帝国文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帝国文学』(正字: 帝國文學、ていこくぶんがく)は、かつて存在した日本学術文芸雑誌。1895年創刊。帝国文学会よ機関紙。

概要[編集]

1895年1月 - 1917年2月、1917年10月 - 1920年1月、計296冊発行された。東京帝国大学文科大学(後に文学部)関係者の井上哲次郎上田萬年高山樗牛上田敏らが組織した文学団体「帝国文学会」の機関誌である[1]日本文学の個性を主張することに重点を置いた雑誌であった。

夏目漱石の『倫敦塔』や芥川龍之介の『羅生門』、山本有三の『津村教授』などの文学作品が掲載された。『三田文学』や『早稲田文学』などの雑誌と対抗した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]