ディック・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディック・スミス
Dick Smith
Dick Smith
2009年
本名 Richard Emerson Smith
生年月日 (1922-06-26) 1922年6月26日
没年月日 (2014-07-30) 2014年7月30日(92歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ラーチモント
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 メイクアップアーティスト
活動期間 1948年 - 1999年
配偶者 Jocelyn De Rosa (1944 - 2014)
著名な家族 子供2人

ディック・スミスDick Smith 本名:Richard Emerson Smith 1922年6月26日 - 2014年7月30日[1])は、アメリカ合衆国メイクアップアーティスト

来歴・人物[編集]

ニューヨーク州ラーチモント出身。当初は歯科医志望だったが、19歳の時に「ブック・オブ・メイクアップ」を読んで、メイクアップアーティストを志すようになる。

1945年NBCテレビが開局すると、テレビ界では初めてとなる常勤のメイクアップアーティストとなる。当時のテレビドラマはすべて生放送だったが、スミスは出演者の老けメイクを即興でこなして名を上げた[2]

その後映画界へと進出、フォームラテックス (液状の特殊ゴム素材=ラテックスミキサーで撹拌・発泡させた後、オーブンで焼き上げ、柔らかいスポンジ状にした物)製のマスクを小さなパーツに分解する“オーバーラップ・アプライエンス”という手法を映画で初めて使用して注目を集める[3]

小さな巨人』(ダスティン・ホフマン)や『エクソシスト』(リンダ・ブレアマックス・フォン・シドー)、『ゴッドファーザー』(マーロン・ブランド)、『タクシードライバー』(ロバート・デ・ニーロ)でのメイクが有名で、繊細でリアリスティックなメイクを得意とした。1984年、『アマデウス』で老サリエリF・マーリー・エイブラハム)の老けメイクを担当して、第57回アカデミーメイクアップ賞を受賞した。

黒沢清監督のホラー映画スウィートホーム』のメイクを担当したほか、1992年から2000年まで代々木アニメーション学院特殊メイク科で講師を務めた[4]

2011年第84回アカデミー名誉賞を受賞した。弟子にリック・ベイカー辻一弘らがいる。

2014年7月30日に老衰で死去した。92歳没。

主な作品[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]