田中三彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 三彦(たなか みつひこ、1943年 - )は、翻訳家、科学評論家。元原子炉製造技術者

経歴[編集]

栃木県生まれ。1968年東京工業大学工学部生産機械工学科卒業。同年バブコック日立入社、福島第一原子力発電所4号機などの原子炉圧力容器の設計に関わる。1977年退社。サイエンスライターとして、翻訳・科学評論を執筆。「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」呼びかけ人。[1]

2012年、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員

著書[編集]

  • 『脳のデザイン』 福武書店 1984.7 (サイエンス・アイ)
  • 『わたしたちの地球』 図書館探検シリーズ 第7巻 リブリオ出版 1990.4
  • 『原発はなぜ危険か 元設計技師の証言』 1990.1 (岩波新書)
  • 『アインシュタインの考えたこと』 図書館探検シリーズ 第15巻 リブリオ出版 1991.5
  • 『空中鬼を討て 原発・地球環境「非常識」のすすめ』 ダイヤモンド社 1992.4
  • 『科学という考え方』 晶文社 1992.6
  • 『地球が動いているのはどうしてわかるの? 太陽系と地球のはなし』 偕成社 1997.4 (ひとつの「なぜ」から広がる世界
  • 『ものが燃えるとなぜあつくなるの? 燃焼とエネルギーのはなし』 偕成社 1997.4 (ひとつの「なぜ」から広がる世界

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]