桑原隲蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑原 隲蔵
(くわばら じつぞう)
桑原隲蔵.jpg
生誕 (1871-01-27) 1871年1月27日
日本の旗 日本福井県敦賀市
死没 (1931-05-24) 1931年5月24日(60歳没)
日本の旗 日本京都府京都市
国籍 日本の旗
研究分野 東洋史
東西交渉史
研究機関 京都大学
出身校 帝国大学学士修士博士
主な指導学生 宮崎市定
主な業績 『中等東洋史』
京都派東洋史
影響を
受けた人物
坂口昂[1]
影響を
与えた人物
有高厳[2]
主な受賞歴 帝国学士院賞1923年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

桑原 隲蔵(くわばら じつぞう、明治3年12月7日1871年1月27日) - 1931年昭和6年)5月24日)は、日本東洋史学者・京都帝国大学教授。1898年に出版された著書『中等東洋史』[5]は、東洋史教科書の定番[6]となった。

生涯[編集]

1871年1月27日 越前国(現:福井県敦賀市)に製紙業者桑原久兵衛の次男として生まれる。京都府尋常中学校から第三高等学校に進学、同校を1892年に卒業、帝国大学文科大学(現:東京大学文学部)に入学すると漢文科から同大学院東洋史専攻に進む(1896年)。修士課程を1898年に修了、母校の第三高等学校で教授職に就く。

1899年に同高等学校から高等師範学校(現:筑波大学)に転じ教授[7][8](–1907年)、国費留学のため退官、文部省より中国へ派遣される[9]1909年に帰国すると京都帝国大学文学部の教授[10]となり東洋史学第二講座に就任[11]。在職中に博士論文を書き上げ文学博士号を授かる[注釈 1]。高等官二等(1911年)[13][14]1930年に同大学を停年退官、翌1931年の2月に京都大学の名誉教授、5月24日、61歳で没する[15]。高等官一等[14]、位陛は正三位勲二等[15]

研究歴[編集]

業績[編集]

東洋史教育の創成に尽力、東西交渉史等の分野で優れた業績を残した。清国留学中に一次資料を写真に記録(1907年1909年[注釈 2]、帰国後、京都帝国大学に赴任すると内藤湖南狩野直喜とともに京都派東洋史学を確立[18]清朝考証学の伝統と西洋の文献学的方法を総合し、中国史・東西交渉史に優れた業績を残した。なかでも「大苑国の貴山城に就いて」では西域歴史地理について、白鳥庫吉藤田豊八らと論争を展開した。主な弟子に宮崎市定らがいる。

「始皇の前に始皇なく、始皇の後に始皇なし」と始皇帝を再評価した。

子息はフランス文化研究者の桑原武夫

栄典[編集]

著作[編集]

  1. 東洋史説苑[28]
  2. 東洋文明史論叢
  3. 支那法制史論叢 東西交通史論叢[29]
  4. 中等東洋史 東洋史参考図書[30] 東洋史教授史料
  5. 蒲寿庚の事蹟 考史遊記
  6. 別冊 桑原隲蔵博士所蔵図書目録 全集総索引

回想[編集]

  • 東方学回想 II 先学を語る〈2〉』(刀水書房、2000年)、弟子達の座談での回想を収録。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 学位授与 文部大臣ハ明治三十一年勅令第三百四十四号学位令第二条ニ依リ昨二十九日左記ノ者ニ学位ヲ授与セリ其学位記及論文審査ノ要旨左ノ如シ(文部省)[12]
  2. ^ 桑原隲藏は国費留学中(1907年–1909年)に記録写真を撮影し、帰国後、自著『考史遊記』に掲載して東西交渉史に踏み込んでいく[16]。桑原の写真ほか戦前期の写真資料は東京と京都の東方文化学院で保管され、桑原の没後にそれぞれ解体・改編を経て京都の組織は京都大学人文科学研究所に対等合併される。写真はほぼ4万枚の写真アーカイブ「華北交通写真」として管理され、2019年2月に同大学総合博物館で展覧会を開催、それを機に写真全点をウェブで公開している[17]
  3. ^ 初出は京都文学会, 編纂.「大宛國の貴山城に就いて」『芸文』第6巻第9号、内外出版印刷、1915年9月、 1-23頁。

出典[編集]

