村山新治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村山 新治(むらやま しんじ、1922年7月10日 - )は、日本映画監督。兄はドキュメンタリー作家の村山英治。

来歴・人物[編集]

長野県埴科郡屋代町(現千曲市)生まれ。1941年長野工業学校卒業後、記録映画助監督を経て、1949年東映の前身である太泉映画入社。今井正らの助監督を務めた後、1956年に東映教育映画部の『わんぱく時代』で監督デビュー[1]1957年の『警視庁物語 上野発五時三十五分』で一般映画も監督するようになる [1]。その後も『警視庁物語』シリーズをはじめとしたセミ・ドキュメンタリー的な作品を多く手がけた。

1970年代以降は主にテレビドラマ演出に活躍の場を移し、『特捜最前線』や一連の東映不思議コメディーシリーズなどの監督を長年にわたって務めた。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

  • 『わんぱく時代』(1956年)
  • 警視庁物語 上野発五時三十五分』(1957年
  • 風の又三郎』(1957年)
  • 二宮尊徳の少年時代』(1957年)
  • 『ふるさとの唄 哀愁のりんご園』(1957年)
  • 『ふるさとの唄 お母さんの東京見物』(1957年)
  • 『警視庁物語 七人の追跡者』(1958年
  • 『警視庁物語 魔の伝言板』(1958年)
  • 『今は名もない男だが』(1958年)
  • 『警視庁物語 顔のない女』(1959年
  • 『特ダネ三十時間 第三の女』(1959年)
  • 『特ダネ三十時間 深夜の挑戦』(1959年)
  • 『警視庁物語 一〇八号車』(1959年)
  • 『警視庁物語 遺留品なし』(1959年)
  • 『七つの弾丸』(1959年)
  • 『消えた密航船』(1960年
  • 『白い粉の恐怖』(1960年)
  • 『二人だけの太陽』(1961年
  • 『故郷は緑なりき』(1961年)
  • 『警視庁物語 十二人の刑事』(1961年)
  • 『霧の港の赤い花』(1962年
  • 『純愛物語 草の実』(1962年)
  • 『東京アンタッチャブル』(1962年)
  • 無法松の一生』(1963年
  • 海軍』(1963年)
  • 『肉体の盛装』(1964年
  • 孤独の賭け』(1965年
  • 『いろ』(1965年)
  • 『おんな番外地 鎖の牝犬』(1965年)
  • 『夜の悪女』(1965年)
  • 『夜の牝犬』(1966年
  • 『遊侠三代』(1966年)
  • 『夜の青春シリーズ 赤い夜光虫』(1966年)
  • 『男度胸で勝負する』(1966年)
  • ボスは俺の拳銃で』(1966年)
  • 『柳ヶ瀬ブルース』(1967年
  • 旅路[要曖昧さ回避]』(1967年)
  • 『夜の手配師』(1968年
  • 『あゝ予科練』(1968年)
  • 『(秘)トルコ風呂』(1968年)
  • 『夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース』(1968年)
  • 『現代任侠道 兄弟分』(1970年
  • 『日本悪人伝』(1971年
  • 『尼寺博徒』(1971年)
  • 『日本悪人伝 地獄の道づれ』(1972年
  • 『実録飛車角 狼どもの仁義』(1974年
  • 『きみは風のように』(1984年

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本映画人名事典 監督編』「村山新治」の項目、キネマ旬報社、1997年

外部リンク[編集]