マルセル・カルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Marcel Carné
マルセル・カルネ
マルセル・カルネ
1994年
生年月日 1906年8月18日
没年月日 1996年10月31日(満90歳没)
出生地 パリ
死没地 クラマール
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督脚本家
主な作品
天井桟敷の人々
嘆きのテレーズ

マルセル・カルネ(Marcel Carné, 1906年8月18日 - 1996年10月31日)は、フランスパリ出身の映画監督脚本家である。詩人でもあった脚本家ジャック・プレヴェールとの共同作品で有名。

人物・来歴[編集]

パリにある職業技術学校の写真映画科を卒業後、1929年に撮影助手として映画入りする。仕事ぶりが良かったことから、女優のフランソワーズ・ロゼーの紹介で、ロゼーの夫で映画監督のジャック・フェデーの下で助監督として働く。

1936年にロゼー主演の『ジェニイの家』でデビューすると、1938年に『霧の波止場』でヴェネツィア国際映画祭監督賞とルイ・デリュック賞を受賞。デビュー2年目でフランスを代表する巨匠としての名声を得る。

第2次世界大戦中、ナチスフランスが占領され、フェデー、ルネ・クレールジュリアン・デュヴィヴィエジャン・ルノワールといったほとんどの映画人がアメリカに亡命する中、国内に残留したカルネは、脚本家ジャック・プレヴェールと組んで1942年に『悪魔が夜来る』を発表。政治的にも経済的にも映画制作が困難な状況の下、反ファシズムの姿勢を貫いた。

パリ解放後の1945年、フランス映画史に今も燦然と輝く名作『天井桟敷の人々』を再びプレヴェールと組んで発表。その後もエミール・ゾラ原作の『嘆きのテレーズ』を監督するが、1960年代以降台頭したヌーヴェルヴァーグの時代に入ると低迷し、青年たちの非行問題を取り上げた『危険な曲がり角』でフランス・シネマ大賞を受賞したのみだった。

1971年ヴェネツィア国際映画祭栄誉金獅子賞を、1978年セザール賞の名誉賞を、1995年にはヨーロッパ映画賞の生涯功労賞を受賞しており、多くの映画人の尊敬を集めている。

主な監督作品[編集]

  • ジェニイの家 (1936)
  • 霧の波止場 (1938)
  • 北ホテル (1938)
  • 陽は昇る (1939)
  • 悪魔が夜来る (1942)
  • 天井桟敷の人々 (1945)
  • 夜の門 (1946)
  • 港のマリィ (1949)
  • 愛人ジュリエット (1950)
  • 嘆きのテレーズ (1952)
  • われら巴里ッ子 (1954)
  • 遥かなる国から来た男 (1956)
  • 危険な曲り角 (1958)
  • 広場(ひろっぱ)(1960)
  • マンハッタンの哀愁 (1965)
  • 若い狼たち (1967)

外部リンク[編集]