ジェームズ・アール・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェームズ・アール・ジョーンズ
James Earl Jones
James Earl Jones
2010年
別名義 Todd Jones
生年月日 (1931-01-17) 1931年1月17日(89歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州アーカバトラ
職業 俳優
活動期間 1953年 - 現在
配偶者
ジュリアン・マリー英語版
(m. 1968; div. 1972)

セシリア・ハート英語版
(m. 1982; d. 2016)
著名な家族 ロバート・アール・ジョーンズ
主な作品
『スター・ウォーズ』シリーズ
『ボクサー』
テンプレートを表示

ジェームズ・アール・ジョーンズ(James Earl Jones、1931年1月17日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、声優。ミシシッピ州出身。

演技派・個性派の俳優としてシリアスからコメディまで幅広く活躍する一方で、美声の持ち主としても知られ声優も数多くこなす。『スター・ウォーズシリーズ』のダース・ベイダーの声で知られる[1]

来歴[編集]

父親のロバート・アール・ジョーンズも俳優。父親はジェームズが生まれる前に家族の元を去り[2]、祖父母に育てられる[2]。子供の頃は吃音がひどく、高校に入るまではほとんど人前で声を発しなかったという[3]。吃音を治すために演技のレッスンを受けたのが演技を始めるきっかけとなった。

ミシガン大学予備役将校訓練課程に入ったが退学。除隊後に俳優となる。映画デビューは1964年の『博士の異常な愛情』。1969年にはブロードウェイの舞台"The Great White Hope"でトニー賞を受賞、翌年、同作品の映画化『ボクサー』でアカデミー賞にノミネートされた。

2011年アカデミー名誉賞を受賞した[4]

2014年、第1回ボイス・アイコン・アワードを受賞[5]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1964 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb
ゾッグ少尉
1970 ボクサー
The Great White Hope
1977 スター・ウォーズ
Star Wars
ダース・ベイダーの声 初公開時はクレジット無し
エクソシスト2
Exorcist II: The Heretic
1980 スター・ウォーズ/帝国の逆襲
The Empire Strikes Back
ダース・ベイダーの声 初公開時はクレジット無し
1981 武士道ブレード
The Bushido Blade
捕鯨船の乗組員
1982 コナン・ザ・グレート
Conan the Barbarian
タルサ・ドゥーム
1983 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐
Return of the Jedi
ダース・ベイダーの声
1986 マイリトルガール きらめきの夏
My Little Girl
ミスター・ソウルマン
Soul Man
キング・ソロモンの秘宝2/幻の黄金都市を求めて
Allan Quatermain and the Lost City of Gold
1987 メイトワン1920
Matewan
ピノキオ 新しい冒険
Pinocchio and the Emperor of the Night
大魔王の声 アニメ
1988 星の王子 ニューヨークへ行く
Coming to America
ザムンダ国王
1989 3人の逃亡者
Three Fugitives
フィールド・オブ・ドリームス
Field of Dreams
テレンス・マン
1990 レッド・オクトーバーを追え!
The Hunt for Red October
ジェームズ・グリーア提督
1992 ラーマーヤナ ラーマ王子伝説
Ramayana: The Legend of Prince Rama
ナレーター
パトリオット・ゲーム
Patriot Games
ジェームズ・グリーア提督
スニーカーズ
Sneakers
1993 サンドロット/僕らがいた夏
The Sandlot
ミスター・マートル
ジャック・サマースビー
Sommersby
1994 裸の銃を持つ男 Part 33 1/3 最後の侮辱
The Naked Gun 33⅓: The Final Insult
本人役 クレジット無し
ライオン・キング
The Lion King
ムファサの声 アニメ
今そこにある危機
Clear and Present Danger
ジェームズ・グリーア提督
1995 ジェファソン・イン・パリ/若き大統領の恋
Jefferson in Paris
輝きの大地
Cry, the Beloved Country
1997 キャスパー -誕生編-
Casper: A Spirited Beginning
キボシの声 ビデオ映画
1998 ライオン・キング2 シンバズ・プライド
The Lion King II Simba's Pride
ムファサの声 アニメ
ビデオ映画
2005 ロボッツ
Robots
ハードウェアストアのボイスボックス アニメ
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
ダース・ベイダーの声 クレジット無し
2006 がんばれ!ベンチウォーマーズ
The Benchwarmers
ダース・ベイダー人形の声
2008 ミート・ザ・ジェンキンズ
Welcome Home, Roscoe Jenkins
2014 余命90分の男
The Angriest Man in Brooklyn
ルーベン
2016 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
Rogue One: A Star Wars Story
ダース・ベイダーの声
2019 ライオン・キング
The Lion King
ムファサの声
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
Star Wars: The Rise of Skywalker
ダース・ベイダーの声

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1979 ルーツ2
Roots: The Next Generations
アレックス・ヘイリー ミニシリーズ
第7話「Part VII (1960-1967)」
1986 フェアリーテール・シアター
Faerie Tale Theatre
ジーニー/ナレーター  第5シーズン第1話「アラジンと魔法のランプ
1990-1998 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
Moving Man / Serak the Preparer / Narrator 第2シーズン第3話「ハロウィーン・スペシャル英語版
マギー・シンプソンの声 第5シーズン第5話「ハロウィーン・スペシャルIV英語版
ナレーター 第9シーズン第15話「小学国連クラブ漂流記英語版
1997 スターゲイト SG-1
Stargate SG-1
ウナスの声 第1シーズン第10話「雷神トールのハンマー」
ホミサイド/殺人捜査課
Homicide: Life on the Street
フェリックス・ウィルソン 計3話出演
2003-2004 エバーウッド 遥かなるコロラド
Everwood
ウィル・クリーブランド 計3話出演
2009 Dr.HOUSE
House M.D.
ディバラ 第6シーズン第4話「独裁者」
2014 ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則
The Big Bang Theory
本人役 第7シーズン第14話「ダース・ベイダーと過ごす夜の法則」
2014-2018 スター・ウォーズ 反乱者たち
Star Wars Rebels
ダース・ベイダーの声 計4話出演(内1話はクレジット無し)

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 最も偉大な「映画の悪役」ランキング 1位はダース・ベイダー - ライブドアニュース
  2. ^ a b James Earl Jones Biography (1931-)”. Film Reference. 2008年2月20日閲覧。
  3. ^ James Earl Jones (1996年6月29日) (Audio/Transcript). インタビュアー:the Academy of Achievement for the National Medal of Arts. Sun Valley, Idaho. オリジナルの2010年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100906211247/http://www.achievement.org/autodoc/page/jon2int-2+2008年2月20日閲覧。 
  4. ^ Oprah shines, Ratner controversy fades at honorary Oscars gala”. ロサンゼルス・タイムズ (2011年11月12日). 2012年2月28日閲覧。
  5. ^ “ダース・ベイダー声優が第1回ボイス・アイコン・アワード受賞!”. シネマトゥデイ. (2014年11月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068027 2014年11月10日閲覧。 

外部リンク[編集]