冬島泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふゆしま たいぞう
冬島 泰三
本名 前出 小四郎
別名義 前出 胡四朗
生年月日 (1901-06-02) 1901年6月2日
没年月日 (1981-12-24) 1981年12月24日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
死没地 日本の旗 日本
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画サイレント映画
活動期間 1924年 - 1970年
活動内容 1924年 東亜キネマ甲陽撮影所
1926年 脚本家デビュー
1926年 東亜キネマ等持院撮影所
1927年 衣笠映画聯盟に参加
1927年 阪東妻三郎プロダクション
1928年 監督デビュー
1928年 松竹下加茂撮影所
1931年 月形プロダクション
1932年 尾上菊太郎プロダクション
1933年 松竹下加茂撮影所
1949年 新演伎座
1951年 大映京都撮影所
1953年 新東宝
1956年 日活
1960年 東映テレビ・プロダクション

冬島 泰三(ふゆしま たいぞう、1901年(明治34年)6月2日 - 1981年(昭和56年)12月24日[1])は、日本の映画監督脚本家である。本名は前出 小四郎(まえで こしろう)[1]、脚本家デビュー時の筆名は前出 胡四朗(読み同)[1]

人物・来歴[編集]

1901年(明治34年)6月2日京都府京都市の酒造業の家に「前出小四郎」として生まれる[1]

旧制・大阪高等工業学校(現在の大阪大学工学部)機械科を中途退学して[1]京都大学機械科助手となる[1]1920年(大正9年)前後に阪神電気鉄道に入社[1]、同社の沿線の兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の同県西宮市鳴尾)に住んでいた佐藤紅緑に師事した[1]。当時の佐藤の書生にのちの映画プロデューサー竹井諒がいた[1]

1924年(大正13年)、佐藤が東亜キネマ甲陽撮影所に招かれて脚本部長に就任する[1]と、冬島も入社し、同部に配属された[1]。「前出胡四郎」の名で執筆した脚本が採用されて細山喜代松が監督し、1926年(大正15年)、脚本家としてデビューする[2]。同年、京都の等持院撮影所に異動になり、石田民三広瀬五郎に脚本を書いた[2]。東亜キネマでは10本のオリジナルを含む13本の脚本が1927年(昭和2年)までに映画となった[2]

同年、衣笠貞之助が主宰する衣笠映画聯盟に参加し[1]、「冬島泰三」をはじめて名乗る。4本のオリジナルを含む8本の脚本が採用され、いずれも衣笠が監督した[3]。『鬼あざみ』はフレッド・ニブロ作品を翻案したもので、ニブロが原作にクレジットされている[3]。同年中に阪東妻三郎が主宰する阪東妻三郎プロダクションに参加、安田憲邦が監督した市川松之助主演作『降魔』をオリジナルに書き下ろし、翌1928年(昭和3年)には、助監督を経験せずに[1]、自らが書き下ろしたオリジナル脚本をもとに、梅若礼三郎主演作『任侠五十三次』で監督としてデビューした[3]

衣笠作品も阪妻プロ作品も松竹キネマ(現在の松竹)が配給していたことから、同年のうちに松竹下加茂撮影所に移籍した。同撮影所入社第1作はオリジナル脚本による阪東寿之助主演作品『夜の裏町』であった[3]。次作は林長二郎(のちの長谷川一夫)主演作『鳥辺山心中』で、以降、長二郎主演作を連打した[1]。1930年(昭和5年)には、同年のヒット作『何が彼女をさうさせたか』に代表される「傾向映画」、『赭土』をオリジナル脚本で監督した[1]。翌1931年(昭和6年)、二度目の独立を果たした月形龍之介月形プロダクションの第1作、直木三十五原作のトーキー作品『舶来文明街』を監督した。冬島の初のトーキーであった[3]

歌ごよみ お夏清十郎』(1954年)

1932年(昭和7年)には、尾上菊太郎の主宰する尾上菊太郎プロダクションに移籍、大衆文芸映画社との提携によるサイレント映画流転の雁』を監督した[3]。同プロダクションでは7本を監督し、いずれも新興キネマが配給した[3]。1933年(昭和8年)、松竹下加茂に戻った。1941年(昭和16年)公開の『元禄女』で監督作は途絶える。翌1942年(昭和17年)2月、第二次世界大戦開戦による戦時統合で新興キネマ、大都映画、日活の製作部門が合併して大日本映画製作(のちの大映)が設立されたが、冬島は、同社の大映京都第二撮影所(現在の東映京都撮影所)で森一生が監督した『大阪町人』の脚本を書いた[3]

銭形平次』(1951年)

戦後第1作は、1949年(昭和24年)、新演伎座が製作した長谷川一夫主演作『足を洗った男』であった[3]。新演伎座で合計5本を監督し、1950年(昭和25年)末に伊藤プロダクション製作、新東宝配給の『女左膳 鍔鳴無刀流の巻』を監督し[3]、1951年(昭和26年)からは大映京都撮影所で時代劇を撮る。松竹京都撮影所宝塚映画での時代劇を手がけつつ、1954年(昭和29年)に新芸プロダクションで撮った美空ひばり市川雷蔵主演作『歌ごよみ お夏清十郎』を機に、新東宝で1955年(昭和30年)に6作を監督した[3]。1956年(昭和31年)からの2年間は日活で監督作を手がけた[3]。1958年(昭和33年)、テレビ映画に進出、日本テレビの「ヤシカゴールデン劇場」の『冬の晨』を監督した。1960年(昭和35年)には東映テレビ・プロダクションで「第二東映」配給作品を手がけた[3]。以降、映画の監督作はない。1960年代はテレビ映画の脚本に専念した[1]

1981年(昭和56年)12月24日に死去した[1]。満80歳没。

エピソード[編集]

無声映画時代に、ラブシーンの字幕で一苦労あった。現代劇なら「愛しています」で事は済むが、時代劇ではこのような言葉は使えない。「惚れました」では俗っぽく、「好きよ」では軽々しいと、冬島が七転八倒して考え出したのが、「お慕い申し上げておりました」というセリフの字幕だった。これは冬島が苦心して生み出した名ゼリフだったのである。

稲垣浩は、「慕う、ということばの発見は、作者自身のよろこびでもあっただろうが、その字幕を見た私たちの驚きでもあった」という。以後このセリフを真似たものが沢山あったのは事実である、として稲垣は、「それほどこの『お慕い申し上げておりました』は大発見であったのである」と語っている[4]

主なフィルモグラフィ[編集]

前出胡四郎[編集]

脚本

冬島泰三[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 冬島泰三raizofan.net, 2009年10月15日閲覧。
  2. ^ a b c #外部リンク欄、「前出胡四郎」の項リンク先、日本映画データベース、2009年10月15日閲覧。二重リンクを省く。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m #外部リンク欄、「冬島泰三」の項リンク先、日本映画データベース、2009年10月15日閲覧。二重リンクを省く。
  4. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社)

外部リンク[編集]