沼野充義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沼野 充義(ぬまの みつよし、1954年6月8日 - )は、日本スラヴ文学者東京大学教授。専門はロシアポーランド文学。現代日本文学など世界文学[1]にも詳しく、その文芸評論は文芸誌・新聞などでしばしば見られる。

人物[編集]

東京都大田区出身。

スタニスワフ・レムの作品に熱中し、ポーランド語を専門とすることを決める。学生時代には、非英米圏SF研究ファングループ「イスカーチェリ」に参加し、のち、日本SF作家クラブ会員。

1977 - 1979年の第19次『新思潮』に参加し評論を書いた。四方田犬彦平野共余子らの映画同人誌『シネマグラ』にも参加。

日本学術会議会員。ヴィスワヴァ・シンボルスカの詩集『瞬間』の翻訳を未知谷のサイトで連載中(2017年5月~)[2]

妻の沼野恭子ロシア文学者東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)。

略歴[編集]

  • 東京教育大附属駒場高校卒業
  • 1977年3月 - 東京大学教養学部教養学科ロシア分科卒業
  • 1979年3月 - 東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専門課程修士課程修了
  • 1981年9月 - フルブライト奨学生としてハーヴァード大学大学院スラヴ語スラヴ文学専攻博士課程へ留学
  • 1984年6月 - ハーヴァード大学修士課程修了
  • 1985年3月 - 東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専門課程博士課程単位取得満期退学
  • 1985年6月 - ハーヴァード大学大学院スラヴ語スラヴ文学専攻博士課程単位取得・博士論文提出資格取得
  • 1984年2月 ハーヴァード大学助手(ティーチング・アシスタント、1985年6月まで)
  • 1985年8月 東京大学教養学部ロシア語教室専任講師
  • 1987年9月 ワルシャワ大学東洋学研究所客員講師(1年間、日本語学科の講師をつとめた[3]
  • 1989年1月 東京大学教養学部ロシア語教室助教授
  • 1994年4月 東京大学文学部スラヴ文学研究室助教授
  • 2000年5月 ロシア国立人文大学(en:Russian State University for the Humanities)において共同研究(国際交流基金フェロー 11月まで)
  • 2002年10月 ロシア国立大学アジア・アフリカ研究所客員教授
  • 2004年4月 東京大学大学院人文社会系研究科教授
  • 2007年4月 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部に新設された現代文芸論研究室に所属(スラブ文学研究室と兼任)
  • 2009年 日本ロシア文学会会長 

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『屋根の上のバイリンガル』筑摩書房、1988年、白水Uブックス、1996年
  • 『永遠の一駅手前――現代ロシア文学案内』作品社、1989年
  • 『夢に見られて――ロシア・ポーランドの幻想文学』作品社、1990年
  • 『スラヴの真空』自由国民社〈読書の冒険シリーズ〉、1993年
  • 『モスクワ-ペテルブルグ縦横記』岩波書店、1995年
  • 『W文学の世紀へ――境界を越える日本語文学』五柳書院、2001年
  • 『徹夜の塊――亡命文学論』作品社、2002年
  • 『ユートピア文学論――徹夜の塊』作品社、2003年
  • 『世界文学から/世界文学へ 文芸時評の塊 1993-2011』作品社、2012年
  • チェーホフ 七分の絶望と三分の希望』講談社、2015年

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ロシア怪談集』河出文庫、1990年
  • 『東欧怪談集』河出文庫、1995年
  • 『ユートピアへの手紙――世界文学からの20の声』河出書房新社、1997年
  • 『イリヤ・カバコフの芸術』五柳書院、1999年
  • 『ユダヤ学のすべて』新書館、1999年
  • 『チェーホフ「かもめ」』NHK出版100分de名著〉、2012年9月度放送テキスト
  • 『芸術は何を超えていくのか?』東信堂、2009年 
  • 『世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義』光文社、2012年
  • 『やっぱり世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義2』光文社、2013年
  • 『村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解』監修  NHK出版 2014年
  • 『それでも世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義3』 光文社 2015年
  • 『8歳から80歳までの世界文学入門 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4』光文社、2016年
  • 『つまり、読書は冒険だ。対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義5』光文社、2017年
  • スタニスワフ・レム 「ソラリス」』NHK出版100分de名著〉、2017年12月度放送テキスト。

共編著[編集]

  • 大岡信奥本大三郎川村二郎小池滋 『世界文学のすすめ』岩波文庫 1997年
  • 柴田元幸,‎ 藤井省三,‎‎四方田犬彦,‎ 国際交流基金『世界は村上春樹をどう読むか』文藝春秋 2006年 のち文庫
  • 若島正 『書きなおすナボコフ、読みなおすナボコフ』 研究社 2011年
  • 『ユーラシア世界 1〈東〉と〈西〉』塩川伸明 小松久男 宇山智彦共編 東京大学出版会 2012年
  • 『ユーラシア世界 2 ディアスポラ論』塩川伸明 小松久男共編 東京大学出版会 2012年
  • 『ユーラシア世界 3 記憶とユートピア』塩川伸明 小松久男共編 東京大学出版会 2012年
  • 『ユーラシア世界 4 公共圏と親密圏』塩川伸明 小松久男 松井康浩共編 東京大学出版会 2012年
  • 『ユーラシア世界 5 国家と国際関係』塩川伸明 小松久男共編 東京大学出版会 2012年
  • 工藤庸子池内紀柴田元幸 『世界の名作を読む 海外文学講義』角川ソフィア文庫 2016年
  • 『ドストエフスキー ポケットマスターピース10』高橋知之共編訳、集英社文庫ヘリテージシリーズ、2016年

訳書[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ダムロッシュの『世界文学とは何か?』(国書刊行会2011年)の解説に「世界文学三カ条」を提唱している。大まかに次のとおり。

    1条「旅には意味がある」
    外国の文学を読むということは、作品が旅をしているということ。旅というのは、行く前と行った後では自分が少しだけ変わる体験をする。外国の文学を読むということは旅をするということ。
    2条「多様性はいいことだ」
    世界文学には、差異と多様性が満ちている。自分の考えと違う考え方が書かれたものが読める。そのことに触れることのよさがある。たとえそれが原文でなくても、翻訳を通してでもどんどん読めばいい。
    3条「翻訳は豊かにする」
    世界文学全集というのは、一種のカノン=聖典、つまり、ある時代に読むべき価値のあると認められた作品群である。翻訳が二次的な偽物という限界もあるけれど、ある国の領域を越えて外に出ていき、そこで新しい読者と出会う機会を与えてくれる力がある。

  2. ^ http://www.michitani.com/special/index.html
  3. ^ 『日本の名随筆・奇書』著者紹介

外部リンク[編集]