映画術 ヒッチコック/トリュフォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映画術 ヒッチコック/トリュフォー
Hitchcock/Truffaut
著者 フランソワ・トリュフォー
アルフレッド・ヒッチコック
訳者 山田宏一
蓮實重彦
発行日 フランスの旗 1966年
アメリカ合衆国の旗 1966年
日本の旗 1981年
日本の旗 1990年12月1日(改訂版)
発行元 フランスの旗 Éditions Robert Laffont
アメリカ合衆国の旗 Simon & Schuster
日本の旗 晶文社
ジャンル ノンフィクション映画
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ページ数 日本の旗 384
コード ISBN 978-4794956415
ISBN 978-4794958181(改訂版)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

映画術 ヒッチコック/トリュフォー』(えいがじゅつ ヒッチコック トリュフォー、Hitchcock/Truffaut)は、フランソワ・トリュフォーによるアルフレッド・ヒッチコックへのインタビューを収録した1966年の書籍。

フランス語ではLe Cinéma selon Alfred Hitchcock、英語ではHitchcock/Truffautとして同時に出版され[1]、日本では1981年山田宏一蓮實重彦の翻訳で晶文社より出版されたのち、1990年12月1日に『定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー』として改訂版が出版された。映画のバイブルとして各国で翻訳され[2]、日本でも約7万部のロングセラーとなっている[3]

最初はÉditions Robert Laffontから出版され、ヒッチコックの死後、トリュフォーによって後のヒッチコック作品の情報が序文と最終章に補完された[4]

本作を題材にした映画『ヒッチコック/トリュフォー』が2015年に公開された[5]

概要[編集]

1962年にトリュフォーがユニバーサル・スタジオの会議室で行った、ヒッチコックへの映画についてのインタビューが収録されている。インタビューは1週間以上、録音テープは50時間分に及んでおり、本書はその音源を書き起こし、写真とともにヒッチコックのテクニックと映画理論を解説している[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]