山田宏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 宏一(やまだ こういち、1938年9月13日[1]- )は、日本の映画評論家翻訳家

経歴[編集]

インドネシアジャカルタ生まれ。東京外国語大学フランス語学科卒業。1964〜1967年にパリ在住。その間「カイエ・デュ・シネマ」の同人となり、ジャン=リュック・ゴダールフランソワ・トリュフォーらと交友する。この時代の経験は後に、著書『友よ映画よ』で描いている。

帰国後、『キネマ旬報』『話の特集』などに連載を行い、映画評論活動に入る。フランスの前衛的な映画から、マキノ雅弘などの娯楽映画まで、同じスタンスで論じる評論スタイルで注目される。また、翻訳、インタビュー、聞き書きなども多数ある。なお、マキノ雅弘の自伝『映画渡世』も、マキノの著書となっているが、山根貞男と山田による聞き書きである。

青山学院大学学習院大学で講師をした時期は、自身はほとんど語らず「映像を持って語らせる」手法で、映画論を講じた。

表彰[編集]

  • 1992年 「トリュフォー ある映画的人生」で、第1回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞(選考:蓮實重彦)。
  • 2007年 第5回文化庁映画賞の映画功労表彰部門を受賞。
  • 2016年、キネマ旬報の2015年度映画本大賞で、『映画的な、あまりに映画的な 日本映画について私が学んだ二、三の事柄』が第1位に選出される[2]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『映画について私が知っている二、三の事柄』三一書房 1971/改題『シネ・ブラボー2』ケイブンシャ文庫 1985
  • 『映画 この心のときめき』白川書院, 1976/早川書房, 1989
  • 『友よ映画よ わがヌーヴェル・ヴァーグ誌』話の特集 1978、増訂版1985/ちくま文庫, 1992/平凡社ライブラリー, 2002
  • 『走れ!映画』たざわ書房 1979
  • 『シネ・ブラボー 小さな映画誌』勁文社<ケイブンシャ文庫>, 1984
  • 『美女と犯罪 映画的なあまりに映画的な』早川書房 1984/ハヤカワ文庫 1989/ワイズ出版(増補版) 2001
  • 『シネ・ブラボー2』勁文社<ケイブンシャ文庫>, 1984
  • 『シネ・ブラボー3 わがトリュフォー』勁文社<ケイブンシャ文庫> 1985
  • 『きょうのシネマは シネ・スポット三百六十五夜』平凡社 1988
  • 『わがフランス映画誌』平凡社 1990
  • 『トリュフォー ある映画的人生』平凡社 1991、増訂版1994/平凡社ライブラリー, 2002
  • 『ビデオラマ 空想の映画館・記憶の映画館』講談社 1993
  • エジソン的回帰』青土社 1997
  • 『山田宏一の日本映画誌』ワイズ出版 1997
    • 「映画的な、あまりに映画的な 日本映画について私が学んだ二、三の事柄II」ワイズ出版〈映画文庫〉 2015 全面改稿版
  • 『山田宏一のフランス映画誌』ワイズ出版 1999
  • 『恋の映画誌』新書館 2002
  • 次郎長三国志 マキノ雅弘の世界』ワイズ出版 2002
  • 『フランソワ・トリュフォー映画読本』平凡社 2003
  • 『フランソワ・トリュフォーの映画誌』平凡社 2004
  • 『何が映画を走らせるのか?』草思社 2005
  • 『日本侠客伝 マキノ雅弘の世界』ワイズ出版 2007
    • 「マキノ雅弘の世界 映画的な、あまりに映画的な」ワイズ出版〈映画文庫〉 2012 元版2冊を再編・改稿版
  • ゴダール、わがアンナ・カリーナ時代』ワイズ出版 2010 絵・装丁和田誠
  • 『映画の夢、夢のスター』幻戯書房 2011
  • 『トリュフォーの手紙』平凡社 2012
  • 『映画 果てしなきベスト・テン』草思社 2013
  • 『ヌーヴェル・ヴァーグ 山田宏一写真集』平凡社 2013
  • 『映画的な、あまりに映画的な 日本映画について私が学んだ二、三の事柄』ワイズ出版〈映画文庫〉 2015
  • 『ヒッチコック映画読本』平凡社 2016 集大成決定版
  • ハワード・ホークス映画読本』国書刊行会 2016

共著[編集]

  • 『たかが映画じゃないか』和田誠共著 文藝春秋 1978/文春文庫, 1985
  • 『トリュフォーそして映画 フランソワ・トリュフォー述』蓮實重彦共著 話の特集 1980
  • 『映画の夢・夢の女』山田宏一文+山口はるみ絵 話の特集 1980
  • 『映画となると話はどこからでも始まる』淀川長治・蓮實重彦共著 勁文社 1985
  • 『映画とは何か 山田宏一映画インタビュー集』草思社 1988
  • 『映画千夜一夜』淀川長治・蓮實重彦共著 中央公論社 1988/中公文庫 上下, 2000 
  • 『映画、輪舞のように』秦早穂子 朝日新聞社, 1996
  • 『キン・フー武侠電影作法-A touch of King Hu』キン・フー宇田川幸洋 草思社 1997
  • 『映画は語る』淀川長治 中央公論新社 1999
  • 『傷だらけの映画史 ウーファからハリウッドまで』蓮實重彦 中公文庫 2001
  • 『教養主義!』フリースタイル 2003
他に執筆者は、村上知彦中条省平石上三登志金井美恵子萩原健太高橋源一郎飯沢耕太郎和田誠井家上隆幸鷲田清一片岡義男
  • 『銀幕の天才』森繁久彌 ワイズ出版 2003 インタビューほか
  • 『香港への道 中川信夫からブルース・リーへ』西本正山根貞男と聞き手 筑摩書房リュミエール叢書 2004
  • 『ヒッチコックに進路を取れ』和田誠共著(絵・装丁も)草思社 2009/草思社文庫 2016
  • 『トリュフォー最後のインタビュー』蓮實重彦共著 平凡社 2014

編集本[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]