フレデリック・ワイズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フレデリック・ワイズマン
Frederick Wiseman
Frederick Wiseman
2017年
生年月日 (1930-01-01) 1930年1月1日(94歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1963年 -
 
受賞
アカデミー賞
名誉賞
2016年
カンヌ国際映画祭
金の馬車賞
2021年
ヴェネツィア国際映画祭
国際映画批評家連盟賞
2017年ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
栄誉金獅子賞
2014年
ベルリン国際映画祭
国際映画批評家連盟賞
1990年『臨死』
全米映画批評家協会賞
ドキュメンタリー映画賞
2013年バークレーにて
2023年Menus Plaisirs - Les Troisgros
ニューヨーク映画批評家協会賞
ドキュメンタリー映画賞
2015年ニューヨーク、ジャクソン・ハイツへようこそ
2023年Menus Plaisirs - Les Troisgros
特別賞
2012年
ロサンゼルス映画批評家協会賞
生涯功労賞
2012年
エミー賞
ドキュメンタリー番組賞
1969年『法と秩序』
1970年『病院』
ドキュメンタリー番組監督賞
1970年『病院』
その他の賞
テンプレートを表示

フレデリック・ワイズマン(Frederick Wiseman、1930年1月1日 - )はアメリカの映画監督。演出やナレーションを意図的に排したドキュメンタリー作品で知られる。ほぼ全ての作品でプロデュース・撮影・編集を数人のスタッフとともに自ら担当する制作スタイルを貫き、1960年代にキャリアを開始したのち半世紀にわたって作品を作り続けている。

経歴[編集]

ワイズマンは1930年にマサチューセッツ州ボストンでジェイコブ・レオ・ワイズマン(Jacob Leo Wiseman)とガートルード・リア(Gertrude Leah)の間に生まれる[1]。1951年にウィリアムズ・カレッジを卒業後、1954年にイェール大学ロースクール修了。ロースクール在学中から『イェール・ロー・レビュー』編集にかかわり、修了後は弁護士として活動するかたわらイェール大学やハーバード大学で講師として教壇に立つなど、優秀な若手法律家として将来を嘱望される存在だった[2]

しかししだいに映画への関心を強め、1964年、知人で著名な実験映画作家だったシャーリー・クラークの『クール・ワールド』(The Cool World)の制作にプロデューサーとして参加。これをきっかけに、自らドキュメンタリー映画の制作を模索するようになる[3]。デビュー作となった『チチカット・フォリーズ』(1967) はマサチューセッツ州の精神病院を取材した作品で、ナレーションや字幕を使わず、現場で対象をみずから撮影した素材だけで組み立てられている[4]

これにつづく初期の作品では、ワイズマンの関心は自由な人間性を拘束・改変しようとする組織的な力を描くことに向かっていると言われる[2]

第2作となった『高校』(1968) では、体育や音楽の授業で、発達しはじめた生徒の身体や心を一定の範囲内に抑え込もうとする教師の姿がくりかえし描かれる[3]。『基礎訓練』(1971) ではこれがより明確になり、指導教官が新兵にむかって「ここでの目標はおまえたちを枠にはめこむことだ」と何度も叱責する[3]

ただしワイズマンの手法の特徴は、そうした映像をTVドキュメンタリー番組のようにナレーションや字幕を使って明確に意味づけることを徹底して回避し、映像だけを観客の前に差し出すことにある[5]。観客は、さまざまな解釈の幅を含みこんだままの映像に対して、自ら働きかけて物語を読み込んでゆかねばならない[6]

これは映像におけるリアリズムを追求する潮流の中で1950年代から始まった「ダイレクト・シネマ Direct Cinema(ないしシネマ・ヴェリテ Cinéma Vérité)」と呼ばれる手法で、監督や脚本家・演出家の手による人為的な物語があらかじめ設定される通常の劇映画などと異なり、映像がダイレクトに観客の前に差し出されるように見えることからこの呼び名がある[6]。ワイズマンは『チチカット・フォリーズ』から『基礎訓練』にいたる一連の初期作品によって、この手法をとる代表的作家とみなされるようになった[5][1]

ワイズマンは以後半世紀にわたるキャリアのほぼ大半で、そうした映像素材だけを観客に差し出すかのように構成されたドキュメンタリー作品を作り続ける[1]。題材はアメリカ中西部の食肉加工工場、身体障害と病院・介護士たち、市庁舎や州議会など、きわめて多岐にわたっている[1]

ワイズマン自身がフランス語に堪能なことから、パリ・オペラ座や、長くミシュラン三つ星を守る老舗フランス料理店などフランスを舞台とした作品も多く、またトルストイ夫人を主人公として俳優のモノローグで構成された『あるカップル (Un Couple)』(2022) など、いくつか劇映画も制作している。

1971年に妻の名前を冠したプロダクション「ジッポラ・フィルムズ (Zipporah Films)」を設立、以後すべての作品はここから送り出されている[1]

受賞[編集]

監督作品[編集]

