四畳半襖の下張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

四畳半襖の下張』(よじょうはん ふすまのしたばり)は、永井荷風作の小説、及び伝永井荷風作の春本である。

  1. 荷風作『四畳半襖の下張』荷風が雑誌『文明』(大正6年)に発表した短編小説。古人「金阜山人」の手記を作者が紹介するという形式を取り、戯作に志す主人公がさまざまな経験を経て最後には置屋の主人となるという筋。『荷風全集 第12巻』(岩波書店、1992年)所収。
  2. 伝荷風作・春本版『四畳半襖の下張』冒頭に「金阜山人戯作」とあり、長らく永井荷風作として伝えられ、後述のようにそれを認める説が現在でも有力である。終戦前後から一部で知られるようになり、春本における傑作の一つとされてきた。1972年、雑誌『面白半分』に掲載されて摘発を受け、その後の「四畳半襖の下張事件」裁判において特に有名になった。

春本版の概要[編集]

作者「金阜山人」がたまたま買った古家の四畳半で、の下張から古人の手になる春本を見つけ、それを浄書して読者に紹介するという説明が導入部にある。(関東大震災の翌年に記した旨の記述がある。)

「はじめの方は、ちぎれてなし」という説明ののちにはじまる「古人作の春本」は、老人もしくは中年者と思しき人物の回顧ふうな文章が冒頭に置かれており、的体験の遍歴や年齢とともに変ってゆく女性観・性意識などが述べられた後、「おのれ女房のお袖」が芸者であった時分の交渉が物語られる。性行為の描写が終わると、お袖との結婚後の模様が作者の女遊びなどを交えて簡潔に記され、話は唐突に終る。

いわゆる「入れ子細工」の構造は、荷風作の短編小説にしばしば見られる特徴である。

評価[編集]

文体は江戸中期ごろの人情本滑稽本などに範をとったと思しき擬古文で記されており、同時期の文語体春本の多くが明治期の文章に倣っているのに比べて格段に流麗かつ古風であり、作者の素養の高さが知られる。

小説・春本としての特色は、性行為を描きながらも読者を興奮させるためのポルノ性の高い直接的な描写が少なく、逆に、短いながらも行為を通して女の情や性格をスケッチしてゆくするどい観察や描写にあるといえるだろう。

たとえば男が女の疲れを気遣って射精を我慢したまま行為を終えた後に、女が「あなたもちやんとやらなくちやいやよ、私ばかり何ば何でも気まりがわるいわ、と軟に鈴口を指の先にて撫でる工合」を見て、「この女思ふに老人の旦那にでもよくよく仕込まれた床上手と覚えたり」と男が思うあたりには、作者の観察の鋭さ、人間描写の巧みさがあらわれている。また騎乗位での行為の後、男の体の上で素裸になっていることに気づいた女が「流石に心付いては余りの取乱しかた今更に恥かしく、顔かくさうにも隠すべきものなき有様、せん方なく男の上に乗つたまゝにて、顔をば男の肩に押当て、大きな溜息つくばかりなり」と感じるあたりは、女性特有の心理をこまかく描いて凡百の春本から一線を画すものであり、四畳半襖の下張事件裁判において、被告側証人であった吉行淳之介が「春本を書こうとして春本以上のものができてしまった」むねの評価をくだす所以ともなった。

著者[編集]

荷風の日記(『断腸亭日乗』1941年12月20日)には、かつて自宅へ出入していた人物が荷風の原稿を偽造し、好事家に売りつけていると憤懣を述べた箇所があり、その中に「春本四畳半襖の下張」の名が上げられている(この人物は当時門人であった平井呈一と言われている。後、二人の師弟関係は破綻するのだが、この一件がその原因の一つだったとも言われている)。当時は一部好事家の間で知られていたのみのようだが、戦後のカストリ雑誌ブームの中で秘かに複数の版が刊行され、次第に有名となった。1948年に出版社が摘発され、荷風は警視庁の事情聴取を受けた(『断腸亭日乗』1948年5月7日・5月10日)。荷風は、はじめの部分はおおよそ自分が書いた文章だが、後は他人が書いたもので、自分は知らないと述べた。(城市郎『性の発禁本』)

国文学者たちはこの作品の作者について、学問的厳密さを重んじる立場から断言することができないとしているが、石川淳その他の文学者たちは荷風作と断言している。

関連作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 四畳半襖の裏張り - Movie Walker