東京少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東京少女』(とうきょうしょうじょ)は、BS-i(現・BS-TBS)で放送されたオムニバス形式のテレビドラマシリーズ。現在はCS放送のTBSチャンネルにて(連続ドラマ)及び(セピア編)が深夜帯にて不定期に放送されている。数か月の間に一度、一つの作品分が集中放送され、作品によってはメイキングが同時期に放送される。 プロデューサーは同局の『ケータイ刑事 銭形シリーズ』『恋する日曜日』を手がける丹羽多聞アンドリウで、他の作品と同様に若手女優の登竜門となっている。

2008年2月に劇場公開作品として、堀北真希主演の『東京少年』と夏帆主演の『東京少女』が公開された。

概要[編集]

最初に2003年 - 2004年にかけて、BS-i・BSフジの共同製作で「68 FILMS」の作品として、2006年10月からは、BS-iの製作で「ショートフィルム道」の作品として、さらに2007年から2008年には、BS-iで「セピア編」が製作され、その一部はTBSで先行放送された。2008年4月から2009年3月までは毎月1人ずつ、若手女優が1話完結のドラマに主演し、タイトルにも「東京少女○○○○」と主演女優の名前が冠される。

68 FILMS[編集]

  1. 東京タワー少女 出演:栗田梨子 監督・脚本:豊島圭介
  2. 寄生木 YADORIGI 出演:宮崎あおい西島秀俊 監督:高田弘隆 脚本:渡邉睦月
  3. ライ麦畑でつかまえてでつかまえて 出演:大場麻未諏訪太朗 監督・脚本:武義
  4. 東京危機一髪 出演:多部未華子森下能幸 監督・脚本:山本淳一
  5. 彼女の告白 出演:岡田めぐみ野添義弘佐藤友紀 監督:古田亘 原作:石川雅之
  6. 臭いものには蓋の日 出演:小出早織ふせえり緋田康人 監督・脚本:三木聡
  7. 東京防衛少女紅子 出演:辻美里 監督・脚本:安藤尋
  8. それっきりだった 出演:黒川芽以武田航平 監督・脚本:古厩智之
  9. 原っぱ 出演:堀北真希小栗旬 監督・脚本:古厩智之

ショートフィルム道[編集]

  1. 東京変身少女 出演:北乃きい諏訪太朗志保滝本ゆに植岡喜晴 監督:篠崎誠 脚本:瀬田なつき村越繁
  2. 眺める少女 出演:夏帆石田卓也岡田将生佐藤友紀 監督:髙成麻畝子 脚本:いずみ吉紘
  3. 回転少女 出演:秋山奈々藤沢大悟武重裕子 監督:井上雄介 脚本:いずみ吉紘
  4. ヤドカリ少女 出演:桐谷美玲細田よしひこ水落日加里 監督:井口昇 脚本:中邨武尊
  5. 西東京タワー少女 出演:渡部悠松川新内浦純一今井祐子 監督:村上賢司 脚本:吉田啓子、村上賢司
  6. TOKYOかしましガールズ 出演:大政絢竹内千尋 監督・脚本:保坂大輔

30分の放送枠のうち、前半が本編で、後半がそのメイキングという構成からなる。

セピア編[編集]

  1. 麻婆少女 出演:山下リオ戸田昌宏 監督:廣木隆一 脚本:いずみ吉紘
  2. 新聞少女 出演:岡本杏理佐野和真川上瑛生 監督:和島香太郎 脚本:ブラジリィー・アン・山田
  3. さよなら少女 出演:水沢エレナ橋本淳賀来賢人 監督:古厩智之 脚本:いずみ吉紘
  4. 疾走少女 出演:瓜生美咲渡邉洋介 監督:熊切和嘉 脚本:宇治田隆史
  5. 入れ替わり少女 出演:草刈麻有小沢仁志 監督:篠崎誠 脚本:加藤淳也
  6. 古都少女 出演:小出早織白江美佳古長英治 監督:加藤新 脚本:加藤淳也