  1. ^ 上野隆生「研究プロジェクト:日本近代化の問題点-明治国家形成期の明と暗:歴史家の旅と歴史家の任務:大正デモクラシー期の歴史家坂口昂について」『東西南北:和光大学総合文化研究所年報』、和光大学、2008年、2019年6月16日閲覧。
  2. ^ 塚瀬進「マンチュリアの社会変容と地域秩序:明代から中華人民共和国の成立まで」博士(史学) 乙第440号、中央大学、2014年3月20日。
  3. ^ 中等東洋史』大日本図書、1898年。2019年6月16日閲覧。
  4. ^ 中等東洋史』大日本図書、1898年。2019年6月16日閲覧。
  5. ^ [3][4]
  6. ^ 「清末における「東洋史」教材の漢訳—桑原隲蔵著述「東洋史」漢訳教材の考察」『史学研究』 鈴木正弘 (著)、第250号、2005年。22–31頁。
  7. ^ 官報 1900, p. 66.
  8. ^ 官報 1907a, p. 126.
  9. ^ 官報 1907b, p. 61.
  10. ^ 官報 1909a, p. 273.
  11. ^ 官報 1909b, p. 297.
  12. ^ a b 官報 1910, p. 693-695.
  13. ^ 官報 1911, p. 95.
  14. ^ a b 官報 1918, p. 245.
  15. ^ a b 官報 1931, p. 774.
  16. ^ 劉紅「文献紹介 桑原隲蔵『考史游記』」『Cosmopolis』第3号、上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科、東京、2009年、 99-102頁、 ISSN 18822967
  17. ^ 概要 > 華北交通写真とは”. 京都大学人文科学研究所. 2019年6月16日閲覧。
  18. ^ 「内藤湖南・久保天随・桑原隲蔵--「民族」対「文化」(内藤湖南特集 補論)」『研究論集』 松尾洋二(著)、河合文化教育研究所(編)、第7巻、2009年。153–165頁。
  19. ^ 『官報』第1225号「叙任及辞令」1931年1月31日。
  20. ^ 黄東蘭、HUANG, D.L.「桑原隲蔵東洋史教科書とその漢訳テクスト—『東亜史課本』との比較分析を中心に」『紀要地域研究・国際学編』NCID AN104735、第49巻、第43号、61-82頁。愛知県立大学学術リポジトリ
  21. ^ 「東洋史の時空--桑原隲蔵東洋史教科書についての一考察」『紀要. 地域研究・国際学編』 黄東蘭(著)、愛知県立大学外国語学部(編)、第42号、2010年。143–165頁。
  22. ^ 「桑原隲蔵東洋史教科書とその漢訳テクスト--『東亜史課本』との比較分析を中心に」『紀要. 地域研究・国際学編』 黄東蘭(著)、愛知県立大学外国語学部(編)、第43号、2011年。61–82頁。
  23. ^ 桑原隲蔵「支那人間に於ける食人肉の風習」『東洋学報』第14巻第1号、東洋文庫リポジトリ、1924年7月、 1-62頁。
  24. ^ 「桑原隲蔵著『応問解答東洋史教科書備考』について—『東洋史教授資料』との比較的考察」『総合歴史教育』 鈴木正弘(著)、第40号、2004年。52–69頁。
  25. ^ Kuwabara, Jitsuzo. “P'u Shou-keng(蒲壽庚): A Man of the Western Regions Who was Super-intendent of the Trading Ships' Office in Ch'uan-chou(泉州)towards the End of the Sung Dynasty, together with a General Sketch of Trade of the Arabs in China during the T'ang and Sung Eras”. Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko (The Oriental Library) (東洋文庫リポジトリ): 1-104. 
  26. ^ 片岡一忠「日本における中国イスラーム研究小史」『大阪教育大学紀要第II部門社会科学・生活科学』第29巻第1号、大阪教育大学リポジトリ、 21-42頁、 ISSN 0389-3456
  27. ^ 黄東蘭、HUANG, D.L.、劉紅、Liu, Hong「桑原隲蔵『考史游記』 張明杰訳」『Cosmopolis=コスモポリス』ISSN 1882-2967NCID AA1235173、第3巻、第3号、99-102頁。上智大学学術情報リポジトリ
  28. ^ 山本光郎「東洋史説苑(桑原隲藏著 弘文堂書店發行)」『史学』ISSN 0386-9334、第6巻、第4号、156(630)-156(630)頁。慶應義塾大学学術情報リポジトリ
  29. ^ 小野勝年「文學博士 桑原隲藏著「支那法制史論叢」」『東洋史研究』第1巻第2号、1935年12月10日、 146-151頁、 doi:10.14989/138678ISSN 0386-9059
  30. ^ 黄東蘭、HUANG, D.L.「東洋史の時空—桑原隲蔵東洋史教科書についての一考察」『紀要地域研究・国際学編』NCID AN104735、第49巻第42号、143-165頁。愛知県立大学学術リポジトリ

