小糸のぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小糸 のぶ(こいと のぶ、1905年9月24日 - 1995年12月13日)は、日本の小説家

静岡県富士郡吉原町(旧・吉原市)(現・富士市)生まれ[1]静岡女子師範学校[1]。小学校教員を経て、1941年内閣情報局の国民映画脚本募集に「母子草」が一席入選し、映画化される[2]田坂具隆監督)。戦後1949年「おもかげ」で直木賞候補。恋愛通俗小説を書いた。

著書[編集]

  • 初夜ふたたび 博文閣 1949 のち春陽文庫 
  • 花咲く丘 桃園書房 1953 
  • 私は泣かない 文芸図書出版社 1953
  • 処女雪 文芸図書出版社 1953 のち春陽文庫 
  • 女性の声 文芸図書出版社 1953
  • 母を呼ぶ歌 偕成社 1954 
  • 君に誓いし 凡人社 1954 のち春陽文庫 
  • 人知れずこそ 東京文芸社 1954 のち春陽文庫
  • 母の願い 文芸図書出版社 1954
  • 新妻暦 人妻の性典 東京文芸社 1954 のち春陽文庫 
  • 春の渦巻 東京文芸社 1954 のち春陽文庫 
  • 若い樹 平凡出版 1955 (平凡映画小説シリーズ) のち春陽文庫 
  • 花いつの日に 偕成社 1955
  • 虹よ遥かに 東方社 1956 のち春陽文庫 
  • ここに幸あり 偕成社 1956
  • 花の真実 平凡出版 1956 (平凡映画小説シリーズ) のち春陽文庫 
  • 紅匂う 東方社 1957 のち春陽文庫 
  • 朱よりも赤く 大日本雄弁会講談社 1957 (ロマン・ブックス)「青空に夢を」春陽文庫
  • 純愛の砂 講談社 1958 (ロマンブックス)
  • 愛を誓いし君なれば 平凡出版 1959 のち春陽文庫 
  • 若い真珠 東方社 1960 のち春陽文庫 
  • 恋文裁判 東方社 1960
  • しあわせはどこに 1961 (春陽文庫)
  • 明日ひらく薔薇 東方社 1961 のち春陽文庫
  • 娘はかく抗議する 1963 (春陽文庫)
  • 母子草 1964 (春陽文庫)
  • 花咲く乙女 1965 (春陽文庫)
  • 純愛の砂 1966 (春陽文庫)
  • あなたの悩みを退治する本 小糸のぶ人生相談 広論社 1982.4
  • わが歳月 エッセイ集 ふらんす堂 1994.12

脚注[編集]

  1. ^ a b 屋外展示(広見公園内) 富士山かぐや姫ミュージアム 2018年7月29日閲覧。
  2. ^ 小糸のぶ デジタル版 日本人名大辞典+Plus コトバンク 2018年7月29日閲覧。

参考[編集]

  • 日本人名大辞典