二宮敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二宮 敬(にのみや たかし、1928年9月27日 - 2002年)は、日本フランス文学者東京大学文学部名誉教授。

人物[編集]

東京出身。1945年東京府立第六中学校(現都立新宿高等学校)卒業。東京大学仏文科卒、渡辺一夫の高弟で後継者。1963年東大仏文科助教授、1974年教授、1989年定年退官し、フェリス女学院大学教授、1994年白百合女子大学教授。フランスルネッサンス期を中心に文学および思想史を研究した。歴史学者(中世フランス)の二宮宏之は弟、フランス文学者の二宮フサは夫人である。

「渡辺一夫著作集」(全14巻、筑摩書房)を編纂し、また原文の大半が仏語の「渡辺一夫敗戦日記」を編訳した(博文館新社 1995年)。

著書・編著[編集]

  • 「人類の知的遺産 23.エラスムス講談社、1984年、※解説担当(月村辰雄訳 『学習計画』『パラクレシス』『戦争は体験しない者にこそ快し』)
  • 「フランス・ルネサンスの世界 二宮敬著作集筑摩書房、2000年

翻訳[編集]

  • 「けものたち・死者の時」 ピエール・ガスカール 渡辺一夫・佐藤朔共訳 岩波書店, 1955年、岩波文庫、2007年
  • 「おやじ・俺にも一言」 J.F.ブルボン 紀伊国屋書店、1958年
  • 「太陽の影 アルジェリア出征兵士の手記」 ジャン・ミュレール 鈴木道彦小林善彦共訳 青木書店、1958年
  • 「十六世紀フランス文学」 V.L.ソーニェ 山崎庸一郎荒木昭太郎共訳 白水社 (文庫クセジュ)、1958年、改版1990年
  • 危険な遊び」 ルネ・マソン 三笠書房、1959年
  • 「自由思想の歴史」 アルベール・バイエ 二宮フサ共訳 白水社 (文庫クセジュ)、1960年
  • 「ヨーロッパ中世の哲学」 エドワール・ジョノー 白水社 (文庫クセジュ)、1964年、のち改版
  • 痴愚神礼讃エラスムス、渡辺一夫共訳 中央公論社(世界の名著)、1969年、新版中公クラシックス、2006年
  • 「愛せないのに」 エルヴェ・バザン 山本顕一共訳 白水社(新しい世界の文学7)、1970年
  • 「シャルル九世年代記」 プロスペル・メリメ、中央公論社(新集.世界の文学13)、1971年
  • 「ルネサンスの哲学」 エレーヌ・ヴェドリーヌ 白井泰隆共訳 白水社 (文庫クセジュ)、1972年
  • 「フランス・ルネサンスの文明 人間と社会の基本像」 リュシアン・フェーブル 創文社歴史学叢書、1981年、ちくま学芸文庫、1996年
  • 「図説天才の子供時代 歴史のなかの神童たち」 E・ル・ロワ・ラデュリー、ミシェル・サカン 新曜社(監訳)、1998年