公開年 邦題 原題 長さ(分) 備考
1967 チチカット・フォーリーズ Titicut Follies 84
1968 高校 High School 75
1969 法と秩序 Law and Order 81 TV放送用に製作
1970 病院 Hospital 84 TV放送用に製作
1971 I Miss Sonia Henie 20
1971 基礎訓練 Basic Training 80
1972 エッセネ派 Essene 86
1974 少年裁判所 Juvenile Court 144
1974 霊長類 Primate 105
1975 福祉 Welfare 167
1976 Meat 112
1977 パナマ運河地帯 Canal Zone 174
1978 シナイ半島監視団 Sinai Field Mission 127
1979 軍事演習 Manoeuvre 115
1981 モデル Model 129
1982 セラフィータの日記 Seraphita's Diary 90 劇映画
1983 ストア The Store 118
1985 競馬場 Racetrack 114
1986 適応と仕事 Adjustment and Work 120
1986 聴覚障害 Deaf 164
1986 多重障害 Multi-Handicapped 126
1987 視覚障害 Blind 132
1988 ミサイル Missile 115
1989 セントラル・パーク Central Park 176
1989 臨死 Near Death 358
1991 アスペン Aspen 144
1993 動物園 Zoo 130
1994 高校2 High School II 220
1995 アメリカン・バレエ・シアターの世 Ballet 170
1996 コメディ・フランセーズ 演じられた愛 La Comédie-Française ou L'amour joué 223
1997 パブリック・ハウジング Public Housing 200
1999 メイン州ベルファスト Belfast, Maine 245
2001 DV ー ドメスティック・バイオレンス Domestic Violence 196
2002 最後の手紙 La dernière lettre 61 劇映画
2002 DV 2 Domestic Violence 2 200
2005 The Garden 196
2005 The Last Letter 90[8] TVシリーズ用短編
2005 Zyklon Portrait TVシリーズ用短編
2006 州議会 State Legislature 217
2009 パリ・オペラ座のすべて La Danse 159
2010 ボクシング・ジム Boxing Gym 91
2011 クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち Crazy Horse 134
2013 大学―At Berkeley At Berkeley 244
2014 ナショナル・ギャラリー 英国の至宝 National Gallery 180
2015 ニューヨーク、ジャクソン・ハイツへようこそ In Jackson Heights 190
2017 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス Ex Libris: The New York Public Library 197
2018 インディアナ州モンロヴィア Monrovia, Indiana 143
2020 ボストン市庁舎 City Hall 272
2022 Un couple 63 劇映画
2023 Menus Plaisirs - Les Troisgros 240

関連文献[編集]

(欧文)

  • Atkins, Thomas R., ed. Frederick Wiseman. New York: Monarch, 1976.
  • Benson, Thomas W., and Carolyn Anderson. Reality Fictions: The Films of Frederick Wiseman. 2d ed. Carbondale: Southern Illinois University Press, 2002.
  • llsworth, Liz. Frederick Wiseman: A Guide to References and Sources. Boston: G. K. Hall, 1979.
  • Grant, Barry Keith, ed. Five Films by Frederick Wiseman. Berkeley and Los Angeles: University of California Press, 2006.
  • Grant, Barry Keith. Voyages of Discovery: The Cinema of Frederick Wiseman. Urbana: University of Illinois Press, 1992.
  • Mamber, Stephen. Cinema Verite in America: Studies in Uncontrolled Documentary. Cambridge, MA: MIT Press, 1974.
  • Nichols, Bill. Ideology and the Image. Bloomington: Indiana University Press, 1981.
  • Siegel, Joshua, ed. Frederick Wiseman. New York: Museum of Modern Art, 2010.
  • Mamber, Stephen. Cinema Verite in America: Studies in Uncontrolled Documentary. Cambridge, MA: MIT Press, 1974.

(邦文)

  • 『ユリイカ 特集フレデリック・ワイズマン …ドキュメンタリー映画監督の軌跡』(青土社、2021)
  • 土本典昭鈴木一誌編『全貌フレデリック・ワイズマン アメリカ合衆国を記録する』(岩波書店、2011)ISBN 4000258133

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Siegel, Joshua, ed. Frederick Wiseman. New York: Museum of Modern Art, 2010.
  2. ^ a b Atkins, Thomas R., ed. Frederick Wiseman. New York: Monarch, 1976.
  3. ^ a b c Grant, Barry Keith. Voyages of Discovery: The Cinema of Frederick Wiseman. Urbana: University of Illinois Press, 1992.
  4. ^ Grant, Barry Keith, ed. Five Films by Frederick Wiseman. Berkeley and Los Angeles: University of California Press, 2006.
  5. ^ a b Benson, Thomas W., and Carolyn Anderson. Reality Fictions: The Films of Frederick Wiseman. 2d ed. Carbondale: Southern Illinois University Press, 2002.
  6. ^ a b Mamber, Stephen. Cinema Verite in America: Studies in Uncontrolled Documentary. Cambridge, MA: MIT Press, 1974.
  7. ^ “ジャッキー・チェンがアカデミー名誉賞を受賞、結成40周年迎えた成家班に感謝”. 映画ナタリー. (2016年11月14日). https://natalie.mu/eiga/news/209274 2016年11月14日閲覧。 
  8. ^ The Last Letter | ITVS” (英語). itvs.org. 2023年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]