村島健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村島 健一(むらしま けんいち、1925年3月21日 - 1990年10月13日)は日本の社会評論家。戸籍名は村嶋健一。矢野 八朗(「ヤナヤロー」のもじり[1])の筆名でも活動。

ジャーナリストの村嶋歸之の息子として兵庫県西宮市に生まれる。静岡高等学校吉行淳之介と知り合う。東京大学独文科卒業後、毎日新聞社東京本社に入社。10年間の記者生活を経て、1959年4月からフリーとなる。『オール讀物』連載の人物論シリーズで注目され、その他、文明時評、コントショートショート小説なども執筆。

長男の村嶋帰一は日興シティグループ証券チーフエコノミスト。

著書[編集]

  • 『オリンピック道路』角川小説新書 1964
  • 『平均的ニッポン人 パチンコ文化からパンティ革命まで』講談社ミリオン・ブックス 1964
  • 『風速80米笑いのネタ』青春出版社(プレイブックス) 1965
  • 『ほんもの人間』三一新書 1966
  • 『男と女でじゃんけんぽん』新評社 1973
  • 『幕末酒徒列伝』講談社 1979 のち旺文社文庫
  • 『続・幕末酒徒列伝』講談社 1980

共著編[編集]

  • 『成功者の椅子 体あたり・中堅経営者伝』梶山季之共著 アサヒ芸能出版 平和新書 1964
  • 『現代もの知り大学』編 徳間書店 1967
  • 『ヒゲのある一家 -シャム猫観察日記-』村島智恵子共著 文化服装学院出版局 1969
  • 『親馬鹿おやじ二代記 父から子へ、その子からまた子へ』村島帰之共著 文化服装学院出版局 1970

脚注[編集]

  1. ^ 『親馬鹿おやじ二代記』p.181