市川松之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いちかわ まつのすけ
市川 松之助
本名 榊原 信二郎 (さかきばら しんじろう)
別名義 市川 右三郎 (いちかわ うさぶろう)
永井 寛二郎 (ながい かんじろう)
生年月日 (1907-01-03) 1907年1月3日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
身長 157.6cm
職業 俳優
ジャンル 演劇劇映画時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1912年 - 1937年
配偶者 宮川敏子
主な作品
天王寺の腹切り
降魔
黒白流転
神変野狐騒動

市川 松之助(いちかわ まつのすけ、1907年1月3日 - 1940年代[1])は、日本の俳優である[2][3][4][5][6]。本名は榊原 信二郎(さかきばら しんじろう)[2][3][4][5]だが、柳原 信二郎(やなぎはら - )の説もある[6]。旧芸名は市川 右三郎(いちかわ うさぶろう)[2][3][4][5][6]永井 寛二郎(ながい かんじろう)[2][3][4][5]永井 寛次郎と表記に揺れがある。青年劇を経て松竹蒲田撮影所の主演スターとして売り出し、同社の時代劇部廃止後も、阪東妻三郎プロダクション全勝キネマなどで活躍したが、戦死した[2][4][6]

来歴・人物[編集]

1907年(昭和40年)1月3日東京府東京市に生まれる[2][3][5][6]。1994年(平成6年)8月25日に発行された『映画俳優事典 戦前日本篇』(未来社)では、生年月日は上記通りだが、生地は「大阪」(大阪府大阪市)である旨が記されている[4]

1912年(明治45年/大正元年)、満5歳の時に市川右三郎という芸名で初舞台を踏む[2][3][4][5][6]。以後、満19歳になる1926年(大正15年)3月まで舞台経験を積んだ[3][6]。1926年(大正15年/昭和元年)12月、帝国キネマの映画監督だった中川紫郎(1892年 - 1958年)と共に松竹蒲田撮影所時代劇部に入社[2][3][4][5][6]。芸名も市川松之助と改名し、翌1927年(昭和2年)1月15日に公開された中川紫郎監督映画『天王寺の腹切り』や同年2月5日公開の『鼠小僧』など立て続けに主演を務め、松之助と中川紫郎、同年に中川が退社した後は吉野二郎(1881年 - 1964年)とのコンビで不振の蒲田時代劇の挽回を図った[2][3][4][5][6]

しかし、同じ年に松竹下加茂撮影所に入社した林長二郎(後の長谷川一夫、1908年 - 1984年)の凄まじい人気に圧倒され、同年11月、松竹蒲田撮影所は時代劇の製作打ち切り、時代劇部廃止を宣言する[2][3][5]。それに伴い、松之助は松竹の傘下である阪東妻三郎プロダクションへ移籍[2][3][4][5][6]。同年12月8日に公開された安田憲邦監督映画『降魔』など主に阪妻プロの第二部作品で主演を務めるが、松之助は既に封切り前の同年12月1日に応召されていた[3][5]。翌1928年2月に除隊後も阪妻プロで活動を続けるが、同年6月28日、阪妻プロの制度改正(改革縮小)により間も無く退社する[3][6]

その後は関東地方での実演、河合映画製作社を経て1929年(昭和4年)2月、永井寛二郎と改名して日活太秦撮影所時代劇部に入社[2][3][4][5][6]。同年7月26日に公開された由川正和監督映画『白井権八』など、以後も多数の作品に主演を務めるが、翌々1931年(昭和6年)4月1日に公開された清瀬英次郎監督映画『英雄時代』など、当時同社の若衆役者として活躍していた澤田清(1906年 - 1975年)の主演映画を中心に助演、次第に脇役に回る事も多くなった[2][3][4][5][6]。1929年(昭和4年)に発行された『日本映画俳優名鑑』(映画世界社)によれば、京都府葛野郡太秦村井戸ヶ尻25番地(現在の同府右京区太秦井戸ヶ尻町)に住み、身長は5尺2寸(約157.6センチメートル)、体重は13貫(約48.8キログラム)、趣味は読書運動であり、ココア紅茶が嗜好である旨が記されている[3]

その後は再び実演に戻り、その傍で片岡千恵蔵プロダクション太秦発声映画製作の作品にもフリー出演していたが、1936年(昭和11年)、芸名を再び市川松之助に戻して全勝キネマに入社[2][4][5][6]。同年に公開された山口哲平山田兼則監督映画『紫頭巾』など多数の作品に再び主演を務め、松本栄三郎實川童杉山昌三九大河内龍等と共に活躍した[2][4][5][6]

1937年(昭和12年)に公開された熊谷草弥監督映画『幕末女間諜』が記録に残る最後の出演作品である[2][4]。また翌1938年(昭和13年)には、同じく全勝キネマに所属していた宮川敏子(本名大島喜枝、1915年 - 没年不詳)と結婚している[4][6]。以後の消息は不明とされていた[2][3][5]が、2014年(平成26年)7月22日に発行された『映画論叢 36』(国書刊行会)及び同年11月15日に発行された『映画論叢 37』(同社)によれば、この後、再び召集を受けて出兵し、正確な没年月日は不明だが、戦死したと伝えられている[1][6]。また同書によれば、松之助の戦死は事実だが、1939年(昭和14年)12月に凱旋したという説もあり、凱旋してまた応召されたのか、凱旋そのものが誤報であるのか、詳細は不明であるという旨が記されている[1][6]没年不詳

出演作品[編集]

松竹蒲田撮影所[編集]

全て製作は「松竹蒲田撮影所」、配給は「松竹」、全てサイレント映画、全て「市川松之助」名義である。

阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所[編集]

全て製作は「阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所」、配給は「松竹」、全てサイレント映画、「市川松之助」名義である。

日活太秦撮影所[編集]

特筆以外、全て製作は「日活太秦撮影所」、配給は「日活」、特筆以外は全てサイレント映画、全て「永井寛二郎」名義である。

全勝キネマ[編集]

全て製作・配給は「全勝キネマ」、特筆以外は全てサイレント映画、全て「市川松之助」名義である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『映画論叢 37』 国書刊行会、2014年、37頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、56-57頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』 映画世界社、1929年、84頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『映画俳優事典 戦前日本篇』 未来社、1994年
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本映画美男俳優 戦前編』 ワイズ出版、2014年、256頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『映画論叢 36』 国書刊行会、2014年、104-105頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]