刺青 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
刺青
The Tattooer
著者 谷崎潤一郎
イラスト 装幀:橋口五葉
発行日 1911年12月
発行元 籾山書店
ジャンル 短編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
公式サイト [2]
コード NCID BN12463169
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

刺青』(しせい)は、谷崎潤一郎短編小説。谷崎本人が処女作だとしている短編で[1]皮膚に対するフェティシズムと、それに溺れる男の性的倒錯など、その後の谷崎作品に共通するモチーフが見られる初期の作品である[2]1910年(明治43年)11月、同人誌の第二次『新思潮』第3号に掲載された[2]。単行本は、翌1911年(明治44年)12月に籾山書店より刊行された[3]

あらすじ[編集]

「世の中が今のように激しく軋みあわない時分」、多くの人々が刺青をしてその意匠を比べ合っていた中に、清吉という、元浮世絵職人の彫り師がいた。清吉は美女の体に己の魂を彫り込みたいという宿願を持っていたが、満足する女を見つけられずに過ごしていた。そんな中、駕籠から女の美しい白い足がこぼれているのを見て、清吉はこれぞ自分の求めていた女だと確信した。

清吉は、「この絵にはお前の心が映って居る」と言いながら、処刑される男を眺めるが描かれた画幅を見せ、さらに男たちの屍骸に魅せられる若い女を描いた「肥料」と題する画幅も見せた。怯える娘を麻酔で眠らせた清吉は、彼女の肌に巨大な女郎蜘蛛の刺青を彫っていった。

麻酔から覚めた娘は魔性の女に変身し、鋭い眼を輝かせ、「お前さんは真っ先に私の肥料になったんだねえ」と清吉に言った。そして帰る前に清吉に促されて、もろ肌ぬいだその燦爛たる背中を朝日に輝かせた。

映画[編集]

刺青 (1966)[編集]

1966年1月15日公開。大映製作。86分。

読みは「いれずみ」[4]

刺青 IREZUMI (1984)[編集]

1984年公開。にっかつ製作。

現代劇に翻案されている。

刺青 SI-SEI (2005)[編集]

2005年公開。アートポート製作。

現代劇に翻案されている。

刺青 堕ちた女郎蜘蛛 (2007)[編集]

2007年公開。アートポート製作。

現代劇に翻案されている。

刺青 背負う女 (2009)[編集]

2009年6月6日公開。

刺青 匂ひ月のごとく (2009)[編集]

2009年6月27日公開。

テレビドラマ「刺青・魔性の秘密」(1988)[編集]

谷崎の2つの短編、本作『刺青』と『秘密』とを原作とする。

テレビ東京月曜・女のサスペンス』にて「文豪シリーズ」の一編として、1988年10月17日に放映された。54分枠単発。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 河盛好蔵「解説」(刺青・文庫 1994, pp. 269-273)
  2. ^ a b 「谷崎潤一郎作品案内」(夢ムック 2015, pp. 245-261)
  3. ^ 「主要著作目録」(アルバム谷崎 1985, p. 111)
  4. ^ [1]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]