宝石賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝石賞(ほうせきしょう)は、岩谷書店のちの宝石社が主催していた推理小説評論を対象とした公募新人文学賞

  • 宝石短篇賞:1946年開始、1964年終了、全17回
  • 宝石中篇賞:1962年開始、1964年終了、全3回
  • 宝石評論賞:1960年開始、1963年終了、全3回

宝石短篇賞[編集]

  • 第1回から第3回までは、『宝石』探偵小説募集として、募集された。
  • 第4回は、『宝石』百万円懸賞コンクールとして、規定枚数によって分かれたA・B・Cの三部門で募集された。
  • 第5回は、『宝石』二十万円懸賞短篇コンクールとして、募集された。この回から受賞作を含めた候補25作が『別冊宝石』または『宝石』に掲載されるようになった。
  • 第6回は、『宝石』二十万円懸賞として、募集された。
  • 第7回から第12回までは、『宝石』短篇探偵小説懸賞として、募集された。
  • 第13回から第15回までは、宝石賞として、募集された。
  • 第16回から第17回までは、宝石短篇賞として、募集された。

選考委員[編集]

受賞作[編集]

回(年) 応募数 受賞作 受賞者 掲載
第1回(1946年) 不明 【当選】「犯罪の場」 飛鳥高 『宝石』1947年1月号
【当選】「鸚鵡裁判」 鬼怒川浩 『宝石』1947年4月号
【当選】「網膜物語」 独多甚九 『宝石』1947年2・3月合併号
【当選】「オラン・ペンデクの復讐」 香山滋 『宝石』1947年4月号
【当選】「達磨峠の事件」 山田風太郎 『宝石』1947年1月号
【当選】「砥石」 岩田賛 『宝石』1947年4月号
【当選】「殺人演出」 島田一男 『宝石』1947年2・3月合併号
第2回(1947年) 不明 入選作なし
第3回(1948年) 不明 入選作なし
【選外佳作】「ネペンテス恐怖事件」 女々良修 『別冊宝石』4号
【選外佳作】「感傷誤解事件」 宇留木圭 『別冊宝石』4号
【選外佳作】「妖鬼の咒言」 岡田鯱彦 『別冊宝石』4号
【選外佳作】「雨の挿話」 蟻浪五郎 『別冊宝石』4号
【選外佳作】「紅鱒館の惨劇」 岡村雄輔 『別冊宝石』4号
【選外佳作】「カロリン海盆」 香住春作 『別冊宝石』4号
第4回(1949年) A 54編
B 150編
C 約500編
【A 一等】「ペトロフ事件 中川透 『別冊宝石』8号
【A 二等】「渦潮」 遠藤桂子 『別冊宝石』9号
【A 三等】「硝子の家」 島久平 『別冊宝石』8号
【B 一等】「山荘殺人事件」 角田実 『別冊宝石』7号
【B 二等】「勝部良平のメモ」 丘美丈二郎 『別冊宝石』7号
【B 二等】「市議殺人事件」 高林清治 『別冊宝石』7号
【B 三等】「非情線の女」 坪田宏 『別冊宝石』7号
【B 三等】「海底の墓場」 埴輪史郎 『別冊宝石』7号
【B 三等】「冗談について」 錫薊二 『別冊宝石』7号
【C 一等】「「罪ふかき死」の構図」 土屋隆夫 『別冊宝石』6号
【C 二等】「かむなぎうた」 日影丈吉 『別冊宝石』6号
【C 二等】「黄色の輪」 川島郁夫 『別冊宝石』6号
【C 三等】「三つの樽」 宮原龍雄 『別冊宝石』6号
【C 三等】「翡翠荘綺談」 丘美丈二郎 『別冊宝石』6号
【C 三等】「自殺殺人事件」 須田刀太郎 『別冊宝石』6号
第5回(1951年) 約500編 一等・二等・三等入選作なし
【優秀作】「木箱」 愛川純太郎 『別冊宝石』14号
【優秀作】「太神楽異妖」 池田紫星 『別冊宝石』14号
【優秀作】「瘴気」 緒方心太郎 『別冊宝石』14号
【優秀作】「落石」 狩久 『別冊宝石』14号
