水木悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みずき えつこ
水木 悦子
生誕 (1966-12-24) 1966年12月24日(52歳)

水木 悦子(みずき えつこ、1966年12月24日 - )は、エッセイスト、水木プロダクション社員。本名は武良 悦子(むら えつこ)。東京都出身。父は漫画家水木しげる、母は武良布枝

概要[編集]

1966年に水木しげるの次女として生まれる。誕生日は姉・尚子と同じ12月24日。幼少の頃から水木しげるの漫画作品に度々登場している。

短大卒業後に水木プロ入社。父・水木しげるを公私ともに支えており、ニューギニア、イースター島、西アフリカなど海外への取材旅行にもほぼ同行している。当初はメディアにも本名で活動していた。

2003年にやのまんからの依頼がきっかけでエッセイの執筆を始める[1]。それに伴い父と水木プロに合わせて「水木悦子」と名義を変えて活動する。

連載[編集]

  • お父ちゃんと私(やのまん『ようかいどうかわらばん』、2003年 - 2007年)
  • お父ちゃんとわたし(角川書店『怪』、2009年 - 2010年)
  • ゲゲゲの娘日記(角川書店『怪』、2010年 - )
  • お父ちゃんのきょーいく論(共同通信での月1回連載。地方紙に掲載 2015年1月 - )

著書[編集]

  • 『お父ちゃんと私―父・水木しげるとのゲゲゲな日常』やのまん、2008年3月。ISBN 978-4-903548-11-1
    • 『お父ちゃんのゲゲゲな毎日』新潮社〈新潮文庫〉、2011年1月。ISBN 978-4-10-134680-9
  • 水木悦子、手塚るみ子赤塚りえ子『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』文藝春秋、2010年2月。ISBN 978-4-16-372050-0
    • 水木悦子、赤塚りえ子、手塚るみ子『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』文藝春秋〈文春文庫〉、2012年5月。ISBN 978-4-16-780194-6
  • 『ゲゲゲの娘日記』KADOKAWA〈怪BOOKS〉、2017年11月。ISBN 978-4-04-106355-2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『お父ちゃんと私』(やのまん、2008年)「はじめに」参考。

参考文献[編集]

  • 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』新潮文庫、2010年4月。ISBN 978-4-10-102216-1

外部リンク[編集]