水木しげるのゲゲゲの怪談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
水木しげるのゲゲゲの怪談
ジャンル テレビドラマ
放送時間 15:00 - 17:00
放送期間 2013年8月31日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ(制作)
ViViA(制作著作)
企画 加藤達也
原作 水木しげる
プロデューサー 阪本明(ViViA)
岩下英雅(ViViA)
出演者 語り手・森川葵島田敏
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク フジテレビ
テンプレートを表示

水木しげるのゲゲゲの怪談』(みずきしげるのゲゲゲのかいだん)は、フジテレビ2013年8月31日に夏休み特別企画として放送されたテレビドラマ水木しげる原作の短編漫画から、『砂かけばばあ』『不死鳥を飼う男』『妖怪枕返し』『永仁の壺』の全4編を昭和の世界観で実写映像化したオムニバスドラマであり、各編を繋ぐ語り手を『ゲゲゲの鬼太郎』の猫娘目玉おやじが担当している。

当初は、2013年8月13日の19:00〜20:54(「カスペ!」・全国ネット)にて放送する予定だった。しかし、諸事情により別特番(「消えた犯人逮捕の決定的瞬間」)に差し替えられ放送延期になっていた上で、予定を変更し関東ローカルのみの放送になった。

スタッフ[編集]

各話概要[編集]

書誌情報は比較的入手しやすいものを記載。

砂かけばばあ[編集]

原作
あらすじ

映画スターに憧れる山谷拓二は、ある日飲み屋で出会った謎の男から、ばばあの噂を聞く。後日、山谷は、砂かけばばあに会い、ある約束を条件に絶世の美男子にしてもらうのだが…。

出演
スタッフ

妖怪枕返し[編集]

原作
あらすじ

勤務先の会社社長令嬢の麗華と交際していた山田の趣味は、夢を見ること。山田の会社では、出世を目論む部長・課長・係長の3人がおり、麗華と係長を恋仲にして派閥争いを制しようとしていたが、麗華と山田の交際を知った部長は、山田には裏があるはずだと疑い、人の運命を180度変えるといわれる“妖怪・枕返し”を呼ぶ。

出演
スタッフ

不死鳥を飼う男[編集]

原作
  • 初出 - 『黒のマガジン(5)』(東考社)1963年刊行の貸本漫画誌
※1966年に『別冊少年キング』掲載の「鳥かご」としてリメイク。
  • 書誌情報 - 『怪奇 貸本名作選 不死鳥を飼う男・猫又』(ホーム社漫画文庫)、ISBN 978-4-8342-7412-7
あらすじ

売れないミステリー作家・尾崎落葉が帰宅すると、妻・絹代が大量の札束を持っていた。大金を見返りに、謎の男・牧野杢太郎が、落葉の仕事部屋を貸すことにしたという。怒った落葉が部屋に行くと、牧野の側には怪しい鳥カゴが置かれていた。

出演
スタッフ

永仁の壺[編集]

原作
  • 初出 - 『恐怖マガジン(1)』(エンゼル文庫)1960年刊行の貸本漫画誌
※1970年に『漫画アクション』連載の『河童シリーズ』の一編「髪様の壺」としてリメイク。
  • 書誌情報 - 『恐怖 貸本名作選 墓をほる男・手袋の怪』(ホーム社漫画文庫)、ISBN 978-4-8342-7413-4
eBookJapanから電子書籍が配信されている。
あらすじ

園田美也子は、医者から入院中の息子の命が危ないと知らされる。ある日、夫・史郎から、生命の水が湧き出る永仁の壺の伝説を聞く。美也子は、息子の命を救う為、壺を探す旅に出る。

出演
スタッフ

備考[編集]

  • ゲゲゲの鬼太郎』第1作目から目玉おやじの声を担当していた田の中勇の死去により、島田敏が声を担当している。なお、島田は2012年夏に「みなとさかい交流館」にオープンした「妖怪の森」で初めて代役を務めている[1]
  • LiLiCoは演技に向いていないと考えて演技の仕事は断っていたが、今回演じる役が「砂かけばばあ」と知って快諾したという[2]
  • 貸本時代から水木ファンの佐野史郎は、以前から「水木しげる劇場」というような水木作品の実写化を望んでおり、今回出演した『不死鳥を飼う男』の雑誌リメイク版『鳥かご』を含めた企画書を作ったことがある[3]

脚注[編集]

  1. ^ ゲゲゲかわら版”. 『ゲゲゲの鬼太郎』のスタッフによる公式ブログ. 東映アニメーション. 2013年8月31日閲覧。
  2. ^ 放送日決定!!あなたをゲゲゲの妖怪世界へといざなう…『水木しげるのゲゲゲの怪談』”. とれたてフジテレビ. フジテレビ. 2013年8月31日閲覧。
  3. ^ 『妖怪まんだら 水木しげるの世界』 世界文化社2010年、51頁。ISBN 978-4-418-10121-4

参考文献[編集]

  • 「水木しげる作品リスト」『別冊新評 水木しげるの世界』 新評社、1980年
  • 山口信二 『水木しげる貸本漫画のすべて』 YMブックス2007年ISBN 978-4-903548-08-1

外部リンク[編集]