ジョルジュ・ベルナノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョルジュ・ベルナノス
Georges-Bernanos.jpg
誕生 ルイ=エミール=クレマン=ジョルジュ・ベルナノス(Louis-Émile-Clément-Georges Bernanos)
(1888-02-20) 1888年2月20日
フランスの旗 フランス共和国パリ
死没 (1948-07-05) 1948年7月5日(60歳没)
フランスの旗 フランスヌイイ=シュル=セーヌ
職業 小説家思想家
国籍 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

ジョルジュ・ベルナノスフランス語: Georges Bernanos1888年2月20日1948年7月5日)は、20世紀フランス作家思想家

生涯[編集]

パリの室内装飾職人の家庭に生まれる。幼少期から青年期にはパ=ド=カレー県にあるフレッサン(Fressin)という小さな村で主に過ごす。ブールジュ(Bourges)の神学校とエール=シュル=ラ=リス(Aire-sur-la-Lys)のコレージュで学び、1906年パリ大学へ進む。 18歳の時からアクション・フランセーズに入団し1908年にはその行動隊であるカムロ・デュ・ロワ(Camelots du roi)に所属し、その首領格として昼は共和派の集会を妨害し警官隊と衝突、夜は果てしない議論に没頭するという生活を送る。活動によりサンテ刑務所に収監され、その間に書評と論文を書き新聞に投稿し始める。1913年から王党派の新聞に本格的に論説を載せるようになる。1914年第一次世界大戦がはじまると志願して戦地に赴いている。戦後は生活のために保険会社の調査員となり、パリやムーズ県に居を構え、出張先で小説を書きつづるようになる[1]

1922年から小説を発表し、1926年に『悪魔の陽の下で Sous le soleil de Satan』により大きな反響を呼んだ。文筆で生活することを決意し、小説執筆のかたわら、アクション・フランセーズのために政治に関するエッセイ寄稿・講演活動を行う。1936年に出版された小説『田舎司祭の日記 Journal d'un curé de campagne』は諸外国語にも翻訳されるほど反響を呼び、作家としての地位が確立される[2]

1936年から37年にかけて書かれた政治的エッセイ『月下の大墓地 Les Grands Cimetières sous la lune』により、スペイン内戦の際に自分が所属していたフランス右翼やカトリック教会がとった政策や態度を批判したベルナノスは、この後は論争文や政治的エッセイに集中し、ほとんど小説が書けなくなった[3]

1938年にフランスを去りブラジルに渡り、パリがナチス・ドイツに占領された1940年バルバセーナ近郊に農場を買って農業と牧畜を始めるかたわら、ド・ゴール自由フランスの呼びかけに応じて、ブラジルの新聞や抵抗組織を通じてロンドンベイルートアルジェリアなどの地下新聞に抵抗を鼓舞する檄文を書き始め、リオ・デ・ジャネイロの放送で幾度も故国のレジスタンスに呼びかけた[4]1945年のフランス解放後に帰国。1948年3月から病床につき、7月に死去。

著作[編集]

小説[編集]

  • Sous le soleil de Satan, Paris, Plon, (1926)
  • L'Imposture, Paris, Plon, (1927)
  • La Joie, La Revue universelle, (1928)
  • Un crime, Paris, Plon, (1935)
  • Journal d'un curé de campagne, La Revue hebdomadaire, 1935-1936 ; Paris, Plon, (1936)
  • Nouvelle histoire de Mouchette, Paris, Plon, (1937)
  • Monsieur Ouine, Rio de Janeiro, (1943)
  • Un mauvais rêve, édition posthume, Paris, Plon, (1950)
  • Dialogues d'ombres, Paris, Seuil, (1955)

戯曲[編集]

  • Dialogues des carmélites, Paris, Seuil, (1949)

政治的エッセイ、他[編集]

  • La Grande Peur des bien-pensants, Paris, Grasset, (1931)
  • Jeanne, Relapse et Sainte,Paris, Plon, (1934)
  • Les Grands Cimetières sous la lune, Paris, Plon, (1938)
  • Saint Dominique, Gallimard, Paris, (1939)
  • Scandale de la vérité, Gallimard, Paris, (1939)
  • Nous autres, Français, Gallimard, (1939)
  • Lettre aux Anglais, Atlântica editora, Rio de Janeiro (1942)
  • La France contre les robots, Rio de Janeiro, 1944, puis Robert Laffont, (1947)
  • Le Chemin de la croix-des-âmes, Rio de Janeiro de 1943 à 1945, 4 volumes, puis Gallimard, (1948)
  • Français, si vous saviez... (Recueil d'articles écrits entre 1945 et 1948), Paris, Gallimard, (1961)
  • Les Enfants humiliés, Gallimard, (1949)
  • La Liberté, pour quoi faire ? (cinq conférences prononcées en 1946 et 194733), Gallimard, (1953)
  • Le Crépuscule des vieux, Gallimard, NRF, (1956)

日本語訳[編集]

  • 三輪秀彦・訳「影の対話」(中央公論『世界の文学52巻』)
  • 木村太郎・訳『悪魔の陽の下で』(新潮社、1954年)
  • 木村太郎・訳『田舎司祭の日記』(養徳社、1941年)
  • 山本功・訳『死せる教区』(思潮社、1972年)
  • 高坂和彦・訳『月下の大墓地』(白馬書房、1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 高坂和彦・訳 『月下の大墓地』 白馬書房、1973年、304p。
  2. ^ 高坂和彦・訳 『月下の大墓地』 白馬書房、1973年、307p。
  3. ^ 高坂和彦・訳 『月下の大墓地』 白馬書房、1973年、309p。
  4. ^ 高坂和彦・訳 『月下の大墓地』 白馬書房、1973年、310p。