マーナ・ロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーナ・ロイ
Myrna Loy
Myrna Loy
マーナ・ロイの宣材写真
本名 Myrna Adele Williams
生年月日 (1905-08-02) 1905年8月2日
没年月日 (1993-12-14) 1993年12月14日(88歳没)
出生地 モンタナ州レイダースバーグ
死没地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1925年 - 1982年
配偶者 Arthur Hornblow, Jr.
(1936-1942)
John Hertz, Jr. (1942-1944)
Gene Markey (1946-1950)
Howland H. Sargeant
(1951-1960)
影なき男の影』(1941年)より

マーナ・ロイ(Myrna Loy、1905年8月2日 - 1993年12月14日)は、アメリカ合衆国の女優。良妻賢母な女性役を得意とし、戦前は日本でも絶大な人気を集めた。本名はMyrna Adele Williams。

生涯[編集]

モンタナ州レイダースバーグ生まれ。父方はウェールズ系、母親はスウェーデン及びスコットランド系[1][2]。州議会の議員も務めた牧場主の娘で、1912年に州都ヘレナに移る。ヘレナ出身の俳優ゲイリー・クーパーと幼い頃に遊んだことがあるという。1918年に父がインフルエンザにより急逝[3]したのがきっかけで、母と共にロサンゼルス近郊に移住、それまでロサンゼルスの寄宿生女学校に学んでいたが、公立のヴェニス・ハイスクールに転じた。ちなみに同校の庭に建てられた彫像は在学中に彼女がモデルとして選ばれたものであり、今でも校庭の跡地に彫像は残っているが、現在は鉄柵で囲まれている[4]

卒業後は少女時代から習っていたダンスの特技を生かし、ダンス教師として自活。1923年グローマンズ・チャイニーズ・シアターのダンシング・チームに参加し、『十誡』のアトラクションで踊っていたところを写真家のヘンリー・ワックスマンが撮影し、それを見たルドルフ・ヴァレンティノが映画に起用しようとテストを受けさせたが、デビューは実現しなかったものの、『ベン・ハー』に端役としての出演を経て、1925年に『美人帝国』でデビュー。しかし別の文献によるとダグラス・フェアバンクス主演の『バグダッドの盗賊』上映のアトラクションとしてで踊っていたところをスカウトされたという説もある。ワーナー・ブラザースと契約し、芸名もガートルード・スタインの詩をヒントにマーナ・ロイとした。

1928年の"Crimson City"で中国女性を演じてからは、サイレント期は60本余りの作品でエキゾチックな妖婦役が専門であったが、1931年『人類の戦士』でまじめな役を与えられてからは心のやさしい女性役が多くなる。フォックス社に一年間在籍したのち、1933年メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社と契約してからは、アーヴィング・タルバーグに認められて、1932年の『男の世界』や1936年の『巨星ジークフェルド』をはじめ、次々と話題作に出演し、人気が頂点に達した。特に1934年からはじまる「影なき男」シリーズは、ウィリアム・パウエルとの名探偵コンビが大評判となり一時代を築いた。二人はその後、『影なき男』シリーズ6本を含む12本で共演。実生活でも恋仲である事を噂されたが、実際には二人の間には何もなかったという。

戦後は1946年の『我等の生涯の最良の年』のフレドリック・マーチ扮する帰還兵の妻役で人気が再燃、1950年の『一ダースなら安くなる』に出演したのち、次第に脇役に回るも、その後もハリウッドの大御所女優のひとりとして活躍した。1950年代末から舞台へと進出、『裸足で散歩』のシカゴ公演ではサラ・シドンズ賞を受賞した。1973年にはブロードウェイにもデビューを果たす。

結婚歴は4度。戦中は赤十字活動、戦後は反マッカシーズムを表明。ユネスコ婦人代表をつとめたり、民主党の大統領候補を応援するなど政治への関心も強く、また、社会への献身的な活動も評価されている。1990年に、故郷ヘレナに劇場「ザ・マーナ・ロイ・センター」がオープンする。1991年には第63回アカデミー賞名誉賞を受賞した(プレゼンターはアンジェリカ・ヒューストン。マーナ自身は中継で登場した)。

