小西遼生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こにし りょうせい
小西 遼生
本名 小西 大樹
別名義 コニタン
生年月日 (1982-02-20) 1982年2月20日(38歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
身長 182cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2003年 -
事務所 キューブ
主な作品
映画
牙狼〈GAR0〉~蒼哭ノ魔竜~
花ゲリラ
テレビドラマ
「牙狼〈GARO〉シリーズ」
テンプレートを表示

小西 遼生(こにし りょうせい、1982年2月20日 - )は、日本の俳優声優である。

東京都出身。かつてはスターダストプロモーションに所属していたが、2015年5月末に契約満了をもって退所、フリーを経て同年9月1日からキューブに所属。

本名及び旧芸名「小西 大樹(こにし ひろき)」。2007年1月19日に現在の芸名に改名した。

人物[編集]

  • 2005年10月放送の特撮テレビドラマ『牙狼-GARO-』に、主人公の冴島鋼牙役で出演。アクションシーンにも挑戦し、格闘シーンやワイヤーアクションなど素面アクションを披露している。以来、小西の代表作の1つとなったが、2013年2月公開の劇場版第2作『牙狼-GARO- 〜蒼哭ノ魔竜〜』が牙狼シリーズでの主演最終作となった。
  • 2006年には、同ドラマの出演者(藤田玲肘井美佳渡辺裕之京本政樹)と共に結成した音楽ユニット「GARO Project」でボーカルを担当しCDデビューした。
  • 名前を改名したのは舞台『レ・ミゼラブル』がきっかけだという。
  • 写真集、ライブのツアーパンフ、DVDではセミヌードを披露した。
  • 趣味は、読書・オセロ・水泳・映画鑑賞・朝風呂・散歩・瞑想・日なたぼっこ・漬け物を手に緑茶を飲むこと。
  • 特技は、アコースティックギター・歌。ミュージカルやコンサートへの出演が多い。自身で作詞、作曲なども行う。
  • 7歳年上の姉がいる。
  • 虫がとても苦手で、『牙狼-GARO-』の地方ロケで山やお寺などで撮影を行った時に自分の方向に飛んできて怖がったことがある。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

PV[編集]

ラジオドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]

インターネット[編集]

  • 極上弾き語りスナック「スナック ラ♪ラ♪ラ」(2012年2月 - 12月、ニコニコ動画生放送)
  • 生放送「春日町LaLaハウス」(2016年8月 - 12月、ニコニコ動画生放送)[2][3]
  • マクアイドラマ「『It's a small world』第1話 チョコミント」、「『It's a small world』第9話 ウイルス」(2020年、Youtube、マクアイチャンネル)[4]

バラエティ・その他[編集]

  • 世界ウルルン滞在記 「海を渡るトナカイの群れに… 小西大樹が出会った」(2006年11月5日、TBS)
  • イケメン・駅弁デート 「江ノ島電鉄 藤沢〜鎌倉」(2008年1月26日、フジテレビ)
  • こんなステキなにっぽんが 「古本の街に生きて 〜東京千代田区〜」(2008年5月18日、NHKハイビジョン 他)
  • アジアンスマイル 「香港 幸せ フォトグラフ」(2008年9月28日、NHK BS1) - ナレーション
  • キラキラACTORS TV(2008年11月8日、BS11デジタル)
  • 戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜 うつけバー「NOBU」、ファイナルシーズン、NOBUママ/信長役、戦国武将がよく来るキャバクラ第11回 高山右近役、戦国にほえろ!、浜さん役(2010年4月6日 - 、独立U局

舞台[編集]

