成沢昌茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なるさわ まさしげ
成沢昌茂
成沢昌茂
キネマ旬報社『キネマ旬報』第292号(1961年)より
生年月日 (1925-01-29) 1925年1月29日
没年月日 (2021-02-13) 2021年2月13日(96歳没)
出生地 日本の旗 日本長野県上田市原町
死没地 日本の旗 日本東京都渋谷区
職業 脚本家、映画監督
テンプレートを表示

成沢 昌茂(なるさわ まさしげ、1925年大正14年)1月29日 - 2021年令和3年)2月13日)は、日本の脚本家映画監督

来歴・人物[編集]

長野県上田市原町出身。上田市長をつとめた成沢伍一郎の二男[1]。旧制上田中学(長野県上田高等学校)卒業後、1941年松竹京都に入社、溝口健二に師事する。1944年日本大学芸術学部卒業。

学徒出陣1945年に復員。1946年、松竹を退社。1952年に溝口にならって大映と契約、溝口の『噂の女』『新・平家物語』『赤線地帯』の脚本を書く。1962年、『裸体』で監督を務める。1970年以降は映画から離れ、1975年から1977年にかけてNHK連続人形劇『真田十勇士』(柴田錬三郎原作)を担当。戯曲に『浪花の恋の物語』などがある。

1951年1959年にシナリオ賞、1960年にシルバースター国民映画脚本賞、京都市民映画祭脚本賞を受賞。

2021年2月13日、老衰のため東京都渋谷区の自宅で死去[2][3]。96歳没。

映画[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『人事興信録 第13版 下』ナ171頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月17日閲覧。
  2. ^ "脚本家の成沢昌茂氏死去". 時事ドットコム. 時事通信社. 16 February 2021. 2021年2月16日閲覧
  3. ^ 脚本家・成沢昌茂氏が死去 「赤線地帯」など手掛ける」『サンスポ』、2021年2月16日。2021年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。

外部リンク[編集]