村山新治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
むらやま しんじ
村山新治
生年月日 (1922-07-10) 1922年7月10日(96歳)
出生地 長野県埴科郡屋代町(現・千曲市
職業 映画監督
著名な家族 村山英治(兄)

村山 新治(むらやま しんじ、1922年7月10日 - )は、日本映画監督。兄はドキュメンタリー監督の村山英治

来歴・人物[編集]

長野県埴科郡屋代町(現千曲市)生まれ。1941年長野工業学校卒業後、記録映画助監督を経て、1949年東映の前身である太泉映画入社。今井正らの助監督を務めた後、1956年に東映教育映画部の『わんぱく時代』で監督デビュー[1]1957年の『警視庁物語 上野発五時三十五分』で一般映画も監督するようになる [1]。その後も『警視庁物語』シリーズをはじめとしたセミ・ドキュメンタリー的な作品を多く手がけた。

1970年代以降は主にテレビドラマ演出に活躍の場を移し、『特捜最前線』や一連の東映不思議コメディーシリーズなどの監督を長年にわたって務めた。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本映画人名事典 監督編』「村山新治」の項目、キネマ旬報社、1997年

外部リンク[編集]