参考文献[編集]

  • 敍任及辭令 / 桑原隲藏等(文部省)」『官報』1900年12月05日、大蔵省印刷局、 66(コマ番号2/9)、2019年6月16日閲覧。“高等師範学校教授ヲ拝命、七級俸下賜(12月2日文部省)。”
  • 敍任及辭令 / 桑原〔隲〕藏等(文部省)」『官報』1907年03月06日、大蔵省印刷局、 126 (コマ番号9/30)、2019年6月16日閲覧。“六級俸下賜(3月4日文部省)。”
  • 彙報 / 留學生出發 市村光惠桑原〔隲〕藏(文部省)」『官報』1907年04月02日、大蔵省印刷局、 61(コマ番号13/26)、2019年6月16日閲覧。“文部省外国留学 京都帝国大学法科大学助教授市村光惠ハ去月三十日、同東京高等師範学校教授 桑原〔隲〕藏ハ同三十一日イズレモ出発セリ(文部省)”
  • 授爵・敍任及辭令 / 桑原隲藏等(内閣)」『官報』1909年04月10日第7734号、大蔵省印刷局、 273(コマ番号7/22)、2019年6月16日閲覧。“明治42年4月9日任京都帝国大学文化大学教授 東京高等師範学校教授従五位 桑原隲藏/叙高等官三等。”
  • 授爵・敍任及辭令 / 桑原隲藏等(文部省)」『官報』1909年04月12日第7735号、大蔵省印刷局、 297(コマ番号3/22)、2019年6月16日閲覧。“本俸六級俸下賜 京都帝国大学文化大学教授 桑原隲藏。東洋史学第二講座就任ヲ命ズ(以上四月九日文部省)。”
  • 彙報 / 學位授與 高木兼二、桑原〔隲〕藏、上田敏新村出小倉公平(文部省)」『官報』1910年06月30日第8106号、大蔵省印刷局、 693-695(コマ番号7-8/23)、2019年6月16日閲覧。“学位記 京都帝国大学文科大学教授/従五位 桑原隲藏/右ノ者京都帝国大学総長推薦ニ基キ明治三十一年勅令第三百四十四号学位令第二条ニ依リココ二文学博士ノ学位ヲ授ク”
  • 敍任及辭令 / 桑原〔隲〕藏等(内閣)」『官報』1911年02月04日第8284号、大蔵省印刷局、 95(コマ番号4/22)、2019年6月16日閲覧。“明治四十四年二月三日/陛叙高等官二等 京都帝国大学文科大学教授 従五位文学博士 桑原隲藏”
  • 敍任及辭令 / 桑原〔隲〕藏等(内閣)」『官報』1918年02月15日第1659号、大蔵省印刷局、 245(コマ番号)、2019年6月16日閲覧。“大正七年二月十四日/陛叙高等官一等 京都帝国大学文科大学教授 従四位勲三等 桑原隲藏”
  • 彙報 / 官吏薨去京都帝國大學名譽教授桒原[騭藏]」『官報』1931年05月30日第1323号、大蔵省印刷局、 774(コマ番号5/26)、2019年6月16日閲覧。“官吏薨去及死去 京都帝國大學名譽教授正三位勲二等桒原[騭]藏ハ本月二十四日薨去シ”

外部リンク[編集]

関連文献[編集]

出版年順
  • 小倉芳彦(1968年)「「桑原隲蔵全集」から学ぶこと」『アジア経済』、日本貿易振興機構アジア経済研究所研究支援部(編)、第9巻第12号。126–130頁。
  • 吉川幸次郎 他(1975年)「先学を語る—桑原隲蔵博士〔含 桑原隲蔵博士略年譜〕」『東方学』(著)、(通号 49)。109–128頁。
  • 竺沙雅章(1992年)「陳垣と桑原隲蔵—「桑原文庫」中の陳垣寄贈書をめぐって」『史林』、史学研究会(編)、第75巻第4号。586–597頁。
  • 孫江、SUN, Jiang(2010年)「黄帝はバビロンより来たり:ラクーペリ「中国文明西来説」および東アジアへの伝播(その1)」『静岡文化芸術大学研究紀要』NCID AA11576760、第11号、43-50頁。静岡文化芸術大学学術リポジトリ
  • 木村明史(2014年)「桑原隲蔵「東洋史につきて」に見る中等東洋史構想:『中等東洋史』との異同の検討を中心に」『歴史教育史研究』ISSN 1348-7973、第12号、1-17頁。2014年12月31日。上越教育大学リポジトリ