【優秀作】「新納の棺」 宮原龍雄 『別冊宝石』14号
【佳作】「井桁模様殺人事件」 黒津富二 『別冊宝石』14号
【佳作】「仮面」 山沢晴雄 『別冊宝石』14号
【佳作】「氷塊」 由良啓一 『別冊宝石』14号
【選外佳作】「佐門谷」 丘美丈二郎 『別冊宝石』14号
【選外佳作】「断層」 川島郁夫 『別冊宝石』14号
【選外佳作】「奇妙な招待状」 土屋隆夫 『別冊宝石』14号
【選外佳作】「墓」 楢木重太郎 『別冊宝石』14号
【選外佳作】「売れる原稿を書く秘訣」 萬朶麗 『別冊宝石』14号
【選外佳作】「黒髪はなぜ編まれる」 夢座海二 『別冊宝石』14号
【選外佳作】「背信」 南達夫 『別冊宝石』14号
第6回(1952年) 約300編 【第一席】「私は誰でしょう」 足柄左右太 『別冊宝石』24号
【第一席】「耳」 袂春信 『別冊宝石』24号
【第一席】「銀智慧の輪」 山沢晴雄 『別冊宝石』24号
【第二席】「白い路」 梶龍雄 『別冊宝石』24号
【第二席】「青の斑点」 梶田八郎 『別冊宝石』24号
【第二席】「消えた男」 鳥井及策 『別冊宝石』24号
【佳作】「天の斧」 藤山貴一郎 『別冊宝石』24号
【佳作】「激流」 川下米一 『別冊宝石』24号
【佳作】「砒素の谷」 衆理一 『別冊宝石』24号
【佳作】「夏の光」 南達夫 『別冊宝石』24号
第7回(1953年) 約300編 【第一席】該当作なし
【第二席】「アルルの秋」 鈴木秀郎 『別冊宝石』33号
【第二席】「何故に穴は掘られるか」 井上銕 『別冊宝石』33号
【佳作】「真剣な戯れ」 山上笙介 『別冊宝石』33号
【佳作】「みかん山」 白家太郎 『別冊宝石』33号
【佳作】「死の黙劇」 山沢晴雄 『別冊宝石』33号
第8回(1954年) 約300編 【第一位】「X橋付近」 高城高 『宝石』1955年増刊号
【第二位】「足音」 深尾登美子 『宝石』1955年増刊号
【佳作】「N駅着信越線九時三十分」 坂井薫 『宝石』1955年増刊号
【佳作】「曲った部屋」 座間美郎 『宝石』1955年増刊号
【佳作】「白いドレス」 折口達也 『宝石』1955年増刊号
【佳作】「お金捜し」 平井昌三 『宝石』1955年増刊号
【佳作】「その夜の有利子」 灰沼樵 『宝石』1955年増刊号
第9回(1955年) 約200編 【第一位】「深淵の底」 土英雄 『宝石』1956年増刊号
【第二位】「落ちる」 白家太郎 『宝石』1956年増刊号
【上位佳作】「黄いろい道しるべ」 白家太郎 『宝石』1956年増刊号
【上位佳作】「魔女の足あと」 大島薫 『宝石』1956年増刊号
【上位佳作】「月の光」 利根安理 『宝石』1956年増刊号
【佳作】「灯り」 藤井政彦 『宝石』1956年増刊号
【佳作】「検体X」 坂西明 『宝石』1956年増刊号
【佳作】「消えた街」 川野京輔 『宝石』1956年増刊号
【佳作】「誰が私を殺したか」 室生吾郎 『宝石』1956年増刊号
第10回(1956年) 約200編 【第一位】「悪魔のような女」 椰子力 『宝石』62号
【第二位】「旅の男」 安永一郎 『宝石』62号
【第二位】「新進作家殺人事件」 守門賢太郎 『宝石』62号
【佳作】「自動車殺人事件」 仏三吉 『宝石』62号
【佳作】「われら集いて死者を悼む」 膳哲之助 『宝石』62号
【佳作】「呪いの夜」 智山宏史 『宝石』62号
【佳作】「わたしも言えない」 長房夫 『宝石』62号
【佳作】「不幸な姉弟」 坂井薫 『宝石』62号
第11回(1957年) 不明 【第一席】「風の便り」 竹村直伸 『宝石』74号
【第二席】「兄と妹の話」 山本稲夫 『宝石』74号
【第二席】「五人のマリア」 菱形伝次 『宝石』74号