1993年12月14日、乳癌で死去。88歳。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1925 美人帝国
Pretty Ladies
ジーグフェルドガール クレジットなし
ベン・ハー
Ben-Hur: A Tale of the Christ
奴隷 クレジットなし
1926 特製鋼鉄人形
The Caveman
メイド
娘は帰る
Why Girls Go Back Home
サリー
鉱金広小路
The Gilded Highway
イネス
陽炎の夢
Exquisite Sinner
生ける彫像
陽気な巴里っ子
So This Is Paris
メイド
ドン・ファン
Don Juan
マイ
太平洋横断
Across the Pacific
ロマ
1927 指紋名探偵
Finger Prints
ヴァンプ
純情無敵
Bitter Apples
ベリンダ
女丈夫
The Climbers
伯爵夫人ヴェヤ
速成恋愛術
Simple Sis
エディス
間諜
The Heart of Maryland
ムラッタ
満腹狂奏曲
A Sailor's Sweetheart
クローデット
ジャズ・シンガー
The Jazz Singer
コーラス・ガール クレジットなし
市俄古から来た女
The Girl from Chicago
メアリー・カールトン
亭主三拝九拝
If I Were Single
ジョアン
戦線膝栗毛
Ham and Eggs at the Front
フィフィ
1928 母よ愚かなれ
Beware of Married Men
ファニタ
港々に女あり
A Girl in Every Port
中国の女 クレジットなし
ノアの方舟
Noah's Ark
ダンサー
1929 黒時計聯隊
The Black Watch
ヤスマニ
スコール
The Squall
ヌビ
恋の大分水嶺
The Great Divide
マヌエラ
1930 生命の切札
Cameo Kirby
レア
逃走の島
Isle of Escape
モイラ
曠原の血煙
The Last of the Duanes
ローラ
反逆者
Renegades
エレノア
放蕩息子
The Devil to Pay!
メアリー
1931 肉と霊
Body and Soul
アリス・レスター
愉快な武士道
A Connecticut Yankee
モルガン
影を持つ女
Hush Money
フロ
大西洋横断
Transatlantic
ケイ・グラハム
摩天楼の悲劇
Skyline
ポーラ・ランバート
人類の戦士
Arrowsmith
ミセス・ジョイス
1932 愛に叛く者
Emma
イザベル
十三号室の女
The Woman in Room 13
サリ
今晩は愛して頂戴ナ
Love Me Tonight
ヴァレンティン
成吉斯汗の仮面
The Mask of Fu Manchu
Fah Lo See
1933 トパーズ
Topaze
ココ
カイロの一夜
The Barbarian
ダイアナ
世界拳闘王
The Prizefighter and the Lady
ベル
宿命の窓
Penthouse
Gertie Waxted
夜間飛行
Night Flight
ブラジル人パイロットの妻
1934 白衣の騎士
Men in White
ローラ
男の世界
Manhattan Melodrama
エレノア・パッカー
影なき男
The Thin Man
ノラ・チャールズ
逆間諜
Stamboul Quest
アンネマリー
悪夢
Evelyn Prentice
イヴリン・プレンティス
其の夜の真心
Broadway Bill
王女
1935 盲目の飛行士
Wings in the Dark
シェイラ
諾?否?
Whipsaw
ヴィヴィアン
1936 妻と女秘書
Wife vs. Secretary
リンダ
極地の青春
Petticoat Fever
アイリーン・キャンプトン
巨星ジーグフェルド
The Great Ziegfeld
ビリー・バーク
人妻日記
To Mary - with Love
メリー・ウォレス
結婚クーデター
Libeled Lady
コニー
夕陽特急
After the Thin Man
ノラ・チャールズ
1937 恋の挽歌
Double Wedding
ミセス・ケイティ・オシェア
結婚十字路
Double Wedding
マーギット・アグニュー
1938 テスト・パイロット
Test Pilot
アン
地球を駆ける男
Too Hot to Handle
アルマ・ハーディング
1939 雨ぞ降る
The Rains Came
Lady Edwina Esketh
第三の影
Another Thin Man
ノラ・チャールズ
1941 影なき男の影
Shadow of the Thin Man
ノラ・チャールズ
1945 風車の秘密
The Thin Man Goes Home
ノラ・チャールズ
1946 我等の生涯の最良の年
The Best Years of Our Lives
ミリー・スティーブンソン
1947 独身者と女学生
The Bachelor and the Bobby-Soxer
マーガレット
影なき男の唄
Song of the Thin Man
ノラ・チャールズ
1948 ウチの亭主と夢の宿
Mr. Blandings Builds His Dream House
ミュリエル・ブランディングス
1949 赤い子馬
The Red Pony
アリス
1950 一ダースなら安くなる
Cheaper by the Dozen
リリアン・ギルブレス
1952 続 一ダースなら安くなる
Belles on Their Toes
リリアン・ギルブレス
1956 恋は巴里で
The Ambassador's Daughter
カートライト夫人
1958 孤独の旅路
Lonelyhearts
フローレンス
1960 孤独な関係
From the Terrace
マーサ・イートン
誰かが狙っている
Midnight Lace
ビーおばさん
1969 幸せはパリで
The April Fools
グレイス・グリーンロウ
1972 刑事コロンボ/黒のエチュード
Columbo: Étude in Black
リジー・フィールディング テレビシリーズ
1974 恐怖のエレベーター/高層ビルパニック
The Elevator
アマンダ テレビ映画
エアポート'75
Airport 1975
デヴァニー夫人
1977 キラー・アンツ 蟻/リゾートホテルを襲う人喰い蟻の大群
It Happened at Lakewood Manor
エセル テレビ映画
1978 ジ・エンド
The End
モーリーン・ローソン

参照[編集]

  1. ^ "Myrna Loy, Once And Always; Actress, Activist & American Ideal: The Kennedy Center Honors a Star." The Washington Post via HighBeam Research. Retrieved: December 24, 2010.
  2. ^ Reed, Rex. "Myrna's Back - And Boyer's Got Her." The New York Times, April 13, 1969. Retrieved: December 24, 2010.
  3. ^ "Loy, Myrna." accuracyproject.org. Retrieved: November 17, 2011.
  4. ^ Los Angeles Times, April 11, 2001.

外部リンク[編集]