  • リーディングドラマ「シスター」(2017年3月11日、サンケイホールブリーゼ/5月8,9日、CBGKシブゲキ!!)
  • 魔都夜曲(2017年7月7日 - 29日、Bunkamuraシアターコクーン/8月5,6日、刈谷市総合文化センター・アイリス/8月9日 - 13日、サンケイホールブリーゼ) - 周志強(チョウ・チーチャン) 役
  • Japanese Musical「魏伝写楽2018」(2018年1月12日 - 28日、東京芸術劇場プレイハウス/2月3,4日、久留米シティプラザ ザ・グランドホール/2月7日、日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール/2月10日 - 12日、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール) - 喜多川歌麿 役
  • 黒澤明 没後20年記念作品「ミュージカル 生きる」(2018年10月8日 - 28日、TBS赤坂ACTシアター) - 小説家 役
  • ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812(2019年1月5日 - 27日、東京芸術劇場プレイハウス) - アナトール 役
  • オリエント急行殺人事件(2019年7月26日 - 8月18日、森ノ宮ピロティホール、ウインクあいち 大ホール、サンシャイン劇場) - エルキュール・ポアロ役
  • 大嶋吾郎LIVE2020「音楽と朗読」(2019年11月11・12日、天王洲アイルKIWA)- ゲスト朗読[11]
  • ミュージカル「フランケンシュタイン」(2020年1月8日 ‐ 30日、日生劇場/2月14日 ‐ 16日、愛知県芸術劇場大ホール/2月20日 ‐ 24日、梅田芸術劇場メインホール) - アンリ・デュプレ / 怪物 役[12]
  • ミュージカル「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」(2020年4月7日 - 29日、日生劇場/5月14 - 18日、オリックス劇場)- ファラオ役 *中止 [13]
  • 「ある馬の物語」(2020年6月17日 ‐ 7月12日、世田谷パブリックシアター)‐ 美の象徴ともいえる存在役 *中止 [14][15]
  • STAGE GATE VR シアター vol.1 「Defiled-ディファイルド-」(2020年7月1日 ‐ 8月2日、DDD青山クロスシアター)- ハリー/ブライアン 役※役替わり[16]
  • 黒澤明生誕110年記念作品「ミュージカル 生きる」(2020年10月9日 - 28日、日生劇場/11月2・3日、オーバードホール/11月13・14日兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール/11月21・22日、久留米シティプラザ ザ・グランドホール/11月28日 - 30日、御園座)- 小説家役[17]
  • ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」(2021年1月11日 - 26日、梅田芸術劇場メインホール/2月3日 - 17日、東京国際フォーラム ホールC/2月23日 - 28日、御園座)- フランク・ポーツネル男爵役[18]
  • ミュージカル「GOYA」(2021年4月、日生劇場/5月、御園座)- サパテール(ゴヤの親友)役[19]

ライブ[編集]

  • Ryosei Konishi First Live with Joy(2011年1月21日、DUO MUSIC EXCHANGE)
  • Ryosei Konishi 2nd Live“make smile”(2011年7月6日、赤坂BLITZ
  • 2011 countdown MINI LIVE & TALK SHOW(2011年12月28日、赤坂BLITZ)
  • KONISHI RYOSEI MINI LIVE & TALK EVENT in OSAKA(2012年1月28日、梅田AKASO)
  • KONISHI RYOSEI MINI LIVE & TALK EVENT in NAGOYA(2012年1月29日、ボトムライン
  • 夏だ♪まつりだ♪六本木♪スナックラ♪ラ♪ライブ@ニコファーレ(2012年8月13-14日、六本木ニコファーレ)
  • ACTORS VOICE(2012年12月2日・5日、SHIBUYA-AX/なんばハッチ
  • 小西遼生 BIRTHDAY LIVE 2014 (2014年2月17日、原宿・Music Restaurant La Donna)
  • 小西遼生ライブ@Music Restaurant La Donna『LIFE』(2014年4月27日、原宿・Music Restaurant La Donna)
  • 小西遼生×小坂明子 with A.NOTES Live『男と女』(2014年9月23日、目黒・BLUES ALLEY JAPAN、12月27・28日、大阪高槻・MUSIC SQUARE 1624 TENJIN)
  • 小西遼生ライブ@Music Restaurant La Donna『cinema』(2014年10月14日、原宿・Music Restaurant La Donna)
  • 小西遼生 BIRTHDAY LIVE 2015@Music Restaurant La Donna(2015年2月8・11日、原宿・Music Restaurant La Donna)
  • 小西遼生ライブ(2015年7月19・21・23日、原宿・Music Restaurant La Donna/7月24・25日、大阪高槻・MUSIC SQUARE 1624 TENJIN)
  • 小西遼生 Birthday LIVE 2017 (2017年2月19日、名古屋ブルーノート/2月20日、ビルボードライブ大阪)
  • 小西遼生『飛魚』Release Anniversary LIVE in Tokyo (2018年8月10・11日、恵比寿 ザ・ガーデンルーム)
  • 小西遼生 弾き語りLIVE 2018 “原音” (2018年11月3日、福岡 LIV LABO/11月10日、仙台STYLUS/11日18日、e+ LIVING ROOM CAFE & DINING/11月22・23日、大阪 GARDEN LOUNGE)
  • 小西遼生 Birthday LIVE 2019(2019年2月17日、横浜 LANDMARK HALL)
  • Broadcasting LIVE 「MUSEUM vol.2-FLOWERS-」(2020年6月21日、無観客配信)[20]
  • KONISHI RYOSEI Broadcasting LIVE 2020 SUMMER 「LIVING-夏の心音-」(2020年8月14日,15日、無観客配信)[21]
  • KONISHI RYOSEI Broadcasting LIVE 2020 「Bittersweet Xmas」(2020年12月25日、無観客配信)[22]

