ジャン・ルノワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jean Renoir
ジャン・ルノワール
生年月日 (1894-09-15) 1894年9月15日
没年月日 (1979-02-12) 1979年2月12日(満84歳没)
出生地 フランスの旗 フランス
パリモンマルトル
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ビバリーヒルズ
国籍 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督脚本家俳優
活動期間 1924年 - 1969年
配偶者 カトリーヌ・エスラン(1920年 - 1930年)
ディド・フレール(1944年 - 1979年)
著名な家族 父:ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841年 - 1919年)
兄:ピエール・ルノワール(1885年 - 1952年)
弟:クロード・ルノワール(1901年 - 1969年)
息子:アラン・ルノワール
主な作品
大いなる幻影
ゲームの規則

ジャン・ルノワールJean Renoir, 1894年9月15日 - 1979年2月12日)は、フランス映画監督脚本家俳優。印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの次男。ジャン・ルノアールと表記される場合もある。

来歴[編集]

オーギュスト・ルノワール作の『ガブリエルとジャン』(1895年)。右が幼いジャン・ルノワール。左の子守をする女性は、ジャンの母・アリーヌの従妹のガブリエル・ルナールで、ルノワール家の家政婦をしていた。

1894年9月15日パリモンマルトルに父・ピエール=オーギュスト・ルノワールと母・アリーヌの次男として生まれる。幼いころに南フランスに移住し、父の絵のモデルを務めさせられていた。各地の学校を転々とし、ニースの大学で数学と哲学を学ぶ。第一次世界大戦には騎兵少尉として参戦し、後に偵察飛行隊のパイロットを務めたが、偵察中に片足を銃撃され、終生まで傷の痛みに悩まされていた。その療養中にD・W・グリフィスチャールズ・チャップリンらの作品を観て、映画に興味を持つ。1920年、前年に亡くなった父の絵のモデルをしていたカトリーヌ・エスランと結婚。大戦終結後は陶器を作っていたが、イワン・モジューヒンの『火花する恋』やエリッヒ・フォン・シュトロハイムの『愚なる妻』等の影響を受けて、映画監督を志す。

1924年、カトリーヌ主演の映画『カトリーヌ』に出資し、脚本を執筆する。同年にカトリーヌ主演の『水の娘』で監督デビューを果たす。1926年、『女優ナナ』を監督。高い評価を得、彼のサイレント期の代表作としたが、興行的には失敗し負債を抱え、父の絵を売却して借金返済を行う。1934年、季節労働者の姿をドキュメンタリータッチで描いた『トニ』を発表。徹底したリアリズムで描き、のちのネオレアリズモに影響を与えた。1937年には反戦映画の名作『大いなる幻影』を監督。他にも『のらくら兵』(1928年)、『どん底』(1936年)、『ゲームの規則』(1939年)など、興行的には失敗が多いものの傑作と評価されるべき作品を発表していき、ルネ・クレールジャック・フェデージュリアン・デュヴィヴィエマルセル・カルネとともに戦前期のフランス映画界を代表する映画監督となった。

1939年イタリアに渡って『トニ』『ピクニック』で助手を務めた当時32歳のルキノ・ヴィスコンティを助監督にして『トスカ』の撮影を行った[1]が、撮影中にイタリアが第二次世界大戦に参戦したため、製作を放棄してフランスに戻った。1940年ドイツがフランスに侵攻したため、戦火を避けるべく12月にマルセイユポルトガルを経由して、シボニー号に乗ってアメリカに渡った。この船でサン・テグジュペリと相部屋になり、親交を結ぶ(『人間の土地』を製作しようとしたが、ハリウッド上層部の無理解で実現しなかった)。12月31日にアメリカに到着し、ロバート・フラハティに迎えられる。同じ頃、ルネ・クレールジュリアン・デュヴィヴィエも渡米し、ジャック・フェデールはスイスに逃れていた。20世紀フォックスと契約を結び、ハリウッドの撮影システムに困惑しながらも『南部の人』や『自由への闘い』等の作品を創り上げた。1946年に市民権を獲得するが、フランス国籍は捨てなかった。

