矢島輝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

矢島 輝夫(やじま てるお 1939年5月20日 - 1999年4月2日)は日本の作家

東京駒込の会社経営者の家庭に生まれ、中野区野方に育つ。東京都立戸山高等学校を経て1962年早稲田大学仏文科中退後、双葉社に入社して『漫画アクション』誌の編集部に入り、小島剛夕水木しげる赤塚不二夫たちを担当。のちフリーライター・フリー編集者として学研小学館で活躍。また吉本隆明編集『試行』の同人となり、ウィリアム・フォークナー大江健三郎の影響下に小説を発表、芥川賞の準候補となった。代表作に『暗き魚』『裂魂』『もうひとつの生活』などがある。また官能小説家として名高い矢切隆之は彼の別名である(原卓馬名義による作品もある)。その他、SF小説ジュニア小説の分野では北園哲也を名乗り、オカルトの分野では阿川宗弘を名乗るなど複数の筆名を使い分け、幅広い分野で執筆した。『ムー』誌上にもたびたび登場し、心霊関係の著書に『生れ変りの謎』(西園寺知実との共著、学研1985年)など。訳書にサイラス・コルター『円形舞台(ヒポドローム)』(立風書房1977年)がある。

1990年代からは短歌に傾倒し、朝日歌壇にたびたび入選した。歿後、『増補 矢島輝夫歌集』(私家版)が刊行されている。

著書[編集]

訳書[編集]

外部リンク[編集]