新思潮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『新思潮』(第1次)創刊号の表紙

新思潮(しんしちょう)は、日本文芸雑誌である。『帝国文学』に対抗して1907年明治40年)小山内薫が創刊したが振るわず挫折。以後、帝大生により復活され、東京大学東京帝国大学)系の同人誌として後に続いた。特に第3次-第4次新思潮の同人菊池寛芥川龍之介久米正雄松岡讓らを新思潮派といい、大正文学の一つの拠点になった。新思潮の名は前任者の了解を取れば誰でも使用する事が出来た。

沿革[編集]

  • 第1次(1907-1908年)
小山内の編集により総合的な文芸雑誌として創刊。資金は小山内の知人の援助による。チェーホフの翻訳やイプセン研究会の記録(藤村花袋らが参加)などを掲載。6号まで刊行。
  • 第2次(1910-1911年)
谷崎潤一郎和辻哲郎芦田均木村荘太後藤末雄大貫晶川、小泉鉄らが参加。谷崎はデビュー作「誕生」や出世作「刺青」などを発表。小山内が創刊号に小説を寄稿。実態は東大の学生だった谷崎らの同人誌で、有名な『新思潮』の名を借りたようなもの。芦田によるアナトール・フランスの短篇小説の翻訳が原因で発売禁止処分を受け、財政難で終焉を迎える。
  • 第3次(1914年)
久米正雄松岡譲豊島与志雄山本有三らが活躍。小山内が創刊号に評論を寄稿。芥川龍之介(筆名:柳川隆之助)も翻訳などで参加、近衛文麿や井川恭(恒藤恭)もアイルランド出身作家の作品を翻訳。ほかに成瀬正一土屋文明佐野文夫藤森成吉菊池寛。久米が劇作家として、豊島が小説家として世に出た。
  • 第4次(1916-1917年)
成瀬正一、久米正雄、菊池寛、芥川龍之介、松岡譲が参加。創刊号に掲載された芥川の「」が夏目漱石に激賞され、久米、芥川が小説家として世に出た。
  • 第5次(1918-1919年)
中戸川吉二佐治祐吉福田悌夫村松正俊、亘理正。
  • 第6次(1921年-)
川端康成今東光鈴木彦次郎石浜金作酒井真人らが参加。のち『文藝時代』に発展する。
  • 第7次(1924年)
大宅壮一飯島正湯地孝浅野晃手塚富雄小方庸正らが参加。
  • 第8次(1925年)
秋山六郎兵衛、手塚富雄ら。
  • 第9次(1925-1929年)
雅川滉(成瀬正勝)、深田久弥小林勝青江舜二郎ら。
  • 第10次(1929-1930年)
第9次の雅川、深田、小林、青江に加え、福田清人那須辰造一戸務が参加し、1929年5月号から第10次とする。雅川が『文芸都市』、深田が『文学』、小林がP.C.L.脚本部へと分散し、1年ほどで終了。福岡高等学校出身の福田、那須、浦和高等学校出身の一戸が入り、一高系という伝統は崩れた。
小島輝正堤重久山下肇平田次三郎ら。
  • 第14次(1947-1948年)
中井英夫吉行淳之介嶋中鵬二
  • 第15次(1950-1958年)
旧制高知高校同窓の三浦朱門阪田寛夫・荒本孝一によって1950年に創刊。翌年に東大独文のグループの能島廉・林玉樹・村上兵衛らや、久慈宏一、臼井吉見の紹介により曽野綾子が参加。その後も岡谷公二村島健一の紹介により竹島茂、原春雄、有吉佐和子梶山季之らが参加。また阿川弘之奥野健男も関わっている。雑誌『新潮』で、同人誌推薦作としての作品掲載もあった。また1957年に芥川賞推薦の一票を得た。有吉、曽野は同時期の原田康子と並べて「才女の時代」とも称された。1958年まで17号を発行した。作品集として『愛と死と青春と』(徳間書店、噂発行所、1972)がある。
  • 第16次(1961-1964年)
磯田光一小野二郎近藤耕人柘植光彦蟻二郎中井多津夫らが晶文社を版元として刊行した。
  • 第17次(1964-1967年)
1号(1964.10) - 6号(1967.8)晶文社版。 柘植光彦を中心に数名が同人として参加。野口武彦金鶴泳郷正文元吉瑞枝矢島輝夫が加わる。
  • 第18次(1969-1970年)
  • 第19次(1976-1979年)
東大の学生を中心に5号続いた。沼野充義(道吉昭治)、松浦寿輝川崎賢子澤井繁男、木下渉、藤田衆らが参加した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 高見順『昭和文学盛衰史』講談社 1965年
  • 梶山季之『愛と死と青春と 第十五次「新思潮」自選集』噂発行所 徳間書店 1972年
  • 大村彦次郎『文壇挽歌物語』筑摩書房 2011年