作品[編集]

写真集[編集]

DVD[編集]

  • DOOR(2011年8月)

CD[編集]

  • NOSTALOGIC(2011年12月)
  • Original Mini Album『飛魚』(2018年7月)
  • 『空想改革 -KONISHI RYOSEI LIVE 2019-』(2020年1月)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 小西遼生”. 株式会社キューブ オフィシャルサイト. 2015年9月1日閲覧。
  2. ^ 小西遼生『新番組 春日町LaLaハウス』” (日本語). 小西遼生オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2020年12月14日閲覧。
  3. ^ 小西遼生『温かハウス』” (日本語). 小西遼生オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2020年12月14日閲覧。
  4. ^ マクアイチャンネル - YouTube”. www.youtube.com. 2020年12月14日閲覧。
  5. ^ MMV:リアルステージ「HUNTER×HUNTER」”. www.marv.jp. 2020年12月14日閲覧。
  6. ^ スリル・ミー2013年3月公演スタッフブログ”. ameblo.jp. 2020年12月14日閲覧。
  7. ^ 公演情報. “ミュージカル『ブラック メリー ポピンズ』 | 世田谷パブリックシアター/シアタートラム”. setagaya-pt.jp. 2020年12月14日閲覧。
  8. ^ ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」オフィシャルサイト” (日本語). ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」オフィシャルサイト. 2020年12月14日閲覧。
  9. ^ 中川翔子、初舞台でヒロイン抜てき「決まった瞬間から緊張」”. ORICON STYLE (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  10. ^ 「フランケンシュタイン」中川晃教と柿澤勇人のWキャストで17年1月上演”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  11. ^ 大嶋吾郎LIVE2019『音楽と朗読』ゲスト出演”. 小西遼生 OFFICIAL WEBSITE. 2020年12月14日閲覧。
  12. ^ 日生劇場『フランケンシュタイン』”. www.tohostage.com. 2020年12月14日閲覧。
  13. ^ ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』オフィシャルホームページ | キャスト紹介やチケット情報など” (日本語). www.josephthemusical.jp. 2020年12月14日閲覧。
  14. ^ 白井晃演出『ある馬の物語』2020年6~7月上演決定!” (日本語). 世田谷パブリックシアター. 2020年12月14日閲覧。
  15. ^ 『ある馬の物語』ビジュアルを公開!” (日本語). 世田谷パブリックシアター. 2020年12月14日閲覧。
  16. ^ STAGE GATE VRシアター『Defiled-ディファイルド-』公式ホームページ/ 公演日程・チケット情報など” (日本語). stagegate-vr.jp. 2020年12月14日閲覧。
  17. ^ 黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』公式サイト” (日本語). 『ミュージカル 生きる』公式サイト. 2020年12月14日閲覧。
  18. ^ ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』|梅田芸術劇場”. www.umegei.com. 2020年12月14日閲覧。
  19. ^ GOYA ゴヤ | 公式サイト” (日本語). GOYA ゴヤ | 公式サイト. 2020年12月14日閲覧。
  20. ^ Broadcasting LIVE 「MUSEUM vol.2 -FLOWERS-」”. 小西遼生 OFFICIAL WEBSITE. 2020年12月14日閲覧。
  21. ^ KONISHI RYOSEI Broadcasting LIVE 2020 SUMMER 「LIVING-夏の心音-」”. 小西遼生 OFFICIAL WEBSITE. 2020年12月14日閲覧。
  22. ^ KONISHI RYOSEI Broadcasting LIVE 2020 「Bittersweet Xmas」”. 小西遼生 OFFICIAL WEBSITE. 2020年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]