【佳作】「未完の遺書」 茂利樹夫 『宝石』74号
【佳作】「サルドニクスの笑」 鷹野宏 『宝石』74号
【佳作】「予告された死」 鈴木五郎 『宝石』74号
第12回(1959年) 不明 【第一席】「灰色の思い出」 山村直樹 『宝石』1958年臨時増刊号
【第二席】「復讐墓参」 安永一郎 1958年臨時増刊号
【佳作】「深草少将の死」 西川斗志也 1958年臨時増刊号
【佳作】「余儀ない罪」 濠黄八 1958年臨時増刊号
【佳作】「闇の中の伝言」 笹沢佐保 1958年臨時増刊号
【佳作】「東海村殺人事件」 黒木曜之助 1958年臨時増刊号
【佳作】「千三つ」 鷹野宏 1958年臨時増刊号
第13回(1960年) 不明 【一席】「女と子供」 藤木靖子 『宝石』1960年4月号
【二席】「カックー・カックー」 吉田千秋 『宝石』1960年臨時増刊号
【佳作】「初釜」 藤井礼子 『宝石』1960年臨時増刊号
【佳作】「紙屑は屑籠に」 猪股聖吾 『宝石』1960年臨時増刊号
【佳作】「奇術師」 土岐到 『宝石』1960年臨時増刊号
【佳作】「意志の声」 縄田厚 『宝石』1960年臨時増刊号
第14回(1961年) 不明 【一席】「屍衛兵」 蒼社廉三 『宝石』1961年5月号
【一席】「蟻塚」 川辺豊三 『宝石』1961年5月号
【佳作】「抒情の殺人」 福田鮭二 『宝石』1961年臨時増刊号
【佳作】「くかだち」 神鳥統夫 『宝石』1961年臨時増刊号
【佳作】「報酬は一割」 荘野忠雄 『宝石』1961年臨時増刊号
【佳作】「錬金術」 会津史郎 『宝石』1961年臨時増刊号
第15回(1962年) 不明 【一席】「死にゆくものへの釘」 田中万三記 『宝石』1962年4月号
【一席】「進化論の問題」 新羽精之 『宝石』1962年4月号
【佳作】「或る情事の果て」 後藤幸次郎 『宝石』1962年1月臨時増刊号
【佳作】「親友記」 天藤真 『宝石』1962年1月臨時増刊号
【佳作】「死後経過約二時間」 来栖阿佐子 『宝石』1962年1月臨時増刊号
第16回(1963年) 不明 【一席】「鷹と鳶」 天藤真 『宝石』1963年4月号
【一席】「或る老後」 千葉淳平 『宝石』1963年4月号
【佳作】「土壇場」 奥野光信 『宝石』1963年1月臨時増刊号
【佳作】「つるばあ」 石沢英太郎 『宝石』1963年1月臨時増刊号
第17回(1964年) 371編 【一席】「笞刑」 冬木喬 『宝石』1964年1月臨時増刊号
【一席】「枕頭の青春」 大貫進 『宝石』1964年1月臨時増刊号
【次席】「仲の良い兄弟」 桂真佐喜 『宝石』1964年1月臨時増刊号

主な落選作[編集]

宝石中篇賞[編集]

選考委員[編集]

受賞作[編集]

回(年) 応募数 受賞作 受賞者 掲載
第1回(1962年) 不明 【入選】「交叉する線」 草野唯雄 『宝石』1962年6月臨時増刊号
第2回(1963年) 不明 【入選】「機密」 斎藤栄 『宝石』1963年7月臨時増刊号
【佳作一席】「戦国主従」 鈴木五郎 『宝石』1963年7月臨時増刊号
【佳作二席】「翠水館説話」 早奈也人 『宝石』1963年7月臨時増刊号
第3回(1964年) 『宝石』休刊により中止

主な落選作[編集]

宝石評論賞[編集]

選考委員[編集]

受賞作[編集]

回(年) 応募数 受賞作 受賞者 掲載
第1回(1960年) 不明 入選作なし
【選外佳作】「感傷の効用 レイモンド・チャンドラー論」 権田万治 『宝石』1960年8月号
【選外佳作】「ポアロの微笑 A・クリスティについて」 佐藤東洋麿 『宝石』1960年6月号
第2回(1962年) 入選作なし
第3回(1963年) 発表なし