秘田余四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秘田 余四郎(ひめだ よしろう、1908年10月15日 - 1967年9月18日)は、字幕翻訳家翻訳家小説家。本名・姫田嘉男

徳島県板野郡一条村(現・阿波市)生まれ。幼時一家で上京。東京府立第四中学校中退、成城中学校卒業、1931年東京外国語学校フランス語卒業。36年東和商事映画部に入社し、フランス映画を始めとする字幕作成に活躍、38年解雇され、「香具師もの」小説を書く。40年陸軍通訳。仏印へ渡り、字幕翻訳を中華電影で続け、上海で高見順と知り合い生涯の友となる。敗戦で鎌倉へ引き揚げ。また、海外小説の翻訳(一部、姫田嘉男名義)もおこなった。

映画[編集]

主な字幕作品[編集]

年は制作年(日本公開年ではない)

原作[編集]

  • 解決(監督:滝沢英輔/1941年)
  • 群狼(監督:志村敏夫/1948年)
  • 東海道は兇状旅(監督:久松静児/1950年)
  • 無宿猫(監督:志村敏夫/1951年)
  • 峠を渡る若い風(監督:鈴木清順/1961年)

著書[編集]

小説[編集]

  • 解決(明石書房 1941年)
  • 群狼(アキ書店 1948年)

翻訳[編集]

  • 赤露の皇帝スターリン ボリス・バヂヤノフ著 姫田嘉男訳 先進社 1931
  • 赤い機密室 G・P・Uを曝 ラポルト著 姫田嘉男訳 先進社 1932
  • 大いなる幻影 シナリオ ジャン・ルノワール 松永武夫・姫田共訳編 河出書房 1938
  • 貿易風の仏印 ジャン・ドウレル 姫田嘉男訳 育生社弘道閣、1942
  • 七つの大罪 シナリオ(エドゥアルド・デ・フィリッポ)三笠文庫 1953
  • 深夜の十字路 ジョルジュ・シメノン 早川書房 1953
  • 赤と黒 スタンダール原作(シナリオ)早川書房 1955
  • 女性の敵 ジャック・コンスタン 雄鶏社 1955
  • 埋れた青春(映画)ヤコブ・ヴァッサマン 雄鶏社 1955(おんどり・ぽけっと・ぶっく)
  • 帽子屋の幻影 シメノン選集 早川書房 1956
  • 悪者は地獄へ行け フレデリック・ダール 潮書房 1956
  • 空と海の間に ジャック・レミイ 三笠書房 1956
  • リコ兄弟 ジョルジュ・シメノン 早川書房 1956(世界探偵小説全集)
  • 反乱 ジュール・ヴエルヌ 珊瑚書房 1957
  • 可愛い悪魔 ジョルジュ・シムノン 早川書房 1958(世界探偵小説全集)
  • アルピニスト岩壁に登る G.エルゾーグ 川原慎一共訳 朋文堂 1959
  • スペインの城 マルク・ドロリー 早川書房 1966(世界ミステリシリーズ)
  • 素晴らしき愚か娘 シャルル・エクスプライヤ 早川書房 1966
  • O.S.S.117号/最後の十五分間 ジャン・ブリュース 早川書房 1966

参考文献[編集]

  • 『生誕100年 映画字幕の名工 秘田余四郎展』徳島県立文学書道館、2008年11月[1]
  • 髙三啓輔『字幕の名工 秘田余四郎とフランス映画』白水社、2011年4月、ISBN 978-4-560-08125-9

外部リンク[編集]