アートポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社アートポート
Art Port Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0011
東京都渋谷区1-2-23 MAビル[1]
設立 1990年10月[1]
業種 情報・通信業
法人番号 5011001038255
事業内容 映像、音楽の企画、製作、配布、販売等
代表者 代表取締役社長 松下順一[1]
資本金 1億円(2014年)[1]
従業員数 46人(2008年6月)[1]
主要子会社 株式会社円谷エンターテインメント
アートポートインベスト株式会社
株式会社娯楽TV
株式会社ラファン
外部リンク http://www.artport.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アートポート(Art Port Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く、映画製作配給会社。

概要[編集]

1986年に創業した「松下エージェンシー」の映像制作部を分社化する形で、1990年10月に「松下プロモーション」として設立。主に若年男性向けの映画製作、配給、ソフト販売を手がける[2]邦画の製作や洋画の買い付けなど映画ビジネスを全般的に取り扱うほか[3]ブルース・リー主演作品の買い付け、香港映画の製作などアジア中心に海外を基盤とした事業を行っている[4]。また、俳優養成所(アートポートアクターズ・クラブ)の運営[5]、子会社「アートポートインベスト」にて不動産事業も展開している[6]

2004年1月に映像制作会社「円谷映像」から5億5000万円[7]事業を譲り受け、子会社「円谷エンターテインメント」を設立[4]。従来円谷映像が得意としていた子供向けの映像製作ノウハウを吸収することや、先述の俳優養成所の受講生を円谷エンターテインメント製作作品に出演させることなどで収益力を高めるとしていた[2]

歴史[編集]

  • 1986年 - 株式会社松下エージェンシーを創業。
  • 1990年10月 - 映像制作部を分社化し、株式会社松下プロモーションを設立。
  • 1998年2月 - 株式会社アートポートへ社名変更。
  • 2004年1月 - 株式会社円谷映像から事業譲渡、子会社として株式会社円谷エンターテインメントを設立。
  • 2013年 - 不動産事業部を分社化し、アートポート不動産株式会社を設立。
  • 2015年 - アートポート不動産をアートポートインベスト株式会社へ社名変更。

主な製作映画[編集]

訴訟[編集]

2007年12月、円谷映像から事業譲渡する際の説明内容に虚偽があったとして、アートポートは当時円谷映像の代表取締役であった円谷粲に対し、譲渡金相当額の損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起した。円谷粲は当時円谷プロダクションの取締役副社長でもあったことから、円谷プロに対しても使用者責任に基づく損害賠償を求めた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 会社概要” (日本語). アートポート. 2016年5月1日閲覧。
  2. ^ a b アートポート、円谷映像を傘下に―子供向け番組制作強化” (日本語). アートポート (2004年1月14日). 2004年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月17日閲覧。元記事は『日本経済新聞』、2004年1月14日付、朝刊16面 - 日経テレコンにて閲覧。
  3. ^ 石村幸司 『シャトル日記 琵琶湖のほとりで接客中!』 キネマ旬報社2007年、18頁。ISBN 978-4-87376-298-2
  4. ^ a b 営業譲受け及び子会社設立に関するお知らせ” (日本語). アートポート (2004年1月14日). 2004年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月17日閲覧。
  5. ^ アートポートアクターズ・クラブ
  6. ^ アートポートインベスト株式会社
  7. ^ a b 当社子会社に対する訴訟の提起に関するお知らせ (PDF)”. ティー・ワイ・オー (2008年1月18日). 2012年1月17日閲覧。
  8. ^ 青春Hシリーズ総合サイト

外部リンク[編集]