新・平家物語 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新・平家物語
Shin heike monogatari poster.jpg
公開当時のポスター
監督 溝口健二
脚本 依田義賢
成沢昌茂
辻久一
製作 永田雅一
出演者 市川雷蔵
久我美子
木暮実千代
音楽 早坂文雄
撮影 宮川一夫
編集 菅沼完二
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1955年9月21日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億7303万円[1]
次作 新・平家物語 義仲をめぐる三人の女
テンプレートを表示

新・平家物語』(しんへいけものがたり)は、1955年(昭和30年)9月21日公開の日本映画である。大映製作・配給。監督は溝口健二、主演は市川雷蔵カラースタンダード、108分。昭和30年度芸術祭参加作品。

吉川英治同名歴史小説を、3部作で映画化した大河シリーズの第1作で、平安時代末期に貴族との激しい抗争の中で台頭してきた武士階級の御曹司平清盛が、自らの出生の秘密に悩みながら成長していく姿を描く。スタッフには撮影の宮川一夫、美術の水谷浩、色彩監修の和田三造など、数々の映画賞に輝いたベテランが顔を揃えた[2]。本作は溝口監督の初カラー作品であり、長回しのカメラワークヌーヴェルヴァーグの映画人に高く評価された。配収は1億7303万円で、この年の邦画配収ランキング第4位となった。翌1956年(昭和31年)1月に続編の『新・平家物語 義仲をめぐる三人の女』(監督:衣笠貞之助)、同年11月には3作目の『新・平家物語 静と義経』(監督:島耕二)が公開された。

2006年(平成18年)12月22日溝口健二監督没後50年を記念して、角川エンタテインメントから発売されたDVD-BOXに収録された。2009年(平成21年)11月27日には市川雷蔵没後40年を記念して角川エンタテインメントからデジタル修復版のDVDが発売された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

伊勢平氏棟梁平忠盛嫡子
貧乏貴族の娘。清盛の正室継室)になる。
時子の同母弟。
清盛の母。元・祇園白拍子白河上皇の寵愛を受けていたことを鼻にかけている。
清盛の父。泰子が妊娠していることを知った白河上皇により泰子と結婚させられた。
五条の商人で、通称は朱鼻の伴朴。清盛に実父が白河上皇であると告げる。
忠盛の家臣。白河上皇以外に泰子に男がいたことを清盛に教える。
関白忠通の弟。武士階級を露骨に蔑んでいる。
白拍子時代の泰子のもとをしばしば訪れており、清盛の実父と見られている。
時子、時忠姉弟の父。清盛に忠盛の暗殺計画を洩らしたため藤原一門から追放された。
比叡山延暦寺
延暦寺の僧。
延暦寺の僧。
延暦寺の僧。
頼長の兄。気弱な性格で、弟頼長の影に隠れがちである。
家貞の子。時忠とともに比叡山の荒法師と諍いを起こす。
白河上皇の孫。忠盛・清盛親子に目をかける。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.120
  2. ^ 新・平家物語角川映画、2015年4月18日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]