コンテンツにスキップ

山崎庸一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山崎 庸一郎
人物情報
生誕 (1929-10-02) 1929年10月2日
日本の旗 日本東京都
死没 2013年7月21日(2013-07-21)(83歳没)
出身校 東京大学
学問
研究分野 文学(フランス文学)
研究機関 学習院大学
テンプレートを表示

山崎 庸一郎(やまさき よういちろう[1]1929年10月21日 - 2013年7月21日)は、日本のフランス文学者翻訳家学習院大学名誉教授。

経歴

[編集]

1929年、東京生まれ。旧制学習院を経て、東京大学文学部仏文科で学ぶ。1953年に卒業。

卒業後は学習院大学フランス文学科助手となり、講師、助教授を経て教授に昇進。2000年に学習院大学を定年退職し、名誉教授となった。

受賞・栄典

[編集]

研究内容・業績

[編集]

著作

[編集]

著書

[編集]

共著

[編集]

翻訳

[編集]

サン=テグジュペリ関連

[編集]
  • 『城砦』(サン=テグジュペリ粟津則雄共訳、みすず書房、サン=テグジュペリ著作集) 1962
  • 『サン=テグジュペリ 愛と死』(ジュール・ロワ、晶文社) 1969
  • 『サン=テグジュペリの言葉』(訳編、彌生書房) 1973、のち新版 1997
  • 『空を耕すひと サン=テグジュペリの生涯』(カーティス・ケイト、渋沢彰共訳、番町書房) 1974
  • 『若き日の手紙』(サン=テグジュペリ、みすず書房) 1978
  • 『サン=テグジュペリ著作集』全11巻・別巻1(3、5巻は別訳)(みすず書房) 1983 - 1990
別巻は「証言」と「批評」での作家論。一部は新編版「サン=テグジュペリ・コレクション」全7巻 2000 - 2001
  • 『サン=テグジュペリの世界 星と砂漠のはざまに』(リュック・エスタン、岩波書店) 1990
  • 『永遠の星の王子さま サン=テグジュペリ最後の日々』(ジョン・フィリップスほか、図版解説、みすず書房) 1994
  • 『親愛なるジャン・ルノワールへ』(サン=テグジュペリ、山崎紅子共訳、ギャップ出版) 2000
  • 『小さな王子さま』(サン=テグジュペリ、みすず書房) 2005
  • 『サン=テグジュペリ デッサン集成』(佐藤久美子共訳、宮崎駿序文、みすず書房) 2007

テイヤール・ド・シャルダン関連

[編集]
  • 『ある思想の誕生』(テイヤール・ド・シャルダン、みすず書房、テイヤール・ド・シャルダン著作集8) 1969
  • 『愛について』(テイヤール・ド・シャルダン、みすず書房) 1974
  • 『永遠に女性的なるもの テイヤール・ド・シャルダンの一詩篇の研究』(アンリ・ド・リュバック、法政大学出版局) 1980
  • 『神のくに・宇宙讃歌』(テイヤール・ド・シャルダン、宇佐見英治共訳、みすず書房) 1984

シモーヌ・ヴェーユ関連

[編集]
  • シモーヌ・ヴェーユの世界』(ダヴィー、晶文社) 1968
  • 『シモーヌ・ヴェーユ ある肖像の素描』(リチャード・リース、筑摩叢書) 1972
  • 『シモーヌ・ヴェーユ伝』(ジャック・カボー、中条忍共訳、みすず書房) 1974
  • 『シモーヌ・ヴェーユ最後の日々』(ジャック・カボー、みすず書房) 1978
  • 『カイエ 1』(シモーヌ・ヴェーユ、原田佳彦共訳、みすず書房) 1998

記念論集

[編集]
  • 『友情の微笑み』山崎庸一郎古稀記念論文集刊行委員会 2000

参考資料

[編集]
  • 「山崎庸一郎略年譜」『友情の微笑み』山崎庸一郎古稀記念論文集刊行委員会 2000

脚注

[編集]
  1. ^ 『サン゠テグジュペリの生涯』(新潮社、1971)、『星の王子さまの秘密』(彌生書房、新装版 1994)、『小さな王子さま』(みすず書房、2005)、および『「星の王子さま」と学ぼう! はじめてのフランス語』(第三書房、2010)の著者(訳者)紹介によれば「やまさき」。カーティス・ケイト『空を耕すひと』(番町書房、1974)の著作権表記でも ‘Yamasaki’ である。一方リュック・エスタン『サン゠テグジュペリの世界』(岩波書店、1990)の奥付では訳者名のふりがなが「やまざき」となっている。:ちなみにフランス語では母音に挟まれたsは濁音となるので、本人が「やまざき」と読ませるつもりで用いたフランス語風のローマ字表記をひらがなに変換するにあたって濁らずに読み、それが以後も踏襲されていったという可能性は否定できない。
  2. ^ 秋の叙勲・褒章(私学関係者)”. 日本私立大学協会 (2009年11月4日). 2023年4月14日閲覧。
  3. ^ 座談会『星の王子さま』の魅力(『有隣』397)