TBS先行放送分[編集]

  • 入れ替わり少女
  • 麻婆少女

連続ドラマ[編集]

  • 放送時間:土曜日23:00 - 23:30(JST
  • 放送期間:2008年4月5日 - 2009年3月27日

放送リスト[編集]

補足[編集]

この番組枠のスポンサーであるNTTドコモが2008年5月にロゴマークをリニューアルしたのに伴い、NTTドコモの提供コメントが第5回(2008年5月3日)まで「バージョンアップ!進化するDoCoMoグループ」だったのが、第6回(同年5月10日)から「手のひらに、明日をのせて。docomo」に改められた。

映画版[編集]

東京少年[編集]

東京少年
監督 平野俊一
脚本 渡邉睦月
出演者 堀北真希石田卓也草村礼子平田満
音楽 遠藤浩二
主題歌 浜田真理子「LOVE SONG」
製作会社 2008東京少年製作委員会(BS-iTCエンタテインメント
配給 エム・エフボックス
公開 日本の旗 2008年2月2日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

(2008年2月2日公開、CinemaDrive)

あらすじ[編集]

幼い頃に両親を亡くしたみなとには何でも話せる文通相手の゙ナイドがいた。でも、彼のことは顔を見たことも無ければ、同い年の「男の子」ということ以外は何も知らない。みなとはバイト先で浪人生のシュウに出会い、ナイトへの手紙で「好きな人ができた」と告白する。シュウと始めてのデートの最中、みなとは突然意識を失ってしまう。

二重人格の少女に巻き起こる゙絶対に報われない恋゙を描く究極のラブストーリー。

東京少女[編集]

東京少女
監督 小中和哉
脚本 林誠人
出演者 夏帆佐野和真福永マリカ近藤芳正秋本奈緒美
音楽 遠藤浩二
主題歌 鈴木佐江子「aitai」
製作会社 2008東京少女製作委員会(BS-iTCエンタテインメント
配給 エム・エフボックス
公開 日本の旗 2008年2月23日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

(2008年2月23日公開、CinemaDrive)

第13回 釜山国際映画祭特別招待作品。

あらすじ[編集]

地震のはずみで、少女が持っていた携帯電話が時空を超えて、明治時代の青年の手に渡る。少女は母親の再婚に悩み、青年は作家を目指して奮闘する日々を送っていた。紛失した携帯に少女が電話してみると、青年と電話がつながった。何度か話しているうちに月の出ている間だけ電話がつながることに気づき、昼間も月の出ている日に、現代の東京と明治の東京の同じ場所で電話デートをし、明治から続く銀座の老舗店を使って、少女は青年から100年越しの贈り物を受け取る。少女は青年にいつしか魅かれていき、青年の不運な運命を変えようとするが、青年は運命を全うする覚悟を少女に告げる。恋を知って成長する少女の姿を描く物語。

ノベライズ[編集]

  • 「東京少年」・「東京少女」(2007年11月8日刊)
  • 「初恋ダッシュ。 東京少女1」(2008年5月2日刊)
  • 「好きといえない 東京少女2」(2008年6月4日刊)
  • 「恋より大切なこと 東京少女3」(2008年7月11日刊)
  • 「さみしい夜、私は大声ででたらめな歌を唄う。 東京少女4」(2008年8月7日刊)
  • 「台所のすみで、わずかに漏れる泣き声を聞く。 東京少女5」(2008年9月3日刊)
  • 「叶わぬ恋。それでも私は、頑張ったのです。 東京少女6」(2008年10月1日刊)

版元:泰文堂

外部リンク[編集]

BS-i/BS-TBS 土曜23:00 - 23:30枠(NTTDoCoMo提供枠)
前番組 番組名 次番組
東京少女
恋とオシャレと男のコ
※次作よりBS-TBSに社名変更