CODE-V)としてソロデビューしミニアルバム「Last Night」リリース
  • 4月末 - ウシク脱退
  • 6月28日 - サンウ、ルイ、ソルがユニットNiiisan’s(from CODE-V)としてミニアルバム「TITANIC」をリリース
  • 9月27日 - テフンがTaeHoon(from CODE-V)としてソロデビューしミニアルバム「19」リリース
  • 10月25日 - 13thシングル「Winter Love」リリース

2018年

  • 12月23日 - 解散

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 オリコン
チャート
(週間)
1st 2011年12月07日 Addiction 〜君なしには生きられない〜 FOCD-8001:初回生産限定盤
FOCD-0003:通常盤
132位
[8]
2nd 2012年05月30日 君がくれたもの MUCD-9033:初回生産限定盤A
MUCD-9035:初回生産限定盤B
MUCD-5200:通常盤
18位
3rd 2012年10月10日 世界中が敵になってもきっと君を守りぬくから MUCD-9039:初回生産限定盤A
MUCD-9041:初回生産限定盤B
MUCD-5207:通常盤
8位
4th 2013年02月06日 何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの? MUCD-9045:初回生産限定盤A
MUCD-9047:初回生産限定盤B
MUCD-5210:通常盤
6位
5th 2013年08月07日 約束 MUCD-9055:初回生産限定盤A
MUCD-5224:初回生産限定盤B
MUCD-5225:通常盤
13位
6th 2013年11月13日 今、伝えたいこと MUCD-9063:初回生産限定盤A
MUCD-5242:初回生産限定盤B
MUCD-5243:通常盤
5位
7th 2014年07月16日 Never Say Never MUCD-9069:初回生産限定盤A
MUCD-5271:初回生産限定盤B
MUCD-5272:通常盤
10位
8th 2014年11月05日 Never Ending Story MUCD-9075:初回生産限定盤A
MUCD-5280:初回生産限定盤B
MUCD-5281:通常盤
10位
9th 2015年02月18日 Spring Love MUCD-9079:初回生産限定盤
MUCD-5294:通常盤
16位
10th 2015年07月22日 衝動 MUCD-9085:初回生産限定盤A
MUCD-5305:初回生産限定盤B
MUCD-5306:通常盤
14位
11th 2015年11月25日 DANCIN' CIRCLE MUCD-9095:初回生産限定盤A
MUCD-5319:初回生産限定盤B
MUCD-5320:通常盤
15位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2011年12月07日 HONESTLY TRJC-1003
2nd 2013年03月06日 初心 MUCD-8028:初回生産限定盤A
MUCD-8030:初回生産限定盤B
MUCD-1274:通常盤
3rd 2013年12月18日 代々木 MUCD-8051:初回生産限定盤A
MUCD-8051:初回生産限定盤B
MUCD-1291:通常盤
4th 2015年03月18日 STARLIGHT MUCD-8063:初回生産限定盤A
MUCD-1315:初回生産限定盤B
MUCD-1317:通常盤

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2014年04月23日 CODE-V MIRACLE LIVE in 日本武道館 「約束」 MUBD-1052

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2014年02月05日 平義隆『饒舌な情熱の愛の歌』 POCS-1126 9.君じゃなくちゃ feat.CODE-V

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
江原慎太郎 「君がくれたもの」(出演:松原汐織滝口幸広)「今、伝えたいこと」「世界中が敵になってもきっと君を守りぬくから」「約束」(出演:伊藤梨沙子)
瀬里義治 「Never Ending Story」(出演:ハヤテ)
多田卓也 「Spring Love」「衝動」
PARK SEUNG HUN 「Addiction〜君なしには、生きられない〜」
福居英晃 「Never Say Never」
森田一平 「何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?」」(出演:上遠野太洸)

出演[編集]

映画[編集]

  • 冷たいキス(2018年) - ルイ:ヨンイル 役、サンウ:ソンホ 役、ソル:ジュンス 役、テフン:ジフン 役、ナロ:ドヒョン 役

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://code-v.net/posts/view/30046
  2. ^ “CODE-V、新メンバー・ウシクとテフンを初お披露目”. BARKS. (2014年1月28日). https://www.barks.jp/news/?id=1000099321 2017年11月29日閲覧。 
  3. ^ “CODE-V、ウシクの脱退を発表…4月末で活動終了”. Kstyle. (2017年4月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2067184 2017年11月29日閲覧。 
  4. ^ “ドリーミュージック公式プロフィール”. ドリーミュージック. http://dreamusic.co.jp/artist/code-v/profile/ 2017年11月29日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h “公式プロフィール”. 公式ホームページ. http://code-v.asia/biography 2017年11月29日閲覧。 
  6. ^ “【会見レポ】「超新星」ユナク&「CODE-V」ナロ、村井良大、堂珍嘉邦らと共にミュージカル「RENT」制作発表会で意気込み語る”. WoWKorea. (2017年4月7日). http://www.wowkorea.jp/section/interview/read.asp?narticleid=187694 2017年11月29日閲覧。 
  7. ^ “【テフン出演】UMANプロデュースPresents「海を越えて手を繋げ!戦国活劇サムライガンバ」”. 公式ホームページ. http://code-v.asia/diary/76812?list_page=2&wid=61685 2017年11月29日閲覧。 
  8. ^ オリコンCODE-V
  9. ^ “2017年版「RENT」村井良大、堂珍嘉邦、超新星ユナクら続投”. ステージナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/stage/news/212359 2016年12月8日閲覧。 

外部リンク[編集]