関川周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関川 周
ペンネーム 石上 当
誕生 関川 周作
1912年11月25日
新潟県中蒲原郡
死没 (1987-02-09) 1987年2月9日(74歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1940年 - 1987年
代表作 『聖保羅福音使学院』
『繭の町』
主な受賞歴 宝石賞選外佳作(1948年)
吉川英治賞佳作(1964年)
デビュー作 『晩年の抒情』(1940年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

関川 周(せきかわ しゅう、1912年11月25日 - 1987年2月9日)は、新潟県生まれの小説家。

来歴[編集]

新潟県中蒲原郡生まれ。本名・周作、別名・石上当。明治大学中退。1940年「晩年の抒情」で『サンデー毎日』大衆文芸に入選、42年「怒涛の歌」、「安南人の眼」で入選。41年「聖保羅福音使学院」で直木賞候補、48年「ネペンテス恐怖事件」で宝石賞選外佳作、64年「繭の町」(石上当名義)で吉川英治賞佳作。

1987年、74歳で死去。

著書[編集]

映画化[編集]

参考[編集]

  • 『日本近代文学大事典』講談社、1984 
  • 直木賞のすべて:[1]
  • 日本映画データベース:[2]