市川門之助 (7代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

七代目 市川 門之助(しちだいめ いちかわ もんのすけ、昭和3年(1928年9月7日 - 平成2年(1990年10月13日)は歌舞伎役者。屋号瀧乃屋定紋四ツ紅葉俳名に白魚がある。また舞踊家として花柳 蔦壽郎(はなやぎ ちょうじゅろう)も名乗った。本名は相馬 孝至(そうま たかし)。

来歴[編集]

東京市渋谷区宇田川町の生まれ。生後まもなく二代目市川松蔦の養子となる。

昭和10年 (1935) 4月に初代市川たか志を名乗り初舞台。昭和21年 (1946) 8月、三代目市川松蔦襲名。この頃は二代目市川猿之助一座で活躍。昭和38年 (1963) 2月に七代目市川門之助を襲名、以後は尾上菊五郎劇団に属した。

昭和52年 (1977) 日立新キドスカープのCMに出演、話題を呼ぶ。

長男に八代目市川門之助がいる。妻の弟(義理の弟)は二代目市川たか志(廃業)。

主な受賞[編集]

  • 菊五郎劇団賞
  • 松竹社長賞
  • イタリア・ボローニャ市文化功労賞