シャルル・エクスブライヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シャルル・エクスブライヤ(Charles Exbrayat, 1906年 - 1989年)はフランス小説家

人物[編集]

ロワール県サン=テティエンヌ出身。ニースで大学入試資格試験に合格して医学を学ぶ予定であったが、学校を追放されてリヨンの学校に移った。後にパリで自然科学を学び、教師となった。

第二次世界大戦前は劇作家として活躍し、1941年に最初の小説を発表した。

戦後はジャーナリストや映画脚本家に転向し、1957年に最初の推理小説作品である"Elle avait Trop de Mémoire"を発表して以来、マスク叢書の編集長兼専属作家として約100冊の推理小説を執筆した。

1958年に"Vous souvenez-vous de Paco ?"(『パコを憶えているか』)でフランス冒険小説大賞を受賞。

主な作品[編集]

イモジェーヌ・シリーズ[編集]

  • "Ne vous fâchez pas, Imogène !"(1959)
『火の玉イモジェーヌ』 荒川 比呂志 (訳) 早川書房 1967
  • Imogène est de retour (1960)
  • "Encore vous, Imogène ?"(1962)
『帰ってきたイモジェーヌ』荒川 比呂志 (訳) 早川書房 1968
  • "Imogène, vous êtes impossible !"(1963)
『イモジェーヌに不可能なし』荒川 比呂志 (訳) 早川書房 1972
  • Notre Imogène (1969)
  • Les Fiançailles d'Imogène (1971)
  • Imogène et la Veuve blanche (1975)

ロメオ・タルキニーニ警部シリーズ[編集]

  • "Chewing-gum et spaghetti"(1960)
『チューインガムとスパゲッティ』堀内 一郎 (訳) 読売新聞社 1986
  • "Le Plus Beau des bersagliers"(1962)
『ハンサムな狙撃兵』シャルル・エクスブラヤ (著) 藤田 真利子 (訳) 現代教養文庫 1995
  • "Chianti et Coca-Cola"(1966)
『キャンティとコカコーラ』シャルル・エクスブラヤ (著) 藤田 真利子 (訳) 現代教養文庫 1994
  • Le Quintette de Bergame (1967)
  • Ces sacrées Florentines (1969)
  • La Belle Véronaise (1972)
  • Des amours compliquées (1976)
  • Mets tes pantoufles, Roméo (1983)

その他[編集]

  • "Vous souvenez-vous de Paco ?"(1958年)
『パコを憶えているか?』
  • "Avanti, la mùsica !"(1961年)
『死体をどうぞ』
  • "Une ravissante idiote"(1962年)
『素晴らしき愚か娘』