城昌幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

城 昌幸(じょう まさゆき、1904年6月10日 - 1976年11月27日)は、日本の小説家推理作家詩人編集者

人物[編集]

本名は稲並昌幸東京市神田生まれ。京華中学校4年次退学。城左門名義で詩作している。江戸川乱歩は、城を「彼は人生の怪奇を宝石のやうに拾ひ歩く詩人である」と評している。『若さま侍』シリーズで有名。またショートショートの先駆者と称される。

城昌幸記念文庫[編集]

1977年(昭和52年)に東京都大田区の区立馬込図書館に旧蔵書4,750冊が寄贈され、翌1978年5月に「城昌幸記念文庫」が開設され、公開された[1]。長く図書館入り口向かって左手のスペースに、大田区関係の公文書、郷土史コーナーと並んで開架公開されていたが、資料劣化のため、2005年(平成17年)より原則閉架での公開とされ、地下書庫に保管されている[1]

馬込は後世馬込文士村と呼ばれるほど、著名な作家や詩人が多く住み、城もその住人の一人だった。馬込図書館には、文士村に因んで、馬込に住んでいた文士の著作を集め公開している。

経歴[編集]

  • 1924年 同人誌『東邦藝術』(後に『奢灞都』に改題)を発行。
  • 1938年 若さま侍シリーズの第1作「舞扇三十一文字」を週刊朝日増刊に発表する。
  • 1946年 探偵小説専門雑誌『宝石』を創刊。
  • 1947年 詩学社を設立し、現代詩専門雑誌「詩学」を創刊。
  • 1949年 野村胡堂らと捕物作家クラブを結成し、副会長に就任。
  • 1976年 11月27日胃癌で死去。

著作[編集]

探偵小説[編集]

長編[編集]

  • 『金紅樹の秘密』
  • 『死者の殺人』

短編[編集]

  • 『婦人警官捕物帖』 - 短編集
  • 『みすてりい』 - 短編集
    • 「艶隠者」
    • 「その夜」
    • 「古い長持」
    • 「根の無い話」
    • 「波の音」
    • 「猟銃」
    • 「その家」
    • 「道化役」
    • 「スタイリスト」
    • 「幻想唐艸」
    • 「絶壁」
    • 「花結び」
    • 「猟奇商人」
    • 「白い糸杉」
    • 「殺人婬楽」
    • 「その暴風雨」
    • 「怪奇製造人」
    • 「都会の神秘」
    • 「夜の街」
    • 「死人の手紙」
    • 「模型」
    • 「老衰」
    • 「人花」
    • 「不思議」
    • 「ヂャマイカ氏の実験」
    • 「不可知論」
    • 「中有の世界」
  • 「大いなる者の戯れ」
  • 「面白い話」
  • 「怪奇の創造」
  • 「影の路」
  • 「神ぞ知食す」
  • 「間接殺人」
  • 「鑑定料」
  • 「吸血鬼」
  • 「切札」
  • 「月光」
  • 「恋の眼」
  • 「コント 香水事件」
  • 「此の二人」
  • 「三行広告」
  • 「自殺倶楽部」
  • 「七人目の異邦人」
  • 「実在」
  • 「死人に口なし」
  • 「シヤンプオオル氏事件の顛末」
  • 「宿命」
  • 「晶杯」
  • 「燭涙」
  • 「絶筆」
  • 「想像」
  • 「大佐の家」
  • 「宝物」
  • 「脱走人に絡る話」
  • 「罪せられざる罪」
  • 「桃源」
  • 「東方見聞」
  • 「七夜譚」
  • 「薄暮」
  • 「ハムレット」
  • 「秘密を売られる人々」
  • 「二人の写真」
  • 「復活の霊液」
  • 「分身」
  • 「宝石」
  • 「宝石匣」
  • 「ママゴト」
  • 「操仕立因果仇討」
  • 「見知らぬ人」
  • 「妄想の囚虜」
  • 「もう一つの裏路」
  • 「憂愁の人」
  • 「夢見る」
  • 「良心」

若さま侍捕物手帖[編集]

長編[編集]

  • 『おえん殿始末』
  • 『影姫道中』
  • 『くれない系図』
  • 『虚無僧変化』
  • 『天を行く女』
  • 『百鬼夜行』

短編[編集]

  • 「雨夜の尋ね人」
  • 「生霊心中」
  • 「十六剣通し」
  • 「浮世やみ夜」
  • 「艶福寺ばなし」
  • 「お色屋敷」
  • 「乙女の瞳」
  • 「女心の一念」
  • 「おんな白浪」
  • 「かいやぐら」
  • 「かすみ八卦」
  • 「神かくし」
  • 「かんなぎ崩れ」
  • 「きつね女房」
  • 「鬼仏往生」
  • 「金梨子地空鞘判断」
  • 「首くくり指南」
  • 「暗闇まつり」
  • 「曲輪奇談」
  • 「袈裟女郎」
  • 「恋は曲者」
  • 「声でない声」
  • 「五月雨殺し」
  • 「猿まわし」
  • 「しぐれの伝八」
  • 「地獄変相図」
  • 「尺八巷談」
  • 「尻取り経文」
  • 「心中歌さばき」
  • 「千両河童」
  • 「双色渦巻」
  • 「玉の肌地獄」
  • 「だんまり闇」
  • 「天守閣の狸」
  • 「南蛮秘夢」
  • 「濡れごと幽霊」
  • 「春信えがく」
  • 「秘剣一文字くずし」
  • 「人化け狸」
  • 「二人こうすけ」
  • 「ぶらぶら鳥居」
  • 「振袖猫」
  • 「紅鶴屋敷」
  • 「べらんめえ活人剣」
  • 「変化恋」
  • 「牡丹に唐獅子」
  • 「舞扇三十一文字」
  • 「埋蔵金お雪物語」
  • 「まぼろし力弥」
  • 「まんじ笠」
  • 「卍むらさき」
  • 「めくら駕籠」
  • 「もののけ娘」
  • 「幽霊駕籠」
  • 「霊亀香人形供養」

その他の時代小説[編集]

長編[編集]

  • 『一剣立春 桜田門外ノ変遺聞』
  • 『江戸っ子武士道 海舟と南洲』
  • 『隼浪人颯爽』

短編[編集]

  • 『新十郎捕物帳』シリーズ
    • 丑の刻參り
  • 『なりひら藤吉捕物帳』シリーズ
  • 『黒門町伝七捕物帖』シリーズ
    • 「殺し場雪明かり」 - アンソロジー『黒門町伝七捕物百話』中の一話
  • 『居候剣法』シリーズ
    • 「べらんめえ十万石」
  • 江戸前むすめ

随筆[編集]

  • 『えぴきゅりあん』

城左門名義の著作[編集]

詩集[編集]

  • 『近世無頼』
  • 『槿花戯書』
  • 『二なき生命』
  • 『終の栖』
  • 『秋風秘抄』
  • 『月光菩薩』
  • 『日日の願ひ』
  • 『秋風への回想』
  • 『恩寵』
  • 『城左門全詩集』

俳句集[編集]

  • 『半夜記』

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 城昌幸記念文庫”. 大田区立図書館. 2016年10月5日閲覧。

関連項目[編集]