大森研一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおもり けんいち
大森 研一
生年月日 (1975-05-23) 1975年5月23日(43歳)
出生地 日本の旗 愛媛県伊予郡砥部町
職業 映画監督映像作家脚本家
事務所 ウサギマル
公式サイト http://usa.boy.jp/
主な作品
瀬戸内海賊物語』『ライトノベルの楽しい書き方』『星の降る丘

大森 研一(おおもり けんいち、1975年 - )は、愛媛県砥部町出身[1]映画監督映像作家脚本家大阪芸術大学卒。香川大学大学院非常勤講師、砥部焼観光大使(愛媛県砥部町)、伊達なうわじま観光大使(愛媛県宇和島市)、三原アンバサダー(広島県三原市)、合同会社ウサギマル代表。

人物[編集]

国内映画祭で多数の受賞歴を持つ。 初の商業用長編映画ライトノベルの楽しい書き方』(監督・脚本)は、東京・池袋テアトルダイヤほか全国で公開。小規模封切りにもかかわらず王様のブランチミニシアターランキング全国3位、ぴあ初日満足度ランキングでは全国6位を記録し7週間ロングラン上映となり、DVDオリコンチャートにおいては販売デイリーランキング映画総合において全国1位を記録した。 またエンジェルロード脚本賞においてグランプリを受賞し制作した『瀬戸内海賊物語』配給:松竹(2014)においては千人規模のオーディションがおこなわれ、当時は演技未経験であった葵わかなを主要キャストとして選出している。本田望結初主演による映画『ポプラの秋』(2015)、『海すずめ』(2016)、『やっさだるマン』(2018)に続き、『ふたつの昨日と僕の未来』の公開を控えるなど、その演出・脚本力については非常に高い評価を受けている。

監督作品[編集]

長編映画[編集]

テレビドラマ[編集]

短編映画[編集]

TV番組[編集]

MV[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

執筆・原案[編集]

ほか[編集]

国際映画祭[編集]

国内映画祭[編集]

[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]