1949年インドに渡り、1951年に彼の初のカラー映画『』を撮る。父親譲りの美しい色彩感覚が評価され、ヴェネツィア国際映画祭国際賞を受賞した。1952年にイタリアで『黄金の馬車』を撮った後、フランスに戻り、『フレンチ・カンカン』を発表する。商業的な成功を収めることができたが、戦前のように作品は当たらず映画を撮る機会が次第になくなっていった。 1969年のテレビ映画『ジャン・ルノワールの小劇場』が最後の監督作品となり、その後亡命時代の知己を訪ねアメリカで暮らし、終生フランスに戻ることはなかった。

1974年に『ジャン・ルノワール自伝』を出版。翌1975年アカデミー賞名誉賞ハワード・ホークスとともに受賞。同年、レジオンドヌール勲章コマンドゥールを受章。

1979年2月12日ビバリーヒルズの自宅で他界。アメリカで失意の底にあったルノワールを精神面で支えていたのは、ルノワールを師と仰ぐヌーヴェル・ヴァーグの旗手フランソワ・トリュフォーだった。

ジャン=リュック・ゴダールやトリュフォーなどのヌーヴェル・ヴァーグロベルト・ロッセリーニルキノ・ヴィスコンティらのネオレアリズモ、他にロバート・アルトマンダニエル・シュミットなど、多くの映画作家に影響を与えた。また、ジャック・ベッケルジャック・リヴェット、ヴィスコンティやロバート・アルドリッチなど、後に各国を代表する映画監督が、ルノワールの下で助監督を務めている。著名な写真家のアンリ・カルティエ=ブレッソンも、写真家としてデビューする前にジャン・ルノワールのもとで助監督を務めていたことがある。

家族[編集]

ジャンの作品で編集を務めていたマルグリット・ウーレとは恋愛関係にあったが、1939年頃に関係が薄れている。

主な監督作品[編集]

関連文献[編集]

著書
  • 『わが父ルノワール』 粟津則雄訳 みすず書房 新装版2008年ほか(初版1964年)
  • 『ジャン・ルノワール自伝』 西本晃二訳  みすず書房 、新装版1994年、2001年(初版1977年)
  • 『ジャン・ルノワールエッセイ集成』 野崎歓青土社、1999年
  • イギリス人の犯罪』 野崎歓訳 青土社、1997年
  • 『ジョルジュ大尉の手帳』  野崎歓訳 青土社、1996年
  • 『ゲームの規則』  窪川英水訳 新書館、1982年
伝記・研究・図録
  • 若菜薫 『ジャン・ルノワールの誘惑 薔薇のミロワール』 鳥影社、2009年
  • 山田宏一責任編集 『ジャン・ルノワール ユリイカ:臨時増刊号』 青土社、2008年3月
  • 野崎歓 『ジャン・ルノワール 越境する映画』 青土社 2001年
  • ロナルド・バーガン、関弘訳 『ジャン・ルノワール』 トパーズプレス 1996年
  • サン・テグジュペリ 『親愛なるジャン・ルノワールへ』 山崎庸一郎、山崎紅子訳 ギャップ出版、2000年、二人は交流があった。
  • 『生誕100年記念ジャン・ルノワール』 <カイエ・デュ・シネマ・ジャポン13>フィルムアート社、1994年
  • アンドレ・バザンフランソワ・トリュフォー編 『ジャン・ルノワール』 奥村昭夫訳、フィルムアート社 1980年
  • 『ルノワール+ルノワール展 画家の父、映画監督の息子』 
展覧会図録、2008年に日本テレビが主催し、渋谷Bunkamura京都国立近代美術館で開催。
  • 『特集ルノワール+ルノワール展 ユニヴェール・デザール誌No.26 日本版』 2008年春号、アートコミュニケーション
  • 『ルイ・リュミエール』 エリック・ロメール 紀伊国屋書店DVD KKDS-107 2004年
その他

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 招いたのはベニート・ムッソリーニで反戦劇である『大いなる幻影』に大いに感動したためだった(中条省平『フランス映画史の誘惑』集英社新書 2003年pp.115f)。

外